折立~薬師岳~黒部五郎岳~五郎小屋(富山県、日本百名山)

| コメント(0)

2016.09.01~06 折立~薬師岳~黒部五郎岳~五郎小屋~三俣蓮華岳~鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳~高瀬ダム、大縦走に原田ガイド、悦子ガイド、ビデオ撮影として松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

しかし、6日間の長期間なので最初に折立~薬師岳~黒部五郎岳~五郎小屋までを掲載します。

1日目 折立~太郎平小屋
・・・・・歩行距離6.1km、行動時間3.4時間、標高差計上972m・・・・
折立登山口。樹林帯の中を登山開始。
1-01P11307501-02P1130752
ベンチが設置されています。大分上に上がってきました。
1-03P11307551-04P1130756
木道歩きになりました。軽快に進むメンバー。
1-05P11307581-06P1130760
五光岩ベンチです。歩きやすい縦走路です。
1-07DSCF07371-08P1130763
目指す太郎平小屋が見えてきました。
1-09DSCF07391-10P1130764
今日の宿泊、太郎平小屋に到着。明日登る薬師岳がクッキリ。
1-11DSCF07421-12DSCF0743
太郎平小屋前から3日後に登る水晶岳方面。夕日がきれいに見えました。
1-13DSCF07461-14P1130768

2日目 太郎平小屋~薬師岳~太郎平小屋、往復
・・・・歩行距離7、4km行動時間7時間(山頂大休憩1h含む)標高差計±665m・・
晴天の中を出発。キャンプ場。
2-01DSCF07562-02DSCF0762
沢沿い?の登山道は荒れています。展望の良い場所に上がってきました。
2-03P11307752-04DSCF0763
槍ケ岳。明日登る黒部五郎岳・・・・今回この景色がず~とついて回る良い天気の中の山行でした。
2-05DSCF07642-06DSCF0765
薬師岳山荘が眼前です。槍ケ岳~キレット~奥穂高岳~ジャンダルムの景観
2-07P11307792-08DSCF0776
山頂を目指します。ケルンと慰霊碑。
2-09DSCF07772-10P1130785
薬師岳が近くなりました。日本百名山1座目・薬師岳2926m到着。
2-11P11307872-12P1130788
薬師岳登頂記念、天気が良くて、展望も良いので大休憩しました。下山です。2-13P11307932-14DSCF0798
薬師岳山荘経由して、太郎平小屋に帰ってきました。
2-15DSCF07992-16DSCF0807
山荘で一緒になった浦ガイドの教え子のメンバーと一緒に記念のパチリ。メンバーの5人は高天原に向かいました。
2-17DSCF0811

3日目 太郎平小屋~北俣岳~黒部五郎岳~黒部五郎小屋
・・・・・歩行距離10.8km、行動時間7.3時間、標高差計上734m、下713m・・・
薬師沢と道を別にします。最初に登った太郎山2372m。
3-01DSCF08153-02DSCF0820
黒部五郎岳を目指すメンバー。前方に笠ケ岳が見えています。
3-03DSCF08213-04DSCF0829
北ノ俣岳2661m。素晴らしい景観(展望)を見ながらの山行です。
3-05DSCF08383-06P1130810
チョットした岩場の通過。岩石の中を歩いて進みます。
3-07DSCF08453-08P1130816
黒部五郎が見えてきました。黒部五郎岳への急登。
3-09DSCF08623-10P1130827
分岐、ここから山頂往復です。日本百名山2座目、黒部五郎岳2839m到着。歌手の野口五郎はデビュー前は黒部五郎が歌手名と知ってました?
売れないので野口五郎と名乗ったらヒットしたとか?
3-11P11308283-12P1130832
黒部五郎岳、登頂記念。一旦分岐に戻り、今回は五郎のカールルートで小屋を目指しました。
3-13DSCF08733-14DSCF0879
登ってきた黒部五郎岳を振り返ります、完全に岩山です。カールへ下山する後姿のメンバー。
3-15DSCF08783-16DSCF0882
ゴツゴツした岩の間をぬって歩きます。
3-17DSCF08853-18DSCF0888
3日目の宿泊、黒部五郎小屋に到着。
3-20DSCF0893
写真にカーソルを添えると拡大できます。
次号は続編、三俣蓮華~鷲羽岳~水晶岳~野口五郎岳~烏帽子岳~高江ダムを掲載します。
それにしても写真を選んで掲載するのは大変です・・・・ブロガー。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ