登山の最近のブログ記事

2018.05.15~18 芦生の森ハイキングに悦子ガイドが行きましたので掲載します。芦生の森 :美山町を東西に流れる美山川の源流、美山町の北東にある、手つかずの天然林こそ、美山の豊かな水流と文化の源となる芦生の森です。植物や動物、昆虫などの生態が豊富で、大都市に近い低山地としては非常にめずらしい森林となっています。現在は京都大学芦生研究林として管理されています。
大自然を体感できる場所として多くのハイカーがこの芦生の森に訪れるようになりましたが、もともと多くの入山者を想定していない管理林であり、最近では様々な環境負荷が問題になっています。
豊かな自然を次の世代に繋げていくためにも、ルールを守ったハイキングをお願いいたします。

2日目 ブナの峠ハイキング
美山、茅葺の里巡り
2-01DSCF36302-02DSCF36322-03DSCF36332-04DSCF36372-05DSCF36362-06DSCF3638
植物観賞
2-07DSCF36422-08DSCF3643
いよいよブナの峠ハイキングです。現地では2名の専門ガイドさんがいろいろ説明をしてくれるので理解できます。
前半のブナノキ峠では、ブナの林に出会えます。後半の下谷林道ではトチの巨木が広がるトチノキ平や大カツラの巨木など、見どころが多いコースです。
(行程)文化村-芦生-ブナノキ峠(標高939m)…下谷林道…長治谷作業所-芦生-文化村
【歩行距離約7km、標高差約300m、歩行時間約5時間、バス乗車時間往復約2時間】

2-09DSCF36472-10DSCF36502-11DSCF36522-12DSCF36542-13DSCF36582-14DSCF36592-15DSCF36612-16DSCF36632-17DSCF36642-18DSCF36662-19DSCF36672-21DSCF36682-22DSCF36692-23DSCF3671
ブナの峠にて、記念撮影。
2-24DSCF36722-25DSCF36782-26DSCF36802-27DSCF36872-28DSCF36892-29DSCF36972-30DSCF37022-31DSCF37072-32DSCF37152-33DSCF3716
カツラ保存木。
2-34DSCF37262-35DSCF37242-36DSCF37292-37DSCF3728
サクラソウ。
2-39DSCF37362-40DSCF3737
河鹿荘にて、夕食風景。
2-41DSCF37442-42DSCF3743

3日目  上谷、杉尾峠コースハキング
上谷は、由良川が始まる最初の一滴が流れはじめる谷です。源流域にはブナやトチの巨木があり芦生の森の魅力を象徴しています。杉尾峠では日本海を眺望できることもあります。
(行程)文化村-芦生-長治谷作業所…上谷…杉尾峠(標高765m)-芦生-文化村
【歩行距離約4km、標高差約125m、歩行時間約4時間、バス乗車時間往復約3時間】

3-01DSCF37483-02DSCF37523-03DSCF37563-04DSCF37643-05DSCF37663-06DSCF37703-07DSCF37753-08DSCF37773-09DSCF37813-10DSCF37823-11DSCF37853-12DSCF37893-13DSCF37913-14DSCF3795
2日間、森から受ける恩恵、森のしくみ、輪廻転生、倒木更新、源流からの分水嶺など、大事にしないといけない自然を存分に学びました。
船から見る明石海峡、大橋。
3-15DSCF37993-16DSCF3812
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.13  国見岳~平家山縦走(五家荘、熊本県、九州百名山、一等三角点)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。
サンサン山倶楽部は、五家荘を極めよう・・・・ということで取り組んでまいりました、昨年すでに全コースを踏破しました。五家荘の山は平成23年11月に、全国で6番目、日本山岳遺産に認定されましたこともあり継続して計画しております
また、利用する民宿が素晴らしく、良く、対応してくれるからでもあります。

五勇谷登山口~国見岳~平家山~登山口
・・・・歩行距離11.7km、行動時間6.4時間、標高差計上933m下1009m・・・・・
登山口は倒木で進めませんでした。国見岳新登山口から登りました。
01P513270302P5132705
急登を登らないといけません。ブナ林が素晴らしいです。
03P5132707
04P5132709
山頂近くになると登山道も緩やかになり石楠花が現れました。
05P513271006P5132712
国見岳山頂1739m、一等三角点に到着
07P513271308P5132715
登頂記念。雨なので写真が旨く撮れていませんが、シャクナゲが綺麗です。
これから縦走路に入ります。

09P513271810P513271911P513272112P5132725
アップダウンを何度も繰り返して平家山に到着、広い尾根道なのでルートミスに注意が必要です。平家山登頂記念。
13P513272614P5132730
下山です。火事で焼けた所を下山します。
15P513273316P5132736
伐採地を下ります。丸太橋を渡ります。
17P513273818P5132739
沢を渡ります。平家山登山口に無事に下山しました。
19P513274220P5132743
・写真をクリックすると拡大できます。今日は雨で良い写真が撮れなくて残念。

2018.05.13  大金峰~小金峰縦走(五家荘、熊本県、九州百名山)に福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

登山口~大金峰~小金峰~往復~登山口
・・・・・歩行距離13.5km、行動時間6時間、標高差計±673m・・・・・
01登山口02登山口 (2)03大金峰山頂04攻分岐05小金峰へ06小金峰山頂07林道08攻分岐 復路09大金峰分岐 復路10無事に下山
今回は下山後、合流するために二本杉まで歩きました。
11登山口から2本杉茶屋へ12茶屋到着
・写真にカーソルを添えると説明文が出ます。

2018.05.12  京丈山~雁股山縦走(五家荘、熊本県、九州百名山)に徳永ガイド、福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

今日は天気に恵まれ、花もたくさん見ることができました。
11P512267512P5122680
ハチケン谷~京丈山~展望所~雁俣山~二本杉
・・・・・歩行距離11.8km、行動時間6.4時間、標高差計上803m下633m・・・・
ハチケン谷登山口。
01P512263802P5122642
ゲートの横を抜けて林道歩きです。
03P512264304P5122648
登山口に到着、ここから山道に入ります。小さな橋を渡り杉林へ。
05P512265306P5122654
その後、自然林の新緑の中を歩きます。京丈山1472mにて登頂記念。
07P512267208P5122674
展望所へ向かいました。ヤマシャクの群生です。
09P512268310P512267611P512267512P5122680
引き返して。分岐から雁俣山への縦走路です。
13P512268214P5122685
スズタケが現れました。雁股山への急登を登ります。
15P512268716雁俣山への急登
雁俣山1315m到着。登頂記念。
17P512269018P5122692
00P512268919P5122693

カタクリの花はありませんでした。二本杉へ到着。
20P5122695

本日見られた花達。
00P512264600P512264700P512264900P512265100P512265800P512266000P512266200P512266400P512266700P512266800P512267000P512267100P512268400P512268800P512268900P5122694
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.12  大権現神社~岳滅鬼峠~猫の丸尾~南岳~中岳~北岳~高住神社(英彦山系、福岡県、一等三角点)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。


このコースは英彦山を極めるシりーズのNO6、最終章コースです。
日本3大修験道の英彦山は、行者道(修験道)が張り巡らされ、往時をしのぶことができます。

大権現神社~岳滅鬼峠~猫の丸尾~南岳~中岳~北岳~高住神社
・・・・・・歩行距離8km、行動時間7.3時間、標高差計上980m下753m・・・・

大権現神社前が綺麗に舗装されており、登山客の駐車禁止の張り紙あり。バスを降りてストレッチするのに、神社の係員から注意を受けた。ほかの登山者は車をしゃくなげ荘まで移動していた。

3日間雨が降ってなく渡渉は無事にできましたが雨天後は十分注意が必要。特に下山時は渡渉が出来ない時に は登り返しになる。

01IMG_698902IMG_6991
植林帯を登っていきます。大南林道に到着しました。
03IMG_699304IMG_6994
三叉路を上に上がり道標の岳滅鬼山を目指します。岳滅鬼峠到着。
05IMG_699606IMG_6998
従是北豊前国小倉領の石柱。根の張り出した登山道を進みます。
絶壁箇所の下の木とブッシュが崩れ落ちているが、ロープが張ってあり注意して登れば問題なし。
ロープが緩い為にしっかり張った方が安定感あり安全。
残念ながらこの絶壁写真が撮れていない。

07IMG_699908IMG_7005
新緑が綺麗です。最低鞍部到着。
09IMG_700610IMG_7011
猫の丸尾1044m到着。開けた所で登頂写真。
11IMG_701412IMG_7017
籠水峠(こもりみずとうげ)。英彦山の岩壁。
13IMG_702214IMG_7023
鬼杉分岐に到着。材木岩から南岳の岩壁を通過して南岳へ向かいます。
15IMG_702516IMG_7026
南岳1200m、一等三角点到着。最高峰にて登頂写真。
17IMG_703018IMG_7032
英彦山・中岳が見えてきました。英彦山山頂1150mのポール。
19IMG_703320IMG_7034
英彦山頂にて登頂写真。縦走して北岳1192m
21IMG_703722IMG_7038
北岳登頂記念。北岳を下り高住神社へ向かいます。
23IMG_704324IMG_7046
北岳のシオジ林。望岳台分岐を通過します。
25IMG_704726IMG_7048
奇岩の案内板ができていました。高住神社到着。
27IMG_704928IMG_7050
高住神社Pへ無事に下りてきました。
29IMG_705330IMG_7055

本日見れた花達。
00IMG_699700IMG_700000IMG_700400IMG_7007
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.05  宇佐(USA)6山縦走(宇佐市、大分県)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。
2017.05.21のブログを添付します、比較してみてください。
http://www.33-yama-club.jp/blog/2017/05/post-1487.html

この企画は、ステップアップ、体力アップ、体力確認のために作成されました。
標高差計のように、アップダウン多く、ロープがシッカリ設置された内容でした。

香下~妙見山~谷山~石山~鬼落山~石井山~高山支城~高山登山口
・・・・歩行距離8.2km、行動時間7.4時間、標高差計上1158m下1146m・・・・
登山口
01IMG_695102IMG_6950
射場越、ここから妙見山往復です。
03IMG_695304IMG_695405IMG_695506IMG_6956
妙見山山頂。1座目、登頂記念。
07IMG_695708IMG_6961
射場に戻って。2座目谷山。
09IMG_696210IMG_6963
由布岳が見えていました。3座目石山。
11IMG_696512IMG_6969
4座目、鬼落山。
13IMG_697114IMG_6977
5座目、石井山。
15IMG_697816IMG_6980
6座目、高山支城。下山は高山登山口へ下りました。
17IMG_698218IMG_6984
・写真をクリックすると拡大できます。
皆さんキツイ行程を良く頑張りましたネ。

2018.05.04  船通山(鳥取県、中国百名山)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。

船通山(せんつうざん)は、鳥取県日南町と島根県奥出雲町との県境にある標高1,142mの山である。出雲地方では古来より「鳥上山(鳥髪山)」あるいは「鳥上峰(鳥髪峰)」とも呼ばれる。『古事記』によれば船通山の麓へ降ったスサノオは八岐大蛇を退治し、八岐大蛇の尾から得た天叢雲剣を天照大神に献上したという。
比婆道後帝釈国定公園の一部。この山から斐伊川が流れ下る。
山頂では毎年7月28日に天叢雲剣を発見した神話にちなんだ宣揚祭が執り行われる

船通山・・・落葉樹が多く紅葉の時期に来てみたい。珍しいお花も多く花の山でPR。途中雪も残っていた。
山頂はカタクリの群生地になっており最盛期にはきっと素晴らしかったと想像できる。今回ほとんど花が落ち種になっている。 夜の雨で残りのカタクリも下を向いたままになっていた。

上萩山登山口~健脚コース~船通山~一般コース~登山口
・・・・歩行距離3.5km、行動時間3時間、標高差計±437m・・・・・・
山頂にカタクリの群生
01P105020001P1050201
登山口出発。しばし舗装道を歩きます。
01P105014402IMG_6895
東屋到着。健脚と一般コースに分かれます、先に健脚を進みました。
03IMG_689704IMG_6899
登山道は整備されていて道標、避難小屋もあります。
05IMG_690005IMG_6903
階段状の登山道を登っていきます。
06IMG_690407P1050152
急登もあります。残雪が残っていました、昨夜の?
08IMG_690909P1050160
新緑の中を進んでいきます。船通山の謂れが書いてる道標。
09P105016210IMG_6911
名水分岐。残雪の中、このような階段を登っていきます。
11IMG_691712IMG_6924
イチイの古木。山頂に到着しました。
13P105017915P1050185
カタクリの群生が迎えてくれました。船通山山頂。
16IMG_693316IMG_6935
船通山1141m、中国百名山。登頂記念。
17IMG_693618P1050194
下山は一般道を下りました。往路に合流。
19P105021220P1050213
無事に登山口へ下りてきました。
21IMG_694322IMG_6945

本日出会えた花達。
00IMG_691900P105014600P105015000P105015300P105015400P105017100P105017400P1050208
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.03~04   岩樋山~道後山(広島県、中国百名山、一等三角点)と船通山に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。
最初に岩樋山~道後山(広島県、中国百名山、一等三角点)を掲載します。

月見ケ丘登山口~岩樋山~道後山~丸池~登山口
・・・・・歩行距離6km、行動時間2.4時間、標高差計±254m・・・・

登山口出発。東屋到着。
01IMG_685302IMG_6858
先に岩樋山へ向かいます。素晴らしい天気、平素の行いに感謝。
03P105008904P1050090
岩樋山到着。
05IMG_686006P1050092
登頂記念。道後山へ向かいます。
07P105009408P1050098
登山口に案内があるようにお花で有名です。穏やかな登山道、見えるは道後山です。
09IMG_686710P1050099
登山道にはケルンもあり、踏跡もしっかりあります。
11P105010512P1050107
道後山到着、一等三角点です。道後山登頂記念。
13P105011114P1050113
帰路は丸池経由で歩きました。
15P105011716P1050119
往路の場所へ帰ってきました。無事に下山しました。
17P105012918P1050132

本日出会えた花達。
00IMG_685600IMG_686400P105008600P105008700P1050118
・写真をクリックすると拡大できます。
・次号は船通山です。

2018.05.03~04 大崩山縦断(延岡市、宮崎県、九州百名山、一等三角点)に徳永ガイド、秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。
従来は、祝子川(ホウリガワ)から、坊主尾根、和久塚尾根の周回コースで実施していましたが、祝子川に食事ができる宿泊箇所がなくなり、今回は宇土内谷~縦断コースで
計画しました。

1日目 博多~千畳敷展望台~鹿川
千畳敷展望台に立ち寄りました。左は矢筈岳、右は比叡山。
1-01P50301691-02P5030172
素晴らしい眺めです。千畳敷登山口。
1-03P50301711-04P5030168

2日目
宇土内谷~大崩山~和久塚コース~祝子川登山口
・・・・歩行距離9.2km、行動時間9時間、標高差計上627m、下1019m・・・・
宇土内谷登山口出発。
2-01P50401962-02P5040197
アケボノが咲いていました。分岐。
2-03P50402042-04P5040205
石塚です、大崩山山頂はもうすぐです。
2-05P50402082-06P5040210
大崩山1643m、九州百名山、一等三角点。登頂記念。
2-07P50402152-08P5040217
和久塚尾根に向かいます。上和久塚取付、岩を巻いて登っていきます。
2-09P50402202-10P5040223
上和久塚にてハイポーズ。アケボノツツジが残っていました、今年は特に早く何時もの最盛期はありませんでした。
2-11P50402302-12P5040236
岩場の橋や、梯子を通過します。
2-13P50402382-14P5040239
立山の剱岳が岩の殿堂と言われていますが、大崩山も岩の殿堂です。
2-15P50402422-16P5040245
中和久塚です。後方は上和久塚。
2-17P50402462-18P5040249
断崖絶壁の様。下和久塚。
2-19P50402502-20P50402582-21P50402592-22P5040262
袖タキ。素晴らしい景観ですね。
2-23P50402642-24P5040270
面白い、滑稽な1コマ。まだハシゴの通過。
2-25P50402742-26P5040275
祝子川への道標。沢沿いに歩きます。
2-27P50402772-28P5040280
難関の祝子川の渡渉です、梯子が流され水量が多い時は超難関の渡渉です。
三里河原の分岐を通過して祝子川登山口へ向かいました。
2-29P50402852-30P5040293
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.30  犬山岳と白岩山に大坂ガイド、福村ガイドが登ってきましたので掲載します。
犬山岳は一等三角点でもありますが、今年の干支登山でもあります。
山腹の歌垣公園は白石町のHPで下記のように紹介されていますので、詳細をご覧ください。

https://www.town.shiroishi.lg.jp/asobou/ittokanba/_1741.html

歌垣公園~犬山岳~歌垣公園
・・・・・歩行距離1.5km、行動時間1.1時間、標高差計±157m・・・・・
01P430013302P430013403P430014104P430014705P430014806P430014907P430015408P430015309P430015510P430015911P430016212P430016113P430017014P430016915P4300167
竜王崎古墳公園
16P430017517P430017818P430017919P4300185
6号墳は内部まで見えるようになっています。
20P4300184

白岩山
集落~白岩山~集落
・・・・・歩行距離2.4km、行動時間35分、標高差計±200m・・・・
集落から歩き始めました。ミカン畑の所に道標が設置されていました。
21P430019022P4300193
樹林帯をぬけると白岩山に到着。
23P430019724P4300201
枝に白岩山のプラが下がっていました。登頂記念。
25P430020326P4300206
ミカン畑と梅の実がタワワに実っていました。
27P430021328P4300214
・写真をクリックすると拡大できます。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

アーカイブ