九州百名山の最近のブログ記事

2018.06.09   久住山~扇ケ鼻~岩井川岳(日本・九州百名山、一等三角点、九重連峰、大分県)に斉藤ガイド、松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

山開きの混雑を避けるため、1週間後の設定、又、ミヤマキリシマを鑑賞するためでもありました。

牧ノ戸峠~久住山~扇ケ鼻~岩井川岳~瀬の本登山口
・・・・・・歩行距離11km、行動時間6.3時間、標高差計上555m下835m・・・・

ミヤマキリシマが各山で見られました。
00IMG_710800IMG_711000P105079100IMG_711900P105080600IMG_707200IMG_706800P1050828

牧ノ戸峠到着、道路を自衛隊の大砲装備の装甲車が。牧ノ戸峠登山口
01P105075002P1050753
展望台。沓掛山の上り、岩場です。
03IMG_706504P1050756
沓掛山。沓掛山の下り、いつも離合が大変です。
05IMG_707806IMG_7080
帰りはハシゴを上ります。離合で混雑のため少々待ちます。
07IMG_708108P1050761
ミヤマキリシマが山肌に・・・・。扇ケ鼻分岐。
09P105076410P1050768
遠くにミヤマキリシマを見ながら進みます。星生山にミヤマキリシマ。
11IMG_708912P1050772
避難小屋に到着。久住山への上り。
13P105077414P1050775
天狗ケ城にもミヤマキリシマ。久住山山頂まであと少し。
15P105078116IMG_7102
久住山南面のミヤマキリシマ。久住山1787m、九州・日本百名山、一等三角点は360°の展望。
17IMG_710318IMG_7105
久住山、登頂記念。下山します。
19P105078420P1050787
天狗ケ城、中岳、三俣山を見ながら下山。避難小屋から星生崎下へ向かいます。
21P105079522P1050796
星生崎下の上り。扇ケ鼻分岐から扇ケ鼻へ向かいます。
23P105079724IMG_7113
扇ケ鼻にはミヤマキリシマがビッシリ。
25IMG_711426P105079927IMG_711628IMG_7126
ミヤマキリシマの向こうに九重連峰。
29IMG_712830P1050812
扇ケ鼻、登頂記念。岩井川岳へ向かいます。
31P105082032P1050824
登山道脇にはドウダンツツジが・・・・。樹林帯の下り。
33P105082534P1050830
岩井川岳分岐。ここのミヤマキリシマは終了していました。
35IMG_714036P1050833
岩井川岳到着。岩井川岳、登頂記念。
37P105083938P1050838
笹の中の岩井川岳から樹林帯を下山します。
38P105084239P1050846
林道をショートカットして登山口へ。下山口~バス待機場所へ。
40P105084941IMG_714642P1050853
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.13  国見岳~平家山縦走(五家荘、熊本県、九州百名山、一等三角点)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。
サンサン山倶楽部は、五家荘を極めよう・・・・ということで取り組んでまいりました、昨年すでに全コースを踏破しました。五家荘の山は平成23年11月に、全国で6番目、日本山岳遺産に認定されましたこともあり継続して計画しております
また、利用する民宿が素晴らしく、良く、対応してくれるからでもあります。

五勇谷登山口~国見岳~平家山~登山口
・・・・歩行距離11.7km、行動時間6.4時間、標高差計上933m下1009m・・・・・
登山口は倒木で進めませんでした。国見岳新登山口から登りました。
01P513270302P5132705
急登を登らないといけません。ブナ林が素晴らしいです。
03P5132707
04P5132709
山頂近くになると登山道も緩やかになり石楠花が現れました。
05P513271006P5132712
国見岳山頂1739m、一等三角点に到着
07P513271308P5132715
登頂記念。雨なので写真が旨く撮れていませんが、シャクナゲが綺麗です。
これから縦走路に入ります。

09P513271810P513271911P513272112P5132725
アップダウンを何度も繰り返して平家山に到着、広い尾根道なのでルートミスに注意が必要です。平家山登頂記念。
13P513272614P5132730
下山です。火事で焼けた所を下山します。
15P513273316P5132736
伐採地を下ります。丸太橋を渡ります。
17P513273818P5132739
沢を渡ります。平家山登山口に無事に下山しました。
19P513274220P5132743
・写真をクリックすると拡大できます。今日は雨で良い写真が撮れなくて残念。

2018.05.13  大金峰~小金峰縦走(五家荘、熊本県、九州百名山)に福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

登山口~大金峰~小金峰~往復~登山口
・・・・・歩行距離13.5km、行動時間6時間、標高差計±673m・・・・・
01登山口02登山口 (2)03大金峰山頂04攻分岐05小金峰へ06小金峰山頂07林道08攻分岐 復路09大金峰分岐 復路10無事に下山
今回は下山後、合流するために二本杉まで歩きました。
11登山口から2本杉茶屋へ12茶屋到着
・写真にカーソルを添えると説明文が出ます。

2018.05.12  京丈山~雁股山縦走(五家荘、熊本県、九州百名山)に徳永ガイド、福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

今日は天気に恵まれ、花もたくさん見ることができました。
11P512267512P5122680
ハチケン谷~京丈山~展望所~雁俣山~二本杉
・・・・・歩行距離11.8km、行動時間6.4時間、標高差計上803m下633m・・・・
ハチケン谷登山口。
01P512263802P5122642
ゲートの横を抜けて林道歩きです。
03P512264304P5122648
登山口に到着、ここから山道に入ります。小さな橋を渡り杉林へ。
05P512265306P5122654
その後、自然林の新緑の中を歩きます。京丈山1472mにて登頂記念。
07P512267208P5122674
展望所へ向かいました。ヤマシャクの群生です。
09P512268310P512267611P512267512P5122680
引き返して。分岐から雁俣山への縦走路です。
13P512268214P5122685
スズタケが現れました。雁股山への急登を登ります。
15P512268716雁俣山への急登
雁俣山1315m到着。登頂記念。
17P512269018P5122692
00P512268919P5122693

カタクリの花はありませんでした。二本杉へ到着。
20P5122695

本日見られた花達。
00P512264600P512264700P512264900P512265100P512265800P512266000P512266200P512266400P512266700P512266800P512267000P512267100P512268400P512268800P512268900P5122694
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.12  大権現神社~岳滅鬼峠~猫の丸尾~南岳~中岳~北岳~高住神社(英彦山系、福岡県、一等三角点)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。


このコースは英彦山を極めるシりーズのNO6、最終章コースです。
日本3大修験道の英彦山は、行者道(修験道)が張り巡らされ、往時をしのぶことができます。

大権現神社~岳滅鬼峠~猫の丸尾~南岳~中岳~北岳~高住神社
・・・・・・歩行距離8km、行動時間7.3時間、標高差計上980m下753m・・・・

大権現神社前が綺麗に舗装されており、登山客の駐車禁止の張り紙あり。バスを降りてストレッチするのに、神社の係員から注意を受けた。ほかの登山者は車をしゃくなげ荘まで移動していた。

3日間雨が降ってなく渡渉は無事にできましたが雨天後は十分注意が必要。特に下山時は渡渉が出来ない時に は登り返しになる。

01IMG_698902IMG_6991
植林帯を登っていきます。大南林道に到着しました。
03IMG_699304IMG_6994
三叉路を上に上がり道標の岳滅鬼山を目指します。岳滅鬼峠到着。
05IMG_699606IMG_6998
従是北豊前国小倉領の石柱。根の張り出した登山道を進みます。
絶壁箇所の下の木とブッシュが崩れ落ちているが、ロープが張ってあり注意して登れば問題なし。
ロープが緩い為にしっかり張った方が安定感あり安全。
残念ながらこの絶壁写真が撮れていない。

07IMG_699908IMG_7005
新緑が綺麗です。最低鞍部到着。
09IMG_700610IMG_7011
猫の丸尾1044m到着。開けた所で登頂写真。
11IMG_701412IMG_7017
籠水峠(こもりみずとうげ)。英彦山の岩壁。
13IMG_702214IMG_7023
鬼杉分岐に到着。材木岩から南岳の岩壁を通過して南岳へ向かいます。
15IMG_702516IMG_7026
南岳1200m、一等三角点到着。最高峰にて登頂写真。
17IMG_703018IMG_7032
英彦山・中岳が見えてきました。英彦山山頂1150mのポール。
19IMG_703320IMG_7034
英彦山頂にて登頂写真。縦走して北岳1192m
21IMG_703722IMG_7038
北岳登頂記念。北岳を下り高住神社へ向かいます。
23IMG_704324IMG_7046
北岳のシオジ林。望岳台分岐を通過します。
25IMG_704726IMG_7048
奇岩の案内板ができていました。高住神社到着。
27IMG_704928IMG_7050
高住神社Pへ無事に下りてきました。
29IMG_705330IMG_7055

本日見れた花達。
00IMG_699700IMG_700000IMG_700400IMG_7007
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.03~04 大崩山縦断(延岡市、宮崎県、九州百名山、一等三角点)に徳永ガイド、秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。
従来は、祝子川(ホウリガワ)から、坊主尾根、和久塚尾根の周回コースで実施していましたが、祝子川に食事ができる宿泊箇所がなくなり、今回は宇土内谷~縦断コースで
計画しました。

1日目 博多~千畳敷展望台~鹿川
千畳敷展望台に立ち寄りました。左は矢筈岳、右は比叡山。
1-01P50301691-02P5030172
素晴らしい眺めです。千畳敷登山口。
1-03P50301711-04P5030168

2日目
宇土内谷~大崩山~和久塚コース~祝子川登山口
・・・・歩行距離9.2km、行動時間9時間、標高差計上627m、下1019m・・・・
宇土内谷登山口出発。
2-01P50401962-02P5040197
アケボノが咲いていました。分岐。
2-03P50402042-04P5040205
石塚です、大崩山山頂はもうすぐです。
2-05P50402082-06P5040210
大崩山1643m、九州百名山、一等三角点。登頂記念。
2-07P50402152-08P5040217
和久塚尾根に向かいます。上和久塚取付、岩を巻いて登っていきます。
2-09P50402202-10P5040223
上和久塚にてハイポーズ。アケボノツツジが残っていました、今年は特に早く何時もの最盛期はありませんでした。
2-11P50402302-12P5040236
岩場の橋や、梯子を通過します。
2-13P50402382-14P5040239
立山の剱岳が岩の殿堂と言われていますが、大崩山も岩の殿堂です。
2-15P50402422-16P5040245
中和久塚です。後方は上和久塚。
2-17P50402462-18P5040249
断崖絶壁の様。下和久塚。
2-19P50402502-20P50402582-21P50402592-22P5040262
袖タキ。素晴らしい景観ですね。
2-23P50402642-24P5040270
面白い、滑稽な1コマ。まだハシゴの通過。
2-25P50402742-26P5040275
祝子川への道標。沢沿いに歩きます。
2-27P50402772-28P5040280
難関の祝子川の渡渉です、梯子が流され水量が多い時は超難関の渡渉です。
三里河原の分岐を通過して祝子川登山口へ向かいました。
2-29P50402852-30P5040293
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.22  黒岳~前岳縦走(九重山系、大分県、九州百名山)に秋山ガイド、木原ガイドが登ってきましたので掲載します。

今回の目的はステップアップ、岩場コースの通過、ロングコースの歩き方を目的としました。

*今回の縦走について参加された方に伺ったところ、中央に行きたい(アルプス)が 行程が8時間以上の山行

が多くあり、自分がそれだけ長い時間を歩けるかを近場で試したいとの意見が多かった。

*ゆえに実際に中央のコースを念頭に、「この登りは前穂のここ位」お話をすれば 長い時間も励みになるかと。

*山行途中では「長い~」との声も出たが、上記の理由により また違うコースも参加したいとの声あり。

男池~ソババッケ~風穴~黒岳~前岳~白水鉱泉
・・・・歩行距離7.2km、行動時間8.15時間、標高差計上805m下944m・・・・
黒岳=高塚山。男池の登山口へ向かいます。
00P422018401RIMG0013
名水百選男池へ。男池の名水。
02P422016503RIMG0016
新緑の中を歩きます。ソババッケへの道標。
03RIMG001904P4220167
ソババッケ到着、右後方は三俣山。石場(岩)を通過します。
05P422016906P4220172
風穴に到着。休憩ポイント。
07P422017308P4220176
高塚山への急登はザラつきの急登、グループを別けて登りました。
天狗分岐に到着。
09P422017710P4220180
高塚山を目指します。高塚山1587m(黒岳)にて登頂写真。
11RIMG002812P4220186
高塚山の下り、前岳を目指す。九重山群、後方は三俣山。
13P422018714P4220190
歩きにくい岩場を通過します。石楠花が現れてきました。
15RIMG003016P4220191
岩場の通過は慎重に。上台ウツシに到着。
17P422019218P4220193
前岳への上り。
19P422019420P4220198
前岳1334mにて登頂写真。前岳を後にします。
21P422020922P4220212
石楠花が一杯開花していました、当たり年かな?
23P422021324P4220214
石楠花を鑑賞しながら、且つ、岩場の下りは気をつけて、神経を使います。
25RIMG003826RIMG0040
白水分れ、白泉荘分岐。今年はシャクナゲが綺麗でした。
27P422021728P4220219
・写真をクリックすると拡大できます。

20118.04.15   金立山系大縦走(巨石~金敷城山~名尾峠~金立山~大峠~腰巻山~猿岳~土器山~八天神社登山口、佐賀県)に斉藤ガイド、松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

巨石~金敷城山~名尾峠~金立山~大峠~腰巻山~猿岳~土器山~八天神社登山口
・・・・・歩行距離13km、行動時間8時間、標高差計上714m下775m・・・・・・

巨石パークの入場は9:00からであり、管理人がいないためにゲートをよけて入り、帰りに支払いをしとうと

したが、下車だけなので駐車代は不要とのことでした。

巨石パークは直登コース(所要時間1:10)とゆったりコース(所要時間1:40)がありますが、

巨石が多いのが直登コースなので、巨石を見学しながらゆっくりと登る。

01IMG_554102IMG_554203IMG_555604IMG_558305IMG_558606IMG_558807IMG_559908IMG_560009IMG_560210IMG_560311IMG_560512IMG_560613IMG_561114IMG_561315IMG_561416IMG_561517IMG_561718IMG_561819IMG_561920IMG_562721IMG_562822IMG_563123IMG_563624IMG_563825IMG_564326IMG_565027IMG_565128IMG_566029IMG_566230IMG_5667
三等三角点と金敷城山にて登頂写真。
31IMG_567132P1040786

名尾峠に向かいます。巨大な太陽光。
33IMG_567434IMG_5687
名尾峠に下りてきました。
35IMG_569736IMG_5701
林道を進み、コンテナ方面へ。
37IMG_570238IMG_5709
コンテナ後が縦走路です。
39IMG_571140IMG_571541IMG_572642IMG_5730
大門峠です。金立山に向かいます。
43IMG_573944IMG_574545IMG_575046IMG_575347IMG_575948IMG_5764
大門尾根の道標。林道に下りてきました。
49IMG_577450IMG_5776
金立山への取付。
51IMG_577752IMG_5792
ゲートの横を抜けて、消防中継局を抜けます。

53IMG_579954IMG_5803
金立山到着。登頂記念。

55IMG_580456P1040848

金立山から大峠~腰巻山へ向かいます。急坂は滑りやすいので注意
57IMG_582358IMG_5825
木が可哀そうネ。
59IMG_583160IMG_5841
大峠へ下りてきました。
大峠から腰巻山まではテープはありますが、わかりにくく林道と何回も交差するために細心の注意が必要
61IMG_584562IMG_5852
腰巻山の登山口へ。
63IMG_585964IMG_5862
植林帯の急登、鉄塔下を抜けます。
65IMG_586566IMG_5871
林道に飛び出し、再び登山道に取りつく。
67IMG_587668IMG_588769IMG_589070IMG_5895
ロープの下り。腰巻山に到着
71IMG_590072IMG_5905
背振山方面の展望。照葉樹林の登山道
73IMG_591274IMG_5924
猿岳に到着、地図上に山名はありません。
75IMG_593275IMG_5937
アップダウンを繰り返して、土器山に向かいます。
76IMG_593977IMG_594478IMG_594979IMG_5956
土器山です。登頂記念。
80IMG_595781P1040913
写真からはみ出た美女たち。この金立山系縦走は、6.3~9時間の道標がありました。
82P104092683IMG_5971
下山です。八天神社上宮のご神体の石。
84IMG_597285IMG_597586IMG_598487IMG_5985
浸食された登山道は狭く歩きにくい。身体が大きいと抜けるのに苦労、又、雨の時は大変ですね。
88IMG_599289IMG_600190IMG_6002
八天神社に下りてきました。
91IMG_601892IMG_6025
最終ゴール、八天神社登山口。
93IMG_6032
・写真をクリックすると拡大できます。皆さん頑張りましてね。
・写真提供はTMさんでした、本当にいつもありがとうございます。

2018.04.07  大平山~雁股山~古峠縦走(英彦山系縦走、九州自然歩道、大分県、福岡県)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。

英彦山は福岡を代表する名山、出羽の羽黒山、大和の大峰山と並んで、日本三大修験場として栄えた霊山、その勢力圏は九州全土に及んでいた。 英彦山を目指して「西の古処山」から、「東の大平山」から、6回に別けて計画されています。
個人山行では実現しにくい縦走コースです。
又、九州自然歩道も荒れていて不鮮明、ガイドをはじめベテランの眼力が必要です。


ふれあいの森~雁俣山(東、西峰)~古峠~広域林道
・・・・・歩行距離15.6km、行動時間7時間、標高差計上636m下746m・・・・・
寒波到来、雪が・・・。登山開始。
01P407230902P4072313
大平展望台へ。大平山で登頂記念。
03P407231404P4072316
縦走路には道標があります。歩きやすい歩道です。
05P407231906P4072320
降雪です、帽子に雪が・・・。福土峠に到着、林道をまたぎます。
07P407232408P4072328
雁俣山へ向かいます。雁股峠です。
09P407232910P4072333
雁股峠の案内板。エ~この先、工事中?。
10P407233511P4072338
寒い、気温は3度ぐらいを示しています。工事個所。
12P407233913P4072340
林道工事です。林道をまたぎます。
14P407234115P4072344
雁股山・東峰807.2mに到着。記念の一枚。
16P407234617P4072348
風に運ばれ木々に雪がついています。東峰から一旦下ります。
18P407234919P4072353
西峰への鎖場の上り。西峰到着。
20P4072357
21P4072358
雁股山・西峰、これで雁俣山は両峰登頂しました。登山道を倒木が塞いでいます、鋸、ノコギリ。
22P407236023P4072361
経読岳方面へ向かいます、縦走路とは方向が違う北東側の滑りやすい尾根を下りると経読山方面への分岐点がある。意外と分かりにくいので注意が必要。

24P407236525P4072366
ミツバツツジが・・・。
26P407237027P4072371
荒れた歩道。雪が降る~♪貴方は歩く♪
28P407237329P4072375
ザックの上に雪が積もってくる。登山道が白くなってきます。
30P407237631P4072379
岩場を巻いて進みます。鋸岩基部の巻道は階段や斜面が水で流されて倒木も 多く道が分かり難いので注意すること。

32P407238033P4072383
木の葉に積雪、この時期に雪? 古峠から林道歩きへ進みます。
34P407238435P4072387
雪の中を寒そう。広域林道近くのゲートへ下りてきましたのでバス待機場所はもうすぐです。
36P407238937P4072390
・皆さん、寒い降雪の中、お疲れ様でした。
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.01  御許山~雲ケ岳(宇佐市、杵築市、大分県)に松本ガイド、栗林 ガイドが登ってきましたので掲載します。

USA(宇佐)、第2弾として実行され、先日の龍岩寺、石橋群、双葉の里、五百羅漢、宇佐市平和資料館、宇佐神宮・・・に続いての今日の登山です。
 http://www.33-yama-club.jp/blog/2018/04/usa-1.html


大元登山口~御許山~雲ケ岳~恵良商店
・・・・歩行距離5.3km、行動時間2.5時間、標高差計上257m、下526m・・・・・
登山口までジャンボタクシーで進みました。登山開始
01IMG_528102IMG_5296
緩やかな植林の登山道。雲ケ岳分岐、帰路に向かうことにしました。
03IMG_530604IMG_5317
御許神社登山道。道標。
05IMG_532706IMG_5343
車道歩きをやめて樹間に入り、神社へ直登します。
07IMG_535508IMG_5358
大元神社、宇佐神宮奥宮到着。参拝ですが、2礼4拍1礼の作法です。
09IMG_535910IMG_5365
神社裏へは立ち入り禁止です。御神木の前で登頂写真。
11IMG_537612DSCN1532
下山は車道歩きをチョイスして雲ケ岳の分岐まで往復しました。
13IMG_538014IMG_5387
雲ケ岳分岐より雲ケ岳へ向かいました。
15IMG_540516IMG_5410
急登の登山道。雲ケ岳山頂、到着、一等三角点でもあります。
17IMG_541918P1040558
雲ケ岳、杵築市最高峰、登頂記念。無事に登山口まで下山しました。
19DSCN153420IMG_5457
車道を歩いて下山しました。途中にいろいろな花を観ることができました、スモモの花。
21IMG_547322IMG_5488
桜が満開。モモの花。
23IMG_548924IMG_5492
ユキヤナギ。キズイセン。
25IMG_549326IMG_5494
モモの大木。コビシ、ミツマタ、レンギョウの競演。
27IMG_549628IMG_5497
茶色のミツマタ。チューリップ
29IMG_5499DSCN1544
無事に登山は完了しました。


下山後は大分名物、団子汁定食の昼食、ワイナリーの試飲と買物でした。

00IMG_551101IMG_551702IMG_552403IMG_5532

・写真をクリックすると拡大できます。
・写真提供は、TMさんでした。いつもありがとうございます。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

最近のコメント