九州百名山の最近のブログ記事

2019.04.20~21   1泊4座で西叡山、田原山、華岳、津波戸山(九州百名山、国東半島、大分県)に松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

今回の主旨は、岩場の通過、鎖ロープを使っての登下降り、ハーネス、カラビナ、スリングを利用しての安全確保を主目的にしておりましたが、4山とも大分百山、六郷満山の歴史を探求する目的も含まれています。
登山の順序は違いますが、掲載します。

西叡山
P~西叡山571m~P
・・・・歩行距離1.5km、行動時間1時間、標高差計±151m・・・・
東の比叡山、西の西叡山。石段を上がり山門へ。
00P108061301P1080595
山門をくぐり、高山寺へお参り。
02P108059603P1080597
手入れされたふれあいの森をあるきます。ツツジ、紅葉が綺麗でした。
04P108059804P1080599
ミツバツツジ、ドウダンツツジも綺麗でした。
05P108059906P108060107P108060908P1080603
山頂到着。国東塔、如来像が新しく設置されていました。
09P108060410P1080605
登頂記念。この山はハイキング気分で十分です。
11P108060712P1080610


田原山542m(八方ガ岳、鋸山)・・3つの名前があります。
登山口~大観峰~八方ガ岳~熊野摩崖仏~P
・・・・・歩行距離2.7km、行動時間3時間、標高差計上272m下302m・・・・
今回、鋸山はハーネス、カラビナ利用しない経験登山です。
01P108061402P1080615
以前は植林の中をあるきましたが、空が明るくなりました。
03P108061604P1080617
明るくなった登山道を歩きっます。雫石です、滴はありませんでした。
05DSCN2727
06P1080620
南尾根から大観峰へ向かいます。向こうに今から進む鋸尾根が見えます。
07DSCN273708DSCN2742
大観峰分岐。向こうの尾根を登山者が歩いています。
09DSCN274310P1080624
大観峰の上り、鎖がぶれるので、岩も一緒につまみながら登っていきます。
11P108062712DSCN2748
展望抜群、大観峰の登頂写真。下りはさらに気をつけて降ります。さらに岩場の鎖の下降です。
13P108062914P108063315DSCN2752
鎖をうまく利用して下ったら、さらに岩場の上り。
16P108063617P1080638
八方岳主峰到着。登頂記念。
18P108064019P1080642
さらに岩場の下りが続いたら、今度はこんなステップを登っていきます。
20P108064721P108064922P1080650
足、手を絡み合わせて登っていきます、雨の時は滑るので要注意です。
23DSCN276324P1080652
股のぞき岩、見えるのは・・・・・
25P108065526DSCN2767
岩尾根はまだまだ続きます。道標(距離)がありました。
27DSCN277028DSCN2775
今度はロープを利用しての下りです。息つく暇がないルートです。
29DSCN277730P108065831P1080663
無明岩。珍しい花?名前は?
32P108066533DSCN2783
岩峰から解放されて熊野摩崖仏へ向かいます、料金が@300円に値上っていました。
34P108067335DSCN2791
熊野神社、熊野摩崖仏と参拝しました。
36DSCN279537DSCN279738P108067739P1080678
石段をおりて社務所へ、無事に下山しました。
40DSCN2800
国宝、富貴寺を訪問しました。
41P108068142P1080682
今日の夕食内容。
43P108068644P108068745P108068946P108069047P1080691

華岳592m
ふるさと林道~華岳~林道登山口
・・・・・歩行距離1.3km、行動時間2時間、標高差計±322m・・・・・
登山開始。林道を上がります。
01P1080693

02P1080694
急登を荒れた尾根に上がります。北へ針路を変えて華岳へ登っていきます
03P108069704P1080699
華岳到着、田原山地塁の最高峰、
登頂記念
05P108070306P1080702
転びそうなところはスリング設置。無事に登山口へ下山しました。
07P108070508P1080707


津波戸山540m
P~3~40~津波戸山~66~88~P
・・・歩行距離4.5km、行動時間5.4時間、標高差計±449m・・・・・
今回はハーネス、スリング、カラビナを利用して、身の安全を確保しての体験ですので、弘法大師88ケ所、霊場めぐり:岩場の通過です。
松尾駐車場。民家を抜けて登山口へ
01P108070902P1080710
海蔵寺跡。3番から霊場めぐりです。
03P108071104P1080714
岩場が続きます。
05P108071606P1080719
石像には番号があります、担いで運んだのでしょうか?岩場の下りになります。
07P108072008P1080721
カラビナを架け替えながら進みました。
09P108072310P1080727
下記左はオーバーハングになっているので足場を上手く探さないといけません。すぐにこんな岩場を下ります。
11P108072812P1080730
続いて針の耳を回り込みながら下りますが頭、足に神経を集中させます。
13P108073314P1080734
今度は岩場の上りです、幸い木を利用して登っていきます。岩場の通解は気が抜けません。
15DSCN281616DSCN2820
珍しい花? 岩場の上りはさらに続きます。
17DSCN282318DSCN2828
登って、今度は下って、繰り返しです。
19P108073720P1080739
一旦奥の院へ下りて、さらにゴルジュを登って尾根に上がりました。
尾根を西へ進むと由布岳と展望台。
21P108074222P1080743
津波戸山山頂到着、残念ながら展望なしです。登頂記念。
23P108074824P1080746
さらに西へ進むと西展望台、御許山が見えています。
もと来た道を引き返してゴルジュを下ると夫婦岩。この先に弘法大師像が鎮座しています。
25P108074726P1080750
66番から東尾根へ取付ます。
27P108075228DSCN2831
鎖を利用しての通過は続きます。東尾根の上でナイスショット。
29P108075430P1080757
気持ちの良い岩尾根歩きで進みます。
31DSCN283332P1080765
88番へ到着。ここからは懸垂下降で登山道へ下りて、津波戸山は無事に終了しました。
34P108076933DSCN2843
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.04.13~14 大障子岳~前障子岳縦走(祖母山系、九州百名山、大分県)に阿南徹ガイド(竹田市在住)が登ってきましたので掲載します。

1日目
博多駅~原尻の滝~尾平泊
原尻の滝に立ち寄りました。 チュウリップ祭りが開催されていました。
1-01IMG_56011-02IMG_5600


1-03IMG_56031-04IMG_5604
宿泊はLANPの宿です。カレーとジビエ料理でした。
1-05IMG_56061-06IMG_56141-07IMG_5615
2日目
大障子登山口~クーチ谷~大障子岳~前障子岳~上畑
・・・・・歩行距離9km、行動時間9時間、標高差計上1034m下1134m・・・・

登山道入口。道は相当荒れています。
2-01IMG_56272-02IMG_5628
山桜かな?冠水しています、この上部の取付が始まります。
2-03IMG_56292-04IMG_5630
支尾根に取付ます。再び渡渉です。
2-05IMG_56312-06IMG_5632
長い苦しい急登が始まります。
2-07IMG_56332-08IMG_5635
谷沿いの滝を避けながら進みます。
2-09IMG_56362-10IMG_5637
時々はロープに頼りながら急登を進みます。
2-11IMG_56382-12IMG_5639
登山口から急登の連続約2時間、八丁越にやっと上がってきました。
2-13IMG_56402-14IMG_5641
ミツバツツジ、シャクナゲが蕾を付けていました。稜線の向こうに主峰、祖母山が見えています。
2-15IMG_56442-16IMG_56452-17IMG_56492-18IMG_5648
大障子岳の大岩。大障子岳にて登頂記念。
2-19IMG_56502-20IMG_5652
ショウジョウバカマ、ドウダンツツジ。
2-21IMG_56542-22IMG_5656
稜線歩きは穏やかであり、岩場であり、道が一部崩落したりと気を抜けません
2-23IMG_56572-24IMG_5659
前障子岳分岐。前障子岳の岩場の登りは要注意です。
2-25IMG_56612-26IMG_5662
皆さんベテランなので登っていきました。
2-27IMG_56632-28IMG_5666
前障子岩山頂。登頂写真。
2-29IMG_56692-30IMG_56682-31IMG_56702-32IMG_5674
前障子岩から長い下り、鹿避けネットは張り巡らされ難しいゲートを空けながら通過しないといけません。上畑に下山してきました。
2-33IMG_56762-34IMG_5677
無事に完登しました。
2-35IMG_56792-36
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.04.06  涌蓋山~ミソコブシ山~一目山縦走(九重山系、九州百名山、大分県、玖珠富士、小国富士)に松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

サンサン山倶楽部の2019年度の初めての山行です。
天気に恵まれ、視界良好、九重山系、阿蘇山系、祖母山系、由布岳までが望まれて素晴らしい山行日和でした。

疥癬湯登山口~涌蓋越~女岳~涌蓋山~ミソコブシ~一目山~登山口
・・・・・歩行距離11.2km、行動時間5.3時間、標高差計上663m下496m・・・・
バスは疥癬湯入口で下車。次の写真のように登山口は狭くUターン、駐車不可
しかし、駐車料金にはマイクロバス料金が提示されていました。
01P108048902DSCN2555
駐車料金表。疥癬湯登山口、マイカーの駐車場になっています。
03DSCN255604DSCN2557
疥癬湯登山口、午後からの入山規制の注意書きがあります。
05P108049206DSCN2562
舗装道になりました、道標に従い登山道に入ります。緩やかな登山道を登っていきます。

07DSCN256308DSCN2567
巻道に上がってきました、道標に従い左に行きます。涌蓋山が眼前に勇姿を見せてくれました。
09P108049910DSCN2569
涌蓋越手前の牧草地、後方に九重連山がはっきり見えています。
11P108050012P1080497
涌蓋越の手前のゲート。涌蓋越、樹林帯に入ります。
13DSCN257414P1080506
振り返ると九重連山。涌蓋山(女岳)への急登を上っていきます。
15DSCN257816DSCN2583
青い空、素晴らしい天気です。最初に女岳に到着。
17DSCN258518P1080508
女岳から涌蓋山。涌蓋山1500m、九州百名山、玖珠富士、小国富士、1003の山、サンサン山倶楽部では他のルートはありましたが、久しぶりの疥癬湯ルート登山でした。
19P108050920DSCN2592
涌蓋山登頂記念。天気が良いので多くの登山者が食事していました。
21P108051222P1080515
涌蓋越まで同じ道を下山しました。
23DSCN259424DSCN2595
ゲート前をミソコブシに向かいます。冬枯れなので草が伸びていなくて歩きやすいです。
25DSCN259726DSCN2598
登山道がはっきり見えています。ミソコブシ山頂。

27DSCN260228P1080524
ミソコブシから一目山のルートにアセビが咲いていました。道標はシッカリついていました。
29DSCN260830P1080525
ドウダンツツジが植生されていました。一目山下に到着しました。
31DSCN260932DSCN2612
時間的にはわずかですが急登を上ります、登山道脇は野焼きで真っ黒です。一目山山頂到着、素晴らしい絶景です。
33DSCN261434P1080530
一目山登頂記念。下山ルートは3ルートありますが、野焼きを避けて本来の登山道を下りました。
35P108053236P1080533
素晴らしい登山日和で無事に終了しました。
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.03.24   子岳~女岳~鞍岳~馬頭観音~ツームシ山~マゴ岳縦走(阿蘇外輪山、熊本県)に福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

企画主旨は
従来は鞍岳~ツームシ山でしたのを、親から孫まで縦走する内容を組み込みました。アップダウンも少なく整備された登山道で天気に恵まれ最高でした。

東登山口~子岳~女岳~鞍岳~馬頭観音~ツームシ山~マゴ岳~ツームシ登山口
・・・・・歩行距離6km、行動時間3.1時間、標高差計上303m下375m・・・・
東登山口から登山開始。子岳。
IMG_0869IMG_0870
女岳山頂。最高の展望が得られました、鞍岳の上り。
IMG_0872IMG_0874
鞍岳登頂記念。馬頭観音へ向かいました。
IMG_0875IMG_0877
馬頭観音。ツームシ山、登頂記念、ツームシとは玉虫のことです。
IMG_0878IMG_0879
天気が良いので登山道も滑らなくてよかったです。マゴ山に到着。
IMG_0881IMG_0882
青空がきれいです。ツームシ下山口へ向かいました。
IMG_0884IMG_0885
ツームシ山下山口へ無事に下りてきました。
IMG_0886
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.03.21 多良岳~経ケ岳縦走(佐賀県最高峰、九州百名山、1003の山)に徳永ガイド、大坂ガイドが登ってきましたので掲載します。

ルートは
中山登山口~分岐~多良岳~金泉寺~中山峠~経ケ岳~平谷越~平谷
・・・・・歩行距離10km、行動時間6.2時間、標高差計上761m下851m・・・・・
朝方雨でしたが、昼ごろより晴れてきました。

中山キャンプ場登山口到着。登山開始。
01P321000202P3210004
緩やかな登山道を登っていきます。途中にオオキツネノカミソリが葉を伸ばしていました、夏になると葉を落し花芽が出ます。
03P321000604P3210008
多良岳分岐に到着。案内板があります。
05P321000906P3210010
役小角像が見守ってくれています。岩場の通過があります。
07DSCF473108P3210012
稜線に上がってきました。マンサクが迎えてくれました。
09P321001310DSCF4735
多良岳到着。多良岳996m、九州百名山、登頂記念。
11P321001412DSCF4738
分岐まで戻りますが岩場、鎖場の通過。分岐まで下りてきました。
13DSCF473914DSCF4740
金泉寺。県営の金泉寺山小屋。
15DSCF474316DSCF4745
金泉寺前を北側に進み経ケ岳を目指します。中山峠です。
17P321002318DSCF4746
経ケ岳は直登コースで登ります。急登で岩場を登っていきます。
19DSCF474720P3210026
経ケ岳1076m、九州百名山、佐賀県最高峰、一等三角点、1003の山。経ケ岳登頂記念。
21DSCF474922DSCF4754
素晴らしい天気で五家原岳が雲の上です。平谷越へ下山ですが、岩場、鎖場で要注意して下山します。
23P321002924DSCF4757
十分に注意して下ります。
25P321003626DSCF4759
平谷越へ下りてきました。叉、岩場の通過です。
27DSCF476128DSCF4763
岩場を慎重に通過して行きます。
29DSCF476430P3210039
馬の背に下りてきました。下ると林道を横切ります。
31DSCF476732P3210041
奥平谷キャンプ場へ下りてきました。右折(北)してバスへ向かいます。
33P321004234DSCF4774
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.03.09~10 2日間にかけて、一等三角点4座、御座ケ岳、佩楯山(1003の山)、元越山、樅木山(大分百山)に栗林が登ってきましたので掲載します。

御座ケ岳796.6m、一等三角点、大分百山
パークライン登山口~山頂~登山口
・・・・・歩行距離0.3km、行動時間0.3h、標高差計±72m・・・・・

いきなりの急登を上ります。
01P108034502P1080348
稜線に出ると矢印の道標があります。さらに急登を上っていきます。
03DSCN242604P1080351
山頂到着。一等三角点、標石
05P108035206P1080355
登頂記念の一枚。往復で下山しました。
07P108035608P1080358
距離、時間は大したことはありませんが、急登でした。車は少し離れた所に広場があります。
09P108036010P1080361

次に佩楯山753.8m、一等三角点、大分百山、1003の山、へ向かいました

今回ジャンボタクシーなので無理して山頂広場まで上がってもらいました。
・が、しかし、鋭角なカーブ、急坂を考えると、写真にある駐車場(最後尾)から歩いたほうが良いと思います。
往復、30分位で登れると思います。
一等三角点。
01P108037002P1080363
一等三角点であると同時に1003の山でもあります。1003の山を目指しているMさん、記念のスナップ。
03P108036604P1080368
登頂記念。山頂からのパノラマ。
05P108037206DSCN2437
駐車場、ここから歩いたほうが良いと思います。
06DSCN2442

2日目、今日はひどい土砂降り、雨の中なので良い写真はありません。
元越山581.5m、一等三角点、天測点、九州百名山、大分百山

宮河内登山口~元越山~往復~宮河内登山口
・・・・・歩行距離6.4km、行動時間3.2時間、標高差計±481m・・・・・
登山口、杖もあり地元の有志の心配りを感じます。下の地蔵さん。
01P108038302P1080388
道標もあります。林道に上がってきました。
03P108038904P1080391
林道から再び登山道へ、写真が良くありません。山頂まで900mの案内が出始めて800m~100mと100m間隔で道標があります。
05P108039206P1080393
元越山一等三角点。山頂風景、左が天測点、右は国木田独歩の紹介などされている。
07P108039908P1080396
登頂記念。無事に下山しましたが、掘割の登山道は雨の影響で水が溜まり靴がずぶ濡れでした。
09P108040210P1080406

樅木山484m、一等三角点、大分百山
峠登山口~樅木山~往復~峠登山口
・・・・・歩行距離3.2km、行動時間1.3時間、標高差計±278m・・・・・
登山道に大分県弁で案内が書かれているのが大変ユニーク。
01P108040902P108041003P108041104P1080416
樅木山山頂。一等三角点。
05P108041706P1080419
登頂記念。
07P108042108P1080424
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.02.09~10 鬼岳、翁頭山、大瀬崎、父ケ岳~七ツ岳)長崎県五島市に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。

鬼岳(旧九州百名山)
・・・・・歩行距離2km、行動時間1時間、標高差計±130m・・・・・・
鬼岳 *コンカナ王国より登山開始、風が強く寒いので昼食は駐車場のタクシーの中でする。
1-01IMG_90481-02IMG_9049
サイクリングロード。火口縁を上ります。
1-03IMG_90501-04IMG_9052
時計の反対廻りで火口縁を歩きます。
1-05IMG_90531-06IMG_9058
鬼岳山頂。登頂写真。
1-07IMG_90611-08IMG_9060
翁頭山・一等三角点
・・・・・歩行距離1.6km、行動時間1.1時間、標高差計±208m・・・・
登山口に駐車スペースがなくジャンボタクシーが限界。登山道は問題ない。
1-09IMG_90642-01IMG_90662-02IMG_90652-03IMG_90672-04IMG_90682-05IMG_90692-06IMG_90702-07IMG_9074
一等三角点、標柱。
2-08IMG_90762-09IMG_90752-10IMG_90792-11IMG_9082
大瀬崎灯台~大瀬山
・・・・・歩行距離2.5km、行動時間1.2時間、標高差計±209m・・・・・
大瀬崎駐車場から大瀬崎灯台まで下り登り返しが地味にきついが展望が良くいく価値あります。
2-12IMG_90882-13IMG_90912-14IMG_91012-15IMG_90992-16IMG_91042-17IMG_9105
女神像、希望の鐘、ハチクマ(渡り鳥)飛来地
2-18IMG_91062-19IMG_91082-20IMG_91122-21IMG_9117
父ケ岳(五島最高峰)~七ツ岳(九州百名山)縦走
・・・・歩行距離7.5km、行動時間5.3時間、標高差計上666m下648m・・・
五島の最高峰で頂上は狭くあまり眺望が良くない。
3-01IMG_91213-02IMG_91243-03IMG_91273-04IMG_9128
七ツ岳と父ヶ岳分岐からアップダウンを何回か繰り返しながら歩くが分岐からの最初と頂上直下の登りの約20分がきつい登山道はわかり易い。
3-05IMG_91353-06IMG_91363-07IMG_91383-08IMG_9140
九州百名山やせ尾根を歩く登山道が続き注意が必要
3-09IMG_91483-10IMG_9150
目指す七ツ岳
3-11IMG_91533-12IMG_9155
父ケ岳を振り返る。七ツ岳・九州百名山、山頂
3-13IMG_91593-14IMG_91613-15IMG_91653-16IMG_9166
頂上直下の急な崖と100m下った所に2ヶ所長い崖があり両方とも約20mのフィックスを張り通過したほうが安全です。時間に余裕もち、雨天時は特に注意が必要だと思います。
3-17IMG_91683-18IMG_9170

2019、01/14   干支登山に斉藤ガイド、悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。

亥は本当は一番先に着いたけれど、真っ直ぐに走ることしか頭にない性分なので
、ゴールを通り越してしまい、舞い戻ってきたときは他の動物に後れを取って亥が12支で12番目になった理由?とか。
何故か、亥年は不吉なことが発生しやすいので、皆さん気を引き締めて過ごしましょう。

常盤登山口~猪群山~ストーンサークル~往復~登山口
・・・・・・距離3.5km、高度時間2.3時間、標高差計±386m・・・・・
常盤登山口でストレッチ。案内板があります。
01DSCF422102DSCF4222
道標に従い登っていきます。
03DSCF422304IMG_8931
最初に立石を目指します。
05DSCF422406IMG_8932
巨石に奉納内容が刻まれています。立石。
07DSCF422608DSCF4227
廻り混んで立石通過。
09DSCF422810IMG_8941
こりからが・・・ひいち”いーでえ~。大分県弁は判るかな?
11DSCF422912DSCF4230
その通り急登を上っていきます。いっぷく望、眼下に真玉、豊後高田市。
13IMG_894614IMG_8951
いっぷく望からすぐに猪群山山頂到着。
15IMG_894916DSCF4234
猪群山、登頂記念。ストーンサークルへ向かいます、パワースポットです。
17IMG_895718DSCF4237
磁力があるにはパワースポットですね~
19DSCF423820IMG_8964
周りに両子山、千灯岳、屋山などと遠く海も見えます。
21DSCF423922DSCF4241
猪群山へ引き返します。
23DSCF424224IMG_8968
山頂より元来た道を引き返して、常盤登山口へ無事に下山しました。
25IMG_896926IMG_8974
・写真をクリックすると拡大できます。

これから一年始まる干支登山にふさわしい青天の中での登山で、皆さん今年一年健康で山に登ろうと新たな決意を持たれたのではないでしょうか?
猪群山山頂東にはストーンサークルというパワースポットがあり、そこでは磁力も狂うというパワーがあるとかで、コンパス片手で確かめていました。その結果は?・・・・・

2018.12.14~15 1泊2日で野間岳と八重山と冠岳(薩摩半島、鹿児島県、九州百名山)に悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。

野間岳(野間神社~山頂往復~野間神社
・・・・歩行距離1.4km、行動時間1.2時間、標高差計±251m・・・・・
野間神社からスタート。山頂にある一等三角点
野間岳 001野間岳 002
登頂記念。眼下に野間半島。
野間岳 003野間岳 004
往復コースで下山しました。
野間岳 005野間岳 006

八重山(八重山公園登山口~三角点~八重山~甲突池)
・・・歩行距離3.5km、行動時間1.35時間標高差計上245m下264m・・・
登山口そばの八重山公園からスタート。登山口
八重山 008八重山 009
案内の道標。炭焼き跡。
八重山 010八重山 011
なだらかな上りです。分岐(甲突池)を通過。
八重山 012八重山 013
一等三角点。すぐ先の展望台の八重山山頂。
八重山 018八重山 015
素晴らしい展望が望めます。
八重山 016八重山 017
分岐に戻り急階段を下ります。竹林帯になると下山口がすぐそばです。
八重山 019八重山 020
甲突池下山口に到着。甲突池、由来も書いてあります。
八重山 021八重山 022

2日目
冠岳(阿弥陀堂~冠岳~材木岩~煙草神社~ふれあい林道)

・・・・歩行距離2km、行動時間2.15時間、標高差計上137m下401m・・
阿弥陀堂入口。道標に沿って西岳へ登っていきます。
01冠岳 02902冠岳 030
鳥居を潜り、急階段を上ります。
03冠岳 03104冠岳 032
冬イチゴ。冠岳・西岳に到着。
05冠岳 03306冠岳 036
冠岳の由来が書かれています。登頂写真。
07冠岳 03708冠岳 040
山頂から桜島が見えています。材木岳に向かいます。
09冠岳 03910冠岳 041
材木を重ねたような狭い山頂。由来が書かれていました。
11冠岳 04412冠岳 045
山頂を後にします。煙草神社へ向かいます。
13冠岳 04614冠岳 047
神社へ下る岩場、気をつけて下りましょう。
15冠岳 04816冠岳 049
岩窟の中に煙草神社。
17冠岳 05018冠岳 051
さらに急な登山道を下ります。ふれあい林道に下りてきました。
19冠岳 05220冠岳 053
煙草神社入口の道標。少し足を延ばして護摩岩へ向かいました。
21冠岳 05422冠岳 055
護摩岩の上り。護摩岩山頂で美女二人。後ろは仏岩。
23冠岳 05624冠岳 058
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.12.09   八方ケ岳(熊本県北、九州百名山)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。
今回のルートは、

上虎口(カミコク)登山口~八方ケ岳~班蛇口(ハンジャク)登山口
・・・・・歩行距離3.2km、行動時間3.1時間、標高差計上526m下349m・・・・

マイカーの場合このような計画はなかなかできない、駐車場所、乗車場所、林道歩きなど強いられることでしょう。今回は貨切バス利用なのでスムーズにできたので、時間を短縮できた。

上虎口・カミコクと呼ぶらしい、登山口からスタート。杉林の中を登っていきます。
01IMG_872202IMG_8724
途中の登山道は凄い急登(底辺1000m、高さ1000m、三角形の和は180°、斜度は何度でしょう)を上っていきます。今日は冷える、霜柱もあります。
03IMG_872704IMG_8726
90分位で山頂に到着、山頂風景。
05IMG_872806IMG_8729
八方ケ岳1052m、九州百名山、登頂記念。下山します、山の神分岐。
07IMG_873208IMG_8733
山の神分岐=カニノハサミ岩分岐。矢谷キャンプ場分岐=班蛇口(ハンジャクとよびます)分岐から下ります。
09IMG_8734
10IMG_8735
写真では判別しにくいですが急登下りで、ロープが設置されています。
11IMG_873712IMG_8741
ロープが終わると土止め階段歩きです。八方ケ岳を振り返る。
13IMG_874414IMG_8746
班蛇口登山口に下りてきました。狭い林道を歩いて駐車場へ無事に下りてきました。
15IMG_8747
・写真をクリックすると拡大できます。
・時間は短いですが、急登の上り、下りでの登山道でした。

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

最近のコメント