うんちく・小ネタの最近のブログ記事

2018.08.02~07 大雪渓~白馬岳~朝日岳~栂海新道(3000mから海抜0m)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。

2日目 猿倉~大雪渓~白馬山荘
・・・・歩行距離5.4km、行動時間6.3km、標高差計上1608m・・・・・

大雪渓は意外と雪解けが進んでいて惣平下部で夏道に合流した。小雪渓は融けてなくなり流水の岩場を登る。遭難小屋の下で昼食を取る。お花畑には沢山の高山植物が咲いていた。(鑑賞タイムを取った)

村営小屋の脇に綺麗なウルップ草が咲いていたが上の稜線に上がれば綺麗な写真が取れると思ったが既に終わっていた。残念。予定時間より若干早く白馬山荘に到着した。今日は満館のようで夕食が5回になるようだ。サンサンは2回目の17:00となる。5回目は19:40からで早めの到着が必要。展望レストランでビール、ケーキ、フラッペ各自楽しみ談笑する。窓の外は途中より雲が取れて剣岳、立山、槍・穂高、裏銀座の山々が見えて歓声をあげていた。

猿倉登山口。白馬を仰ぎ見る
01P803330002P8033306
白馬尻に到着。大雪渓取付
03P803330704P8033313
大雪渓を登っていきます。大きな落石が転がっています。
05P803331606P8033317
雪渓を終了してお花畑。
07P803332008P8033327
頂上小屋をめざし、休憩タイム。
09P803333010P8033333
白馬山荘から剱岳、立山、槍穂高が見えていました。
本日見られた花達。

11P803333412P8033335
00P803330300P803330400P803330500P803331000P803331100P803331200P803332300P803332400P803332500P803332600P803332800P8033329

3日目 白馬山荘~白馬岳~雪倉岳~朝日小屋
・・・・歩行距離11.1km行動時間8.2時間、標高差計上716m下1406m・・・

白馬山荘の朝食は5:00から。4:40に並ぶ。食事はチケット制で各自に渡しておくこと。弁当のチケットは1枚で人数分となっている。前日の夕食終了後別棟の受付で貰える。三国境を過ぎると登山者が少なくなって静かな登山が楽しめる。鉢の鞍部の先に雪渓のトラバースがある。注意すること。ツバメ平へは一旦主稜線を離れ東側へ迂回して周りこむが左斜面からの落石が多く注意して進む。小桜ヶ原手前の常水は水量豊富で水を補給した。朝日小屋へのトラバースルートは残雪の状態よって開通する日が異なる。意外ときつく時間が掛かる。朝日小屋は満室と聞いていたが、1人1布団は確保されており快適であった。夕食は指定された時間で席が決められている。


白馬山荘出発。白馬岳山頂、登頂記念。
01P804333602P8043338
三國境から雪倉へ向かいます。
03P804334304P804334505P804334706P804335507P804336108P8043369
雪倉避難小屋。雪倉岳山頂、登頂記念。
09P804338410P804338911P804339012P8043391
ツバメ平、小桜ケ原を経由して進みます
13P804340614P8043410
水平歩道通行可。
15P804341216P804341617P804341918P8043420
朝日小屋に到着。小屋の夕食は評判です。
19P8043421
20P8043422
小屋前から白馬方面と夕焼け
21P804342322P8043424
本日見られた花達
00P804334000P804334100P804334200P804334800P804334900P804335000P804335200P804335300P804335700P804335800P804335900P804336000P804336300P804336500P804336600P804336700P804337000P804337100P804337200P804337300P804337400P804337600P804337700P804337800P804339400P804339500P804339600P804339900P804340000P804340100P804340200P804340400P804340500P804340700P804340900P804341300P8043417

4日目 朝日小屋~朝日岳~黒岩山~サワガニ山~犬ケ岳~栂海山荘
・・・・歩行距離12.8km、行動時間8.3時間、標高差計上474m下1021m・・・

朝日小屋は朝食も夕食同様時間、席が決められており並ぶ必要はない。小屋より朝日岳へはいきなりの登り坂1時間できつい。吹き上げのコルで蓮華温泉コースと左右に分かれる。これより栂海新道の始まりとなる。

今回前情報で北俣の水場で水を確保して、翌日は菊石山又は白鳥山手前の水場で確保予定であったが、数日間雨が降っておらず水量が乏しいとのことで、黒岩平で2日間の水を確保することにした。参加者最低3L、当方は6Lを確保。栂海山荘までの行程は重荷との戦いであった。(当日栂海山荘までの飲料水、山荘での夕食、朝食用の水、翌日下山までの飲料水栂海山荘は無人小屋であるが、当日はNHKの取材班が入っており、サワガニ山岳会のヘルプメンバー含め大勢の宿泊となった。レポーターは小林千穂さんで6月以来、偶然の出会いにお互いびっくりとなった。外のテーブルで夕食、土間のテーブルで朝食の準備をした。当日は管理人がいたので発電機が動いており電灯が灯って助かった


朝日小屋出発。朝日岳へ向かいます。
01P805342902P8053431
朝日岳山頂。登頂記念。
03P805343604P8053437
吹上ゲのコル
05P805343906P8053443
つがみしんどうの道標、さわがにとはサワガニ山岳会のことです。
07P805344608P8053448

08P805345009P8053452
10P805345411P8053456
アヤメ平らを過ぎて、黒岩山1623mに到着
12P805346013P8053465
この木なに? 実は熊が木皮をはいで自分のテリトリーを示している・・・最近の爪痕です。サワガニ山到着。
14P805346915P8053474
頼みの北俣の水は枯れていました。
16P805347817P8053479
1時間歩いて犬ケ岳1592m到着。
18P805348319P8053485
犬ケ岳登頂記念。小野健 碑(栂海新道を10年かけて開設した人)
20P805348921P8053494
無人小屋の栂海山荘到着。
23P805349624P8053498
本日見られた花達。
00P805343200P805343300P805345100P805346300P8053470

5日目 栂海山荘~日本海
・・・・歩行距離12.8km行動時間11時間標高差計上384m下1864m・・・・・

天気が怪しいためヘッドライトを付けて早めに出発する。犬ヶ岳から白鳥山までは大きな3つの山があり登り下りの連続で今回一番きつい部分となった。稜線の視界もなく樹林帯をひたすら歩く。唯ブナの林は圧巻で心地よい。白鳥山山頂にある白鳥小屋は小さいが綺麗な小屋だ。白鳥山を過ぎた頃より雨が降り出す。ゴアの雨具も高温多湿では全く機能しない。

坂田峠は舗装された道路で登山道を横切っている。高度もかなり下がり風が生ぬるい。600m~400m台の山の森の稜線を歩きを目指す。入道山の先で鉄塔の下を過ぎた辺りから左下に海がみえる。林道を横切ると数分で栂海新道登山口に下りる。登山口の正面(国道8号線を渡る)に今夜宿泊する親不知観光ホテルがあるチェックインを我慢して海岸までの階段を下りる。途中に親不知ずい道のレンガトンネルが残っている。海岸におりてバンザイ。
皆さんお疲れ様でした。

ヘッドライトつけて出発。
01P806349902P8063504
山荘から約2時間、黄連の水。ブナ林。
03P806350704P8063509
菊石山。岩場が続きます。
05P806351106P806351307P806351408P8063515
下駒ケ岳1241m。
09P806351710P8063518
白鳥小屋。白鳥山、登頂記念。
11P806352012P8063522
山姥平。シキワリ水。
13P806352814P8063529
金時頭。
15P806353116P8063532
坂田峠に出てきました。
17P806353318P806353419P806353520P8063537
尻高山。登頂記念。
21P806354022P8063543
鉄ハシゴを下りて。
23P806354424P8063545
二本松峠から入道山。
25P806354926P8063550
栂海新道登山口へ下りてきました。
27P806355728P8063558
やりました、栂海新道完登、完登記念の一枚。
29P806355930P8063561
されど我々は海抜0m、ホテル前のキツイ階段を下り、日本海に足を入れて、ヤリマシタ~
31P806356232P8063568
ご褒美の御馳走。
33P806357934P8063581
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.22  乾徳山、茅ケ岳~金ケ岳、に引き続いて入笠山に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。
野草の宝庫、展望の山として名高く、ゴンドラ利用で手軽に登れるのも魅力。

山頂駅~湿原~入笠山1955.1m~山頂駅
・・・・・歩行距離7.5km、行動時間2.2時間、標高差計±340m・・・・
ゴンドラに乗って。
01P105066102P5222874
湿原へ向かいます。
03P105066404P1050666
カラマツ林、秋は黄葉します。害獣対策の柵。
05P105066806P5222880
湿原。歩道が整備されています。
07P105067108P5222881
カラマツ林を抜けて、少しの上って。
09P105067510P5222895
大展望の入笠山1955m。入笠山登頂記念。
11P105068112P1050685

 

今回見られた花達。
00P105069700P105070000P105066700P105066900P105067800P105069000P105069200P105069300P105070400P105070500P105070600P105070800P105070900P105071000P105071100P105071300P522287900P5222883
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.21  茅ケ岳(カヤガダケ)~金ケ岳(カネガダケ)に前日の乾徳山に引き続き徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。

日本百名山の作者、深田久弥の終焉の山(地)で有名です、それで日本百名山を達成した登山者が最後に訪れる山でも有名。

茅ケ岳(1703.6m)~金ケ岳(1764m)縦走
深田記念公園~茅ケ岳~金ケ岳~ふれあいの里
・・・・・歩行距離6.8km、行動時間5.2時間、標高差計上937m下857m・・・・
深田記念公園からスタート。
01P105057202P105057303P105057404P1050575
登山口。女岩周辺。
05P105057606P1050582
新緑の中の急登を登っていきます。
07P105058608P5212842
今日も天気が良い、木漏れ日の中は気持ち良い。
09P105058910P5212845
深田久弥終焉の地。日本百名山達成者のK夫妻、記念のパチリ。
11P105059512P1050594
さらに急登を登っていきます。ミツバツツジが迎えてくれました。
13P105060014P1050603
本日も富士山が綺麗に見えました。茅ケ岳山頂到着。
15P105060616P1050610
茅ケ岳登頂記念。金ケ岳へ向かいます。
17P105061418P1050616
石門をくぐります。
19P105062220P1050623
今にも落ちそう石門、怖い。富士山を見ながらの縦走です。
21P105062422P5212861
南峰。金ケ岳到着。
23P521286324P1050638
金ケ岳、登頂記念。下山します。
25P105063926P1050642
富士山のアングル。
27P521286628P1050647
岩場もあります、ロープ場もあります。
29P521286830P1050650
綺麗な新緑。無事に下山しました。
31P105065232P1050656

今回見られた花達。
00P105061800P1050627
群生のコイワカガミは単身ですがしっかり上を向いていました。
00P105063200P105063600P105065100P5212860
・写真をクリックすると拡大できます。
・次号は入笠山を掲載します。

2018.05.20  乾徳山(山梨県)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。

日本百名山ではありませんが、近くの茅ケ岳は深田久弥の終焉の山として有名。乾徳山は草原、森林、岩場と3拍子揃った人気の山で、今回も多くの登山者と出会った。

乾徳山(2031m)
大平牧場登山口~月見岩~乾徳山~高原ヒュッテ~徳和登山口
・・・・・歩行距離8.7km、行動時間6.3時間、標高差計上701m下1310m・・・・・
大平登山口へ向かいます。
01P105045902P1050461
乾徳山をバックにパチリ。ここでは岩場があるとは見えません。
03P105046304P1050464
道標がシッカリあります。
05P520276406P5202767
月見岩へ向かいます。
07P520276908P1050483
3大ポイント、草原。草原を抜けると森林帯へ入ります。
09P105048710P5202774
雪を被った富士山が雲の上に覗いています。
11P520277512P1050490
月見岩で岩登りの講習?。髭剃岩の上り。
13P105049214P105049515P520278316P5202782
髭剃岩を抜けるといよいよ岩場の挑戦。
17P520278618P5202788
確かに鎖はありますが腕力、壁の上り方の技術が必要です。
19P520279020P105050621P520279422P5202797
岩壁を登りきると山頂です。
23P105051624P1050522
乾徳山登頂記念。下山です。
25P105052426P1050528
ハシゴを下り。乾徳山を振り返る。
27P520280228P1050531
急坂を下り。高原ヒュッテに到着。
29P520280730P5202811
ヒュッテ前から乾徳山を振り返る、ズミが綺麗に咲いていました。
森林を抜けて下山口へ。
31P105054432P1050546
徳和登山口へ無事に下山しました。熊注意の看板。
33P520281934P5202817

出会った花達
00P105046500P105047200P105048100P520276500P520277000P5202812

・写真をクリックすると拡大できます。
・次号は 茅ケ岳を掲載します。

2018.04.21  野北の岩場(岩登りの基本を学ぶ、福岡県)に徳永ガイドが行きましたので掲載します。
ハーネス、スリング、カラビナ、ヘルメットを装着しての技術講習です。

最初は鎖の通過のため、ロープを利用しての講習です。
P4212395P4212396
急坂を下り、現場に到着します。
P4212397P4212398
最初は三点確保して岩場を通過する講習。
P4212399P4212400P4212401P4212402
次に岩場を登り下りする講習。
P4212403P4212404P4212405P4212406
次はさらに難しい岩場を登り下りします。
もちろん徳永ガイドがロープで確保しての講習です。
P4212407P4212409P4212410P4212411P4212412P4212413P4212414P4212415P4212416P4212417
岩場を上から見ると90°の壁です。最後に講習を終えてハイポーズ。
P4212418P4212420
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.07  大平山~雁股山~古峠縦走(英彦山系縦走、九州自然歩道、大分県、福岡県)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。

英彦山は福岡を代表する名山、出羽の羽黒山、大和の大峰山と並んで、日本三大修験場として栄えた霊山、その勢力圏は九州全土に及んでいた。 英彦山を目指して「西の古処山」から、「東の大平山」から、6回に別けて計画されています。
個人山行では実現しにくい縦走コースです。
又、九州自然歩道も荒れていて不鮮明、ガイドをはじめベテランの眼力が必要です。


ふれあいの森~雁俣山(東、西峰)~古峠~広域林道
・・・・・歩行距離15.6km、行動時間7時間、標高差計上636m下746m・・・・・
寒波到来、雪が・・・。登山開始。
01P407230902P4072313
大平展望台へ。大平山で登頂記念。
03P407231404P4072316
縦走路には道標があります。歩きやすい歩道です。
05P407231906P4072320
降雪です、帽子に雪が・・・。福土峠に到着、林道をまたぎます。
07P407232408P4072328
雁俣山へ向かいます。雁股峠です。
09P407232910P4072333
雁股峠の案内板。エ~この先、工事中?。
10P407233511P4072338
寒い、気温は3度ぐらいを示しています。工事個所。
12P407233913P4072340
林道工事です。林道をまたぎます。
14P407234115P4072344
雁股山・東峰807.2mに到着。記念の一枚。
16P407234617P4072348
風に運ばれ木々に雪がついています。東峰から一旦下ります。
18P407234919P4072353
西峰への鎖場の上り。西峰到着。
20P4072357
21P4072358
雁股山・西峰、これで雁俣山は両峰登頂しました。登山道を倒木が塞いでいます、鋸、ノコギリ。
22P407236023P4072361
経読岳方面へ向かいます、縦走路とは方向が違う北東側の滑りやすい尾根を下りると経読山方面への分岐点がある。意外と分かりにくいので注意が必要。

24P407236525P4072366
ミツバツツジが・・・。
26P407237027P4072371
荒れた歩道。雪が降る~♪貴方は歩く♪
28P407237329P4072375
ザックの上に雪が積もってくる。登山道が白くなってきます。
30P407237631P4072379
岩場を巻いて進みます。鋸岩基部の巻道は階段や斜面が水で流されて倒木も 多く道が分かり難いので注意すること。

32P407238033P4072383
木の葉に積雪、この時期に雪? 古峠から林道歩きへ進みます。
34P407238435P4072387
雪の中を寒そう。広域林道近くのゲートへ下りてきましたのでバス待機場所はもうすぐです。
36P407238937P4072390
・皆さん、寒い降雪の中、お疲れ様でした。
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.03.31   USA(宇佐)第2弾に松本ガイド、栗林ガイドが行ってきましたので掲載します。
昨年(安心院)に引き続き、今回は院内町、宇佐市を中心に計画されました。
行先は、1日目、龍岩寺、石橋巡り、双葉の里、東光寺五百羅漢、宇佐平和資料館、宇佐神宮、

2日目は、御許山~雲ケ岳登山と、ワイナリーです。
最初に1日目を掲載します。

龍岩寺
この寺は、天平18年(746)行基によって開山したといわれています。県内唯一の鎌倉時代の木造建築物・奥の院礼堂と白木の三尊像は共に国の重要文化財。三体の仏像は、一本のクスの木から作られたと伝えられています。礼堂の床下に懸けられている「きざはし」(丸太ばしご)は、ここと伊勢神宮にしかない珍しいものです。仏像とともに行基が一夜にして建造したと伝えられています。平安末期の様式。楠の大木を切り一本三体の仏像を一夜の内に彫刻したと伝えられている。昭和25年8月29日国重要文化財指定。昭和27年に不動明王 阿弥陀如来 薬師如来仏像の修理が行われた。弘安9年2月22日と昭和33年に奥の院礼堂の復元修理がおこなわれた。仏像の優秀さと礼堂の優美さは国内稀有の文化財であり、大分県では富貴寺とともに貴重な存在である。
clip_image002 clip_image004
上記2枚は、宇佐市資料から

龍岩寺で現地ボライイテイアガイドさんから説明を受ける。

01IMG_498602IMG_4987
参道入り口、階段を登っていきます。
03IMG_499104IMG_4992
参道をあがり龍岩寺に到着、入場料@200支払
05IMG_499306IMG_4997
さらに階段を上がります。
07IMG_500308IMG_5007
万力坊大権現
09IMG_502310IMG_5024
岩のトンネルを抜けると奥の院礼拝堂です、三徳山の投入れ堂みたいです。
11IMG_502512IMG_5032
礼拝堂と「きざはし(三仏の残りを階段としたもの)、現在、老朽化のため利用できません。
13IMG_503614IMG_5037
国、重要文化財の説明。3仏、不動明王座像、薬師如来坐像、阿弥陀如来坐像、この三仏は格子戸越に撮影したものです。
せめて撮影用の窓があればと思います。
15IMG_505016IMG_503817IMG_504018IMG_5041
格子戸越に拝観するメンバー
19IMG_504420IMG_5042
不滅水。再度礼拝堂を仰ぎ見る。
21IMG_504522IMG_5051

次は石橋群へ移動します。

石橋群
大分県は全国で最も石橋が多い地域であるが、中でもこの宇佐市院内町には75基もの石橋が残されており、うち、アーチ橋(めがね橋)は64基と日本一を誇っている。 この地に石橋が多い理由はいくつかある。一つは院内町の地形は深い渓谷を形成しており、その流れも急であるため、住民は頑丈で流されない石橋を必要としたこと。二つ目は石橋作りに必要な材質となる石が豊富に採石できたこと。そしてもう一つは、生活に必要不可欠な棚田や石垣等を組む技術を持った優れた石工が多かったことである。 中でも『石橋王』と呼ばれる石工の名棟梁・松田新之助は、関西でアーチ橋設計の技術を学び、明治30年に帰郷してからは「鳥居橋」など代表的な14基の石橋を手がけ、うち、11基が現存している。その他にも、安心院町や本耶馬溪町にも彼が手がけた石橋が残っている。建設途中に崩壊した「富士見橋」を、名工の意地と信念で私財をなげうって完成させたという感動的なエピソードもある。
clip_image002[4] clip_image004[4]
上記2枚は宇佐市資料より

ボランテイアガイドさんから構造の仕組みを模型を利用して説明を受ける
01IMG_506802IMG_506303IMG_506404IMG_5066
荒瀬橋。
05IMG_508106IMG_5078
荒瀬橋と可愛い子猫
07IMG_508208IMG_5084
周りに土筆が生えていました。院内道の駅でオオサンショウウオが見られました、いつもは石穴に居るのでなかなか全体は見られません。
09IMG_508510IMG_5086
次は鳥居橋。以前の台風時に欄干近くまで水かさがきましたがびくともしませんでした。
11IMG_509312IMG_508813IMG_509214IMG_509515IMG_509916IMG_5101
宇佐市院内町のボランテイアガイドの賀来さん(左)、岩尾さん(右)
ありがとうございました。
17P1040506

次は双葉の里へ向かいました。

image


60連勝以上成し得た3力士の碑があります。
01IMG_511502IMG_511803IMG_512005IMG_512406IMG_512807IMG_513008IMG_5129
双葉山生家、
08IMG_513809IMG_5141
桜が彩りを出してくれていました。
10IMG_5143

次は東光寺五百羅漢です。
01IMG_514602IMG_514803IMG_515304IMG_515405IMG_515606IMG_5165
仏足跡。自分に似ているのがあるか探しましたが見つけることはできませんでした、残念。
07IMG_516208IMG_5168
仁王像。
09IMG_5171

次は平和資料館です。
「宇佐市平和資料館で零銭、桜花などの特攻遺品をみていると気が沈みます。いかに戦争という非常時であれ人が他人に死を命じる権利などありません、「十死零生」の特別攻撃隊という非道な戦術を考え出した戦争指導者たちの無能、無責任と非人間性に怒りさえ感じます。・・・今日の日本の世相を思う時、国家主義、右傾化、戦前回帰、不寛容、ヘイトスピーチなどの表現が多くなっています。これから私たちは何処へ向かうのでしょうか?心配です」

バスから見る滑走路。バスから見る掩体壕。
01IMG_514402IMG_517503IMG_518704IMG_518105IMG_518006IMG_517907IMG_518808IMG_518909IMG_519010IMG_519111IMG_5193
写真、文章でいかに悲しい出来事であったかご理解ください。
過去の失敗を繰り返さないために、あえて見学にいきました。近年新しい施設が完成するそうです。

次は宇佐神宮です。
明日登る御許山は宇佐神宮の奥宮です。
01IMG_523202IMG_519803IMG_519904IMG_520105IMG_520306IMG_520707IMG_521008IMG_521209P104051810IMG_521311IMG_5214
上宮で参拝しました、2礼、4拍、1礼が参拝の仕方です。
12IMG_521613IMG_521914IMG_522015IMG_522516IMG_522817IMG_522918IMG_523019IMG_523420IMG_523821IMG_524422IMG_524323IMG_524724IMG_524925IMG_525126IMG_525227IMG_525328IMG_5256

いよいよホテルへチェックイン。
各種シャブシャブ、食べ放題、飲み放題で満喫しました。
00IMG_525800IMG_5259

・写真提供はTMさんでした、いつもありがとうございます。
・写真をクリックすると拡大できます。

次号は御許山~雲ケ岳を掲載します。

12月2日~3日、サンサン山倶楽部ボランテイア&忘年登山は総勢46名の大所帯でした。
朝倉市は7月5日~6日にかけて発生した「九州北部豪雨」により、死者38名、行方不明者3名の人的被害を含めて甚大な被害をこうむりました。
土砂で押しつぶされた家屋や地滑りしたむき出しの山肌、土石が堆積した果樹園など無残な光景に言葉がありません。
現在懸命な復旧工事が行われていますが、まだ10年以上の年数がかかると言われています。
我々のボランテイアの場所は朝倉市黒川の梨園でした。梨園の床に1メートルほどの堆積した土石を除去する作業です。黒川復興プロジェクトの「かしわだ氏」から作業内容の説明を聞き作業準備を始めますが、ここからのサンサン山倶楽部のメンバーの作業の段どりは見事です。誰から支持されることなく自分ができる作業の道具(かご、スコップ、一輪運搬車、機械式運搬車(ユンボ))を運び、適当な場所を見つけて作業を開始しました。
作業内容は、昨年の熊本の時よりも重労働でした、特に梨園なので木を傷つけない、腰が伸ばせない・・・現実でしたが、誰一人不平不満を言う者はおらず、和気あいあいと楽しく作業をしていました。ただ、作業中「休憩」の指示があっても、一旦は手を止めますが、1~2分後には作業を開始していました。作業に集中する姿に「凄いパワー」だなと感心しましたが、メンバーの年齢を考えると気になりました。
この度、サンサン山倶楽部のボランテイアに参加して、わずか一日ですが自らの身体で奉仕することができて、復興、復旧に役立ててうれしく感じました。

写真を添付します。
00P103059900P103060200P1030601000IMG_4446000P1030603000DSCN1317000IMG_4448000P1030604000P103060600DSCN132100DSCN132700DSCN132900DSCN133000IMG_445500IMG_445700IMG_446000IMG_446400IMG_446600IMG_446800IMG_447000IMG_447200IMG_447500IMG_447700IMG_447900IMG_448500IMG_448700P103060800P103061000P103061100P103061400P103061700P103061800P103062400P103062500P103062700P103062800P103063000P103063100P103063300P103063600P103064101DSCN134101P1030635

・写真をクリックすると拡大できます。
・写真、感想文提供は、TMさんでした、いつものことながらありがとうございます。感謝申し上げます。

・忘年登山は、12/12に掲載予定です。

2017.11.06~09 芦生の森ハイキング(京都)、現地ガイドと歩く特別研究保護林に松本ガイドが同行しましたので掲載します。

芦生の森
美山町を東西に流れる美山川の源流、美山町の北東にある、手つかずの天然林こそ、美山の豊かな水流と文化の源となる芦生の森です。植物や動物、昆虫などの生態が豊富で、大都市に近い低山地としては非常にめずらしい森林となっています。現在は京都大学芦生研究林として管理されています。
大自然を体感できる場所として多くのハイカーがこの芦生の森に訪れるようになりましたが、もともと多くの入山者を想定していない管理林であり、最近では様々な環境負荷が問題になっています。
豊かな自然を次の世代に繋げていくためにも、ルールを守ったハイキングをお願いいたします。

今回は名門大洋フェリーを利用して、船中2泊、ゆったりと充実した内容で計画しました。又、現地の「河鹿荘」に宿泊して、2コースを体験しました。台風余波で2日前まで入山ができなかったのを関係者が復旧して、実施することができた次第です。

2日目 【芦生の森ハイキング・下谷・ブナノキ峠コース】
前半のブナノキ峠では、ブナの林に出会えます。後半の下谷林道ではトチの巨木が広がるトチノキ平や大カツラの巨木など、見どころが多いコースです。
(行程)文化村-芦生-ブナノキ峠(標高939m)…下谷林道…長治谷作業所-芦生-文化村
【歩行距離約7km、標高差約300m、歩行時間約5時間、バス乗車時間往復約2時間】
2-01IMG_36952-02IMG_36612-03IMG_36732-04P10303352-05ケヤキ峠_37132-06IMG_37272-07IMG_37472-08ブナノキ峠P10303492-09ケヤキ峠P10303592-10IMG_38832-11IMG_40712-12IMG_39072-13IMG_39332-14IMG_40342-15IMG_39442-16IMG_39512-17IMG_39572-18P10303692-19P10303722-20IMG_40402-21P10303762-22P10303782-23IMG_40692-24IMG_40652-25IMG_40732-26長治谷P10303832-27IMG_4086

3日目 【芦生の森ハイキング・上谷、杉尾コース】
上谷は、由良川が始まる最初の一滴が流れはじめる谷です。源流域にはブナやトチの巨木があり芦生の森の魅力を象徴しています。杉尾峠では日本海を眺望できることもあります。
(行程)文化村-芦生-長治谷作業所…上谷…杉尾峠(標高765m)-芦生-文化村
【歩行距離約4km、標高差約125m、歩行時間約4時間、バス乗車時間往復約3時間】
3-00IMG_41053-01P10303873-03IMG_41253-04IMG_41343-05IMG_41433-06P10303913-07IMG_41553-08MG_41613-09IMG_41673-10IMG_41803-11P10304013-12IMG_41963-13IMG_42103-14IMG_42133-15P10304043-16IMG_42753-17IMG_42783-18IMG_43483-19IMG_43503-20P10304073-21由良川源流IMG_43793-22IMG_43803-23P10304123-24IMG_43853-25IMG_43833-26IMG_44013-27P10304173-28IMG_4413

・写真をクリックすると拡大できます。写真提供はTMさんです
いつもありがとうございます。

感想:「2日間の行程では、初日は晴天、2日目は雨後の曇天という比較的に天候に恵まれました。晴天の時は紅葉は強い射光を受けて、明るくキラキラと輝く様な美しい景色でした。一方、曇天のもとの紅葉はしっとりとした、やわらかい色合いで、心に染み入るような優しさを感じました。美しい自然の中に身を置くとき、人は自然と共生関係にある存在として認識することができると思います。「共生:とは他者を認めることです。この言葉はこれからの日本の進むべき大きな指針の一つではないでしょうか。
今を生きる人には世界随一ともいえる日本の四季の美しい自然を後世の人に引き継ぐ義務みたいなものを感じた2日間でした」

TMさんより頂いた文章です。感動しましたので抜粋して紹介しました。

西日本新聞社より 「季刊のぼろ」が6/28~創刊されます。
 グリーンウオークが廃刊になり、九州密着の専門誌がなくなり残念に思ってたところ
 新しい専門誌が発刊されることになり喜ばしいかぎりです。
                       201306201500_0001
  みなさん 手にとってごらんください。クリックすると拡大できます。

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

最近のコメント