日本百名山の最近のブログ記事

2018.05.03~04 大崩山縦断(延岡市、宮崎県、九州百名山、一等三角点)に徳永ガイド、秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。
従来は、祝子川(ホウリガワ)から、坊主尾根、和久塚尾根の周回コースで実施していましたが、祝子川に食事ができる宿泊箇所がなくなり、今回は宇土内谷~縦断コースで
計画しました。

1日目 博多~千畳敷展望台~鹿川
千畳敷展望台に立ち寄りました。左は矢筈岳、右は比叡山。
1-01P50301691-02P5030172
素晴らしい眺めです。千畳敷登山口。
1-03P50301711-04P5030168

2日目
宇土内谷~大崩山~和久塚コース~祝子川登山口
・・・・歩行距離9.2km、行動時間9時間、標高差計上627m、下1019m・・・・
宇土内谷登山口出発。
2-01P50401962-02P5040197
アケボノが咲いていました。分岐。
2-03P50402042-04P5040205
石塚です、大崩山山頂はもうすぐです。
2-05P50402082-06P5040210
大崩山1643m、九州百名山、一等三角点。登頂記念。
2-07P50402152-08P5040217
和久塚尾根に向かいます。上和久塚取付、岩を巻いて登っていきます。
2-09P50402202-10P5040223
上和久塚にてハイポーズ。アケボノツツジが残っていました、今年は特に早く何時もの最盛期はありませんでした。
2-11P50402302-12P5040236
岩場の橋や、梯子を通過します。
2-13P50402382-14P5040239
立山の剱岳が岩の殿堂と言われていますが、大崩山も岩の殿堂です。
2-15P50402422-16P5040245
中和久塚です。後方は上和久塚。
2-17P50402462-18P5040249
断崖絶壁の様。下和久塚。
2-19P50402502-20P50402582-21P50402592-22P5040262
袖タキ。素晴らしい景観ですね。
2-23P50402642-24P5040270
面白い、滑稽な1コマ。まだハシゴの通過。
2-25P50402742-26P5040275
祝子川への道標。沢沿いに歩きます。
2-27P50402772-28P5040280
難関の祝子川の渡渉です、梯子が流され水量が多い時は超難関の渡渉です。
三里河原の分岐を通過して祝子川登山口へ向かいました。
2-29P50402852-30P5040293
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.01.28  雪山山行、天狗ケ城~中岳(日本百名山、九州百名山、九重連峰、大分県)に徳永ガイド、斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。
雪山山行なので、
アイゼン(6本爪以上)、目指し帽子、手袋ダブル(オーバーグローブ)、サングラス(又はゴーグル) スパッツ、ストックを装備しての山行でした。
よく、アイゼンは何本爪が良いですか?質問を受けるのですが、靴底に全般的に爪がある、8本~10本の方が良いのは当然で、4~6本爪は爪が少ない分、効きが少なく安定しないから8本以上をお勧めします。
但し、前爪のある12本などは氷壁などにトライするときは当然必要ですが、前に爪がある分、ひっかかる(ひっかける)など注意がひつようです。

ガスがかかり、風が冷たい山行でした。
ルートは、牧ノ戸峠~天狗ケ城~中岳~御池~牧ノ戸峠
・・・・歩行距離10km、行動時間5.3時間、標高差計±505m・・・・
牧ノ戸峠は車が少ない感じでした。いざ、登山開始。
01IMG_633002P1281701
樹氷、霧氷の中を登っていきます。
03P128170204IMG_6335
沓掛下を通過します。岩場をぬって進みます。
05IMG_633706P1281703
沓掛山です。ハシゴの下りは慎重に下ります。
07P128170508P1281706
凍っている梯子は滑るので要注意です。鉄梯子もアイゼンに注意しながら下ります。
09IMG_634110P1281707
でも、これぐらい積もっている方が歩きやすいかな?、扇ケ鼻分岐です。
11P128170912IMG_6345
避難小屋手前の岩場を通過。久住分れから天狗ケ城を目指します。
13P128171314P1281714
本日の目的の山、天狗ケ城。次に九州本土最高峰、中岳到着。
15IMG_634716IMG_6350
中岳登頂記念、誰が誰だかわかりません。中岳を下ります。
17P128172018P1281722
中岳を下り、避難小屋へ向かいます。避難小屋から御池へ向かいます。
19P128172420IMG_6354
この2枚は池の上、氷上です、如何に寒いか、でもこんな経験ができるのはこの時期、寒く無いと氷上歩きなどできないので良い体験です。
21P128172722P1281729
久住分れから往路を引き返しました。
23P128173024IMG_6357
無事に登山口(牧ノ戸峠)へ下山しました。白銀の世界、牧ノ戸峠。
25P128173626IMG_6359
・写真をクリックすると拡大できます

2017.11.23  黒岩山~大崩の辻~おにぎり山~こにぎり山縦走(九重山系、大分県)に秋山ガイド、福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

牧ノ戸峠~黒岩山~大崩の辻~牧草帯~おにぎり山~こにぎり山~青少年の家
・・・・・歩行距離7km、行動時間4.5時間、標高差計上270m下680m・・・・・・

*コースの総評として、黒岩山への登りでは くじゅう山域が見渡せ、また大崩の辻までは長者原の景色、大

崩の辻から下りの笹道、樹林帯を過ぎると湯坪、おむすび山、こむすび山とくじゅう長者原側の景色を堪能

できるコースでした。

*但し天候に左右されることが考えられ、霧が出た場合、大崩の辻からの下山コースは要コンパス方位下山が

必要かと考えます。

*今回は黒岩山付近から、曇空より天候が回復し、大変良い眺望で 皆様に満足頂けたかと思います。


*黒岩山への登りは くじゅう特有の粘土質の黒土で 滑り易い箇所、また段差がある箇所も少しはありましたが、

全員問題なく登り、山頂から根子岳、阿蘇、由布岳を見ながら記念撮影を行いました。

*当日は三俣山や星生山などの中腹より山頂まで降雪しており、牧ノ戸もかなり風もあり、気温も低かったので

すが、軽く汗が出る登りのため、ウエアの着込みすぎに注意が必要です。

牧ノ戸峠でストレッチ。目指す黒岩山。
01IMG_001102IMG_0014
泉水山分岐に上がってきました、目指すは黒岩山です。黒岩山登頂記念、人が多くて入りきりません。
03IMG_002004PB230012
山頂での1コマ。
05IMG_001806PB230014
樹氷の一歩手前。九重連峰は雪を被っています。
07PB23001508PB230019
縦走路の大岩を通過します。大岩に立っています。
09PB23001810PB230026
大崩の辻での記念写真。
大崩の辻からはまず稜線に沿ってテープを探す必要があり、踏み後が多数あるので注意が必要です。地熱発電所が進行方向です。 樹林帯に入ると今度は多数のテープがあり沿って進むと林道に出ました。

*林道を右(東)に進むと 右手に草の中にテープとケルンがあり、そこからトラバースして防火帯に出ました。

11PB23003412PB230036
林道下のトラバース。防火帯(牧草帯)に下りてきました。
13IMG_004814PB230037
少し東(右)に移動します。ススキの中を下山します、涌蓋山(小国富士)が綺麗です。
15IMG_005216IMG_0124
ススキが背の高さまであります。ススキを抜けました。
17PB23003918PB230048
おにぎり山で記念写真。こにぎり山へ向かいます。
19PB23005320IMG_0128
こにぎり山で展望を楽しむ。下山します。
21PB23005522PB230057
正式には「おにぎり山」:おむすび山、こむすび山も可愛いけど・・
下山口に全員無事に下りてきました。
23PB23005824PB230061
・写真をクリックすると拡大できます。

2017.10.07  剣山~次郎笈縦走(徳島県、日本百名山、四国百名山)と三嶺に秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。
最初に、剣山~次郎笈をお届けします。

見の越~剣山~次郎笈~大剣神社~西島駅+++リフト下山
・・・・・歩行距離5.6km、行動時間4.3時間、標高差計上836m下536m・・・・・

道標もあり難しい分岐等もなく進めるコースである。途中の見所と通過ポイントとして「刀掛けの松」を目指すと良い(下山時も大剣神社からの道標があり、エスケープルートとなる)

見の越P到着。剣山神社登山口より登山開始。
1-01P10209541-02P1020955
剣山神社にて安全祈願。ジグザグの登山道は整備されています。
1-03P10209571-04P1020958
自然林の中進みます。リンドウ。
1-05P10209611-06P1020963
西島駅到着、奥の建物右手に登山道。刀掛の松。
1-07P10209651-08P1020967
大剣神社、行場分岐。頂上ヒュッテ到着、
山頂直下の「山本宮宝蔵石神社」では御朱印帳の記載可能、また沢山のお守りを販売している。また横の「つるぎ山山頂ヒュッテ」でも飲食可能。今回は外のベンチで昼食を取った。
1-09P10209681-10P1020971
山本宮宝蔵神社。山頂近くのトイレ、
トイレは山頂側に登るが、とても綺麗であった。
1-11P10209721-11thumb_PA070536_1024
遊歩道も綺麗に整備されています。剣山1955m、日本百名山、四国百名山にて登頂記念。山頂標識周辺では写真撮影のみ、多数で食事するスペース等は無いので、ヒュッテ側が無難。
1-12P10209761-13P1020978
一等三角点はロープが張っていて進入禁止です。次郎笈を目指します。
山頂から次郎笈までも多少の登りではあるが。登山道が明瞭。分岐も標識あり。
1-14P10209801-15P1020982
ガスがかかり残念。分岐をすぎます。
1-16P10209831-17P1020987
次郎笈1930m到着。次郎笈、四国百名山にて記念の一枚。
1-18P10209931-19P1020999
紅葉が綺麗でしたが陽光の関係でイマイチ。大剣神社へ向かいます。
下りは大剣神社方向が眺望も良く、「二度見展望所」「御神水」など神社を含め見所がある。
1-20P10300041-21P1030006
紅葉の中を進みます。二度見展望所にて一枚。
1-22P10300091-23P1030012
大剣神社と奇岩。御清水。
1-24P10300131-25P1030022
大剣神社を後にします。西島駅に下りてきました。
1-26P10300261-27P1030029
駅からはリフトで下山しました,登山リフトでは寒いためジャケット着用とザックを前側にもちウエストハーネスを閉めて抱える。本日の宿泊はラフォーレです。
1-28P10300301-29thumb_PA070576_1024
雲海の先に塔の山かな?
1-30thumb_PA080582_1024
・写真をクリックすると拡大できます。
・次号は三嶺を掲載します。

2017.09.22~25 木曽駒ケ岳~宝剣岳~空木岳~越百山縦走(中央アルプス、長野県、日本百名山)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。
2600m以上の山、13座も縦走するタフなコースです。

同日出発で2017.09.22~24、「木曽駒ケ岳~宝剣岳~空木岳」の内容で原田ガイドが登ってきました。前後で空木岳まで行動しましたので掲載します。

1日目 ロープウエイ千畳敷駅~①中岳~②木曽駒ケ岳~宝剣山荘
・・・歩行距離2.6km、行動時間2.2時間、標高差計上383m下167m・・・・・

● ロープウェイで一気に千畳敷カールまで登る為に軽い高山病になる方が数名おられて初日の中岳~木曽駒ヶ岳登山は時間をかけてゆっくり歩いて高度順化させる方が良いと思います。

千畳敷を出発。神社にお参り、前方に宝剣岳、伊那前岳。千畳敷カールを登っていきます。
1-01P10207141-02P10207131-03DSC_3803
登山途中から振り返る。乗越浄土。
1-04DSC_38061-05IMG_5030
木曽駒ケ岳を目指します。1座目、中岳2925mに到着。
1-06DSC_38131-07IMG_5034
眼下に宝剣山荘。頂上小屋の向こうに木曽駒ケ岳。
1-08DSC_38161-09DSC_3820
花が有名な三ノ沢岳。木曽駒ケ岳に到着
1-10DSC_38251-11P1020734
2座目木曽駒ケ岳2956mと登頂写真。宿泊の宝剣山荘へ向けて下山します。
1-12P10207351-13P10207371-14DSC_3847
宝剣山荘、後は宝剣岳。人面岩?
1-15DSC_38551-16DSC_3856
宝剣山荘前。
1-17P1020741

2日目 宝剣山荘~③宝剣岳~④島田娘~⑤檜尾岳~⑥大滝山~⑦熊沢岳~⑧東川岳~木曽殿山荘
・・・・歩行距離7.4km、行動時間9時間、標高差計上271m下653m・・・・・

宝剣岳から仙涯嶺まではアップダウンが多く岩場、ザレ場(花崗岩が風化し小さい玉砂利状の小石が多く

登山道が傾斜しているところは滑り易くて危険であり、技術度は「4」にした方が良いと思います

登山道は宝剣から空木岳までは要所に赤のペイントで➡と×印のマークがあり道に迷う心配はないものの、

空木岳から仙涯嶺を超えるまでがペイントがほぼ消えており天気は良い時は登山道がかすかに確認できるが、

雨天時、ガスがかかっている時は登山道がわかりにくく、小さな沢が登山道に見えて道迷いの可能性大

悪天候時は十分注意が必要です。場合によっては登山を見合わせることも考える。

山荘を出発します。宝剣岳取付、岩場の通過です。
2-01P10207432-02P1020745
鎖がシッカリ設置されています。
2-03IMG_50482-04IMG_5050
雨の時は鎖が滑るし、岩が滑るので要注意です。三座目、宝剣岳2931m
登頂写真、越百山組
2-05P10207482-06IMG_5051
空木岳組の登頂記念。下山は尚危険
2-07P10207512-08IMG_5054
滑落したら一巻の終わり。
2-09P10207542-10P1020757
さらに岩場の上り。ピークを越えて。
2-11IMG_50622-12DSC_38672-13IMG_5063
岩場を越えて進みます。
2-14IMG_50652-15P1020762
中央アルプスは岩場の連続。三ノ沢岳分岐。
2-16P10207632-17P1020764
極楽平到着しました。登山道を整備していました、感謝申し上げます。
2-18IMG_50672-19DSC_38702-20P10207682-21IMG_5077
この一枚イイネ~。
2-22P10207692-23IMG_5079
次から次へ現れる岩場を通過していきます。
2-24P10207722-25DSC_38792-26DSC_38812-27P10207752-28P10207772-29P10207802-30P1020787
5座目、檜尾岳2728mにて登頂写真、4座目の道標がはっきりしていなくて、写真がありません。大滝山を目指します。
2-31檜尾岳IMG_50822-32IMG_50852-33DSC_38932-34DSC_38992-35P1020806
ここの岩場は手づかみが大変。
2-36IMG_50882-37P1020809
岩の割れ目につかまりトラバース、下でウオッチする原田ガイド。
次は段差が大きく掴みどころがないのでスリングを利用して引き上げる原田ガイド。
2-38P10208102-39P1020812
狭い所を通過します。7座目、熊沢岳2778m登頂写真。
2-40P10208132-42DSC_39092-43P10208142-44P10208202-41IMG_50982-45P1020823
8座目、東川岳2671m。登頂写真。
2-46IMG_51032-47IMG_5104
一気に下って木曽殿山荘へ。
2-48IMG_51082-49DSC_3921
本日の宿泊、木曽殿山荘。明日の空木岳。

木曽殿山荘のご主人には非常によくして頂きました。
水が洗面用、歯磨き用が無く水場に行くか?持参必要あり水場まで往復20分

2-50IMG_51112-51P1020835
本日見られた花や紅葉。
2-00DSC_38752-00DSC_38882-00DSC_39012-00DSC_39022-00IMG_50862-00P10207892-00P10207912-00P10208012-00P1020802

3日目 木戸殿山荘~⑨空木岳~⑩赤椰岳~⑪南駒ケ岳~⑫仙涯岳~⑬越百山~越百小屋
・・・歩行距離6.9km、行動時間9時間、標高差計上540m下682m・・・・・

空木岳への上り。
3-01IMG_51133-02DSC39253-03DSC_39313-04IMG_51183-05P10208423-06DSC_3942
第一ピーク手前より御岳、乗鞍岳。第一ピーク。
3-07DSC_39443-08P1020844
さらに岩場を抜けていきます。
3-09DSC_39533-10DSC_39563-11P1020849
右の写真、良いアングルでしょう?後方は御岳。
3-12P10208503-13P1020852
岩場を乗り越え、空木岳に到着。
3-14P10208533-15P1020855
9座目、空木岳2864m。空木組、越百組、合同登頂写真。
3-16P10208583-17IMG_5127
空木組はここでお別れ、下山します。
3-18P10208603-19P1020862
赤椰岳を目指します。
3-20P10208653-21P1020872
10座目、赤椰岳2798m、登頂記念。避難小屋分岐、南駒ケ岳を目指す。
3-22IMG_51333-23P1020880
岩場を抜けて、11座目南駒ケ岳2841m到着。
3-24P10208833-25DSC_4032
南駒ケ岳、登頂記念。仙涯嶺を目指します。
3-26P10208873-27IMG_5145
仙人が棲んでいるような断崖、絶壁下を通過。
3-28P10208953-29P1020896
12座目、仙涯嶺2734m、登頂記念。
3-30P10209013-31IMG_5152
越百山へ向かいます。歩いてきた山を振り返る。
3-32P10209073-33IMG_5157
13座目、越百山2613m到着。越百山登頂記念。
3-34P10209113-35IMG_5162
岩場から樹林帯に入りました。紅葉が始まっていました。
3-36P10209153-37P1020917
越百山荘到着。
3-38IMG_51663-39IMG_5167

小屋は小さいが非常に綺麗にされていて、食器、小屋の設備品もセンスが良くて、食事も豪華ではありませんが心のこもった料理

を頂きお客さ藻にも好評でした。ほとんどの方が完食されました。管理人伊藤さん夫婦大変よくしていただき感謝しています。

色んな事も親切に教えて頂きました。WC 2箇所 寝床は食堂の下で11名宿泊可能。ザックは小屋の隣の(昔の避難木屋)にありザック置き場と着替えに使用できる

小屋の宿泊MAX定員は15名のみ。食堂・寝室には17:00までは入れず、小屋の隣(昔の(避難木屋)又は外のベンチで時間を過ごす。

寝室はシュラフと毛布、枕あり20時まではストーブに火をつけて頂く。寝室にペットボトルを持ち込み可能(事前確認したほうが良い。寝床には貴重品とヘッドライト以外持ち込み禁止。 小屋内のみならず全山禁煙です。



4日目 越百小屋~福栃平~今朝沢登山口
・・・・歩行距離5.7km、行動時間3.3時間、標高差計下1252m・・・・

登山口のケサ沢までの林道が崖崩れで通行止めの時があり、コスモ小屋のご主人がケサ沢まで車で来られ

ケサ沢に駐車しているために事前に越百小屋のご主人の携帯に電話し確認する方が良いと思います。

越百小屋ではDOCOMOは圏内です。

伊藤夫妻を囲んで越百山荘前にて記念写真。下山道から御岳、乗鞍岳。
4-01P10209204-02IMG_5180
水場
4-03P10209274-04P1020928
やせ馬の背。下のコル。
4-05P10209324-06P1020933
堰を通過。福栃平に下りてきました。
4-07P10209354-08P1020937
福栃平の道標。越百山荘のマイカー。
4-09IMG_51884-10P1020945
今朝沢の登山口に無事に下山しました。
4-11P10209484-12P1020950
・写真をクリックすると拡大できます。
・写真提供に協力いただいたMKさん、ありがとうございました。

2017.09.20~23 大雪山縦走と十勝岳、四季彩の丘(北海道、日本百名山)に楠木ガイドが登ってきましたので掲載します。

2日目 大雪山縦走
銀泉閣・・ロープウエイ、リフト、七合目~黒岳~北海岳~間宮岳~旭岳~姿見~ロープウエイ
・・・・・歩行距離12.5km、行動時間8時間、標高差計上1039m下933m・・・・

ロープウェイとリフト乗り継いで7合目歩きだしから雨具装着。雨はそれほど強くない。黒岳山頂から先は終日風が強くなったり弱くなったりだった。黒岳石室から先の渡渉3か所。御鉢平からの流れなので渡渉不可になることはめったにない。この辺りで一旦天気回復するがその後の稜線歩きはかなりの強風。間宮岳までのルート、今回の左回りの方が、草紅葉や原生自然の風景が見られるので中岳を経由する右回りよりいいと思う。旭岳キャンプ指定地からの登りは雪渓を左に見ながら砂礫の急登。ただ路面締まっており滑ることない。姿見の池近くなると噴気ガスが登山道に流れていて念のため、タオルなどで口を覆ってもらう

5合目までロープウエイ、リフトで7合目。 7合目から歩きだす。
2-01IMG_13142-02IMG_1317
残念ながら雨。そして視界がない。
2-03IMG_13192-04IMG_1325
1座目黒岳1984m登頂記念。石室へ向かいます。
2-05IMG_13272-06IMG_1328
雪渓が残っている。石室到着、有料だが@200トイレがあるので助かる。
2-07IMG_13292-08IMG_1331
一瞬天気回復? 渡渉。
2-09IMG_13372-10IMG_1338
雪渓を横目に見ながら進みました。2座目北海岳2149m登頂記念。
2-11IMG_13412-12IMG_1345
3座目間宮岳2185m登頂記念。ガスの中を進む。
2-13IMG_13462-14IMG_1350
4座目、主峰の旭岳2290m登頂記念。旭岳を下山。
2-15IMG_13532-16IMG_1355
相変わらず天気が回復しないし、風も強い。姿見駅からロープウエイで下山します。
2-17IMG_13582-18IMG_1360
大雪山を振り返る。
2-19IMG_1369
・写真をクリックすると拡大できます。

3日目 望岳台~十勝岳、往復登山
・・・・歩行距離10.5km、行動時間7.2時間、標高差計±1145m・・・・・

昨日とうって変わって無風快晴。望岳台の施設、トイレ含めキレイになっている。行く手の噴気ガスの流れで山頂付近の風の状態がだいたい予想できる。(今回は真っすぐ上がっていて大丈夫)避難小屋は建て替えられキレイになっている。トイレなし。避難小屋からの登りルートファインデイング多少必要。(登りやすい所を探すという程度だが)昭和火口縁まで登り続くが登り切ると火口を隔てて美瑛岳が美しい。この手前で十勝岳が眼前に見えてくる。山頂へ続く稜線へ登るまで噴気ガスが充満していてタオルなどでマスクする。(風がないことの代償)山頂は最高の展望。帰りにドライバーさんの好意でホテルから少し先の「青い池」に立ち寄る。

昨日とうってかわって快晴。望岳台から登山開始、十勝岳、美瑛富士が良く見えています。
3-01IMG_13773-02IMG_1380
天気が良いのでルンルンかな? 富良野岳もクッキリ。
3-03IMG_13823-04IMG_1383
道標。避難小屋。
3-05IMG_13863-06IMG_1389
急登を登っていきます。火口縁まで上がってきました。
3-07IMG_13913-08IMG_1397
美瑛富士。道標。
3-09IMG_13993-10IMG_1401
火山らしい風景を歩きます。
3-11IMG_14053-12IMG_1409
噴煙を見ながら一休み。十勝岳には先遣隊が見えます。
3-13IMG_14133-14IMG_1414
十勝岳2077m登頂記念。グライダー?偵察飛行?
3-15IMG_14173-16IMG_1418
下山します。
3-17IMG_14293-18IMG_1434
美瑛富士が綺麗に見えています。大分下りてきました。
3-19IMG_14393-20IMG_1445
下山口付近から十勝岳を振り返る。望岳台にてパチリ。
3-21IMG_14493-22IMG_1452

写真をクリックすると拡大できます。

4日目 四季彩の丘(美瑛)に立ち寄り新千歳~福岡空港
4-01IMG_14604-02IMG_14644-03IMG_14654-04IMG_1478

皆さん大雪山は雨、強風で大変でしたね。
でも山頂に立てたのは良かったです。
・写真をクリックすると拡大できます。

2017.09.09~12、3泊4日で雨飾山と火打山~妙高山縦走(新潟、長野県、日本百名山)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。

1日目 新潟空港~親不知見学~雨飾山荘(泊)
不知火道の駅。不知火の案内板。
1-01IMG_48121-02IMG_4813
展望台。海抜0m~3000mの栂海新道登山口。
1-03IMG_48151-04IMG_4818
ウエストン像と案内板
1-05IMG_48211-06IMG_4822
栂海新道開発者。
1-07IMG_48231-08IMG_4824
海抜0m。
1-09IMG_48271-10IMG_4830

雨飾山荘 宿のたたずまい、おもてなし、料理(弁当も含め)、温泉(露天風呂の都忘れの湯)

料理に心がこもっており美味しくいただけました。弁当も心がこもっておりおにぎりはキッチンペーパーで

つつんで海苔が水っぽく無くておいしかった。今回もクライアントから好評でした。

1-11IMG_48341-12IMG_4835

2日目 雨飾山荘(新潟県)~雨飾山~登山口(長野県)
・・・・歩行距離8.5km、行動時間7.4時間、標高差計±855m・・・・
雨飾山荘から雨飾山頂~小谷分岐から小谷キャンプ場に下山する縦走コースでした。

山頂は双耳峰で眺望がよくこれから登る火打山~妙高山や北アルプスが一望できる

小谷に下山後、小谷村の露天温泉(無料)の温泉に入り笹ヶ峰グリーンハウスに移動する。

薬師尾根を登りました。最初は樹林帯。
2-01IMG_48402-02IMG_4843
梯子がありました。いっぷく処。
2-03IMG_48492-04IMG_4851
中ノ池から梶山新湯・分岐に上がってきました。
2-05IMG_48542-06IMG_4861
急登を登って雨飾山に到着。南峰です登山者がいます。
2-07IMG_48642-08IMG_4866
北峰到着。火打山が見えています。
2-09IMG_48672-10IMG_4869
百名山1座目、雨飾山1963m登頂記念。
2-11IMG_48732-12IMG_4872
南峰にも行きました。
2-13IMG_48762-14IMG_4878
分岐まで引き返して笹平から長野県側に下山です。岩場があります。
2-15IMG_48792-16IMG_4880
長野県側は標高が11等分されています。荒菅沢からブナ平です。
2-17IMG_48832-18IMG_4884
雨飾高原キャンプ場に下りてきました。
2-19IMG_48892-20IMG_4887
案内板にも11等分の説明があります。無事下山の記念。
2-21IMG_48882-22IMG_4894
本日見られた花達。
2-00IMG_48422-00IMG_48522-00IMG_48532-00IMG_48552-00IMG_48572-00IMG_48582-00IMG_4860

3日目 笹ヶ峰~高谷池~火打山~茶臼山~黒沢池ヒュッテ(泊)
・・・・歩行距離12.7km、行動時間8.2時間、標高差計上1214m下507m・・・・
火打山は歩き始めて1時間半は木道を歩き12曲りを経て高谷池ヒュッテ~天狗の庭の木道から雷鳥平~火打山山頂に至る歩きやすい登山道です。距離はあるものの危険な箇所も少なく初心者向けのルートですが、登山道はバラエティな景色が楽しめる山だと思います。

笹ヶ峰登山口から歩きます。木道が設置されて歩きやすいです、黒沢です。
3-01IMG_49003-02IMG_4905
12曲り。黒沢池分岐(地図では富士見平)
3-03IMG_49103-04IMG_4912
高谷地ヒュッテに向かいました。
3-05IMG_49183-06IMG_4919
高谷池です。火打山、黒沢池分岐。
3-07IMG_49203-08IMG_4921
天狗の庭。木道を進み、階段を登ると雷鳥平から火打山です。
3-09IMG_49243-10IMG_4927
百名山2座目、火打山2462m到着。火打山登頂記念。
3-11IMG_49313-12IMG_4933
雷鳥平から来た道を引き返します。
3-13IMG_49343-14IMG_4939
往路を外れて黒沢池を目指します。ナナカマドは秋支度。
3-15IMG_49403-16IMG_4942
茶臼山2171mです。向こうにヒュッテが見えています。
3-17IMG_49473-18IMG_4948
独特の建築様式のヒュッテ。ヒュッテに無事到着。
3-19IMG_49503-20IMG_4951

新しいスタッフのマネジャーのマーク・ライアンさんとネパール従業員サミエルさんと親しくして頂き、クライアントに500MLビール6本頂いた。黒沢ヒュッテの電気配線故障で電気がつかなくマーク・ライアンさんが困っていたので修理を手伝い回復する。

3-21IMG_49523-22IMG_4955
本日出会えた花達。
3-00IMG_49283-00IMG_49293-00IMG_49373-00IMG_4949

4日目 黒沢池ヒュッテ~妙高山~燕温泉P
・・・歩行距離6.8km、行動時間6.5時間、標高差計上542m、下1458m・・・
妙高山は黒沢池ヒュッテからの登山開始になる為に登りは比較的短時間で登頂ができますが、下山は燕温泉に降りるルートは下山に3時間40分ほどかかり、急斜面に鎖場、岩場が1時間ほど続き、特に雨の時は注意が必要。

大倉乗越。急登の歩きにくい登山道を登っていきます。百名山3座目、妙高山2454mにて登頂記念。
4-01IMG_49644-02IMG_4968
日本岩に向かいます。神社にお参りしました。
4-03IMG_49694-04IMG_4971
お参り後、岩場を下りますが雨なので特に要注意です。
4-05IMG_49754-06IMG_4979
鎖を使い慎重に下山するので時間がかかりました。
4-07IMG_49824-08IMG_4984
風穴。光善寺池です。
4-09IMG_49874-10IMG_4991
天狗堂。称名滝に下りてきました。
4-11IMG_49934-12IMG_4996
妙高山登山口(燕温泉)に下りてきました。最終ポイントのバス駐車場に
無事に下りてきました。日本百名山3座無事に終了しました。

4-13IMG_49994-14IMG_5004
・写真をクリックすると拡大できます。

2017.09.04~07 羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳(北海道、日本百名山三座)に楠木ガイドが登ってきましたので掲載します。

1日目 女満別空港~オシンコシン滝~知床(泊)
この日は、登山口の「地の涯」が休業中につき、国民宿舎「桂田」に宿泊しました。テラスでバーベキューで、なかなか雰囲気が良かった。
1-01DSCN56211-02DSCN5624

2日目 宿=登山口~羅臼平~石清水~羅臼岳~往復~登山口=宿
・・・・歩行距離12.8km、行動時間9.3時間、標高差計±1427m・・・・・
羅臼岳:大沢口までは緩やかな上り⇒羅臼平までは谷沿いの上り、⇒岩清水から急登、北方領土が見える 山頂直下は岩場で注意を要する⇒山頂、360度の展望、狭い。山頂直下は岩場なのでストック収納して登ったほうが良い。
木下小屋登山口。知床は熊のメッカ、情報が書かれていました。
2-01DSCN56392-02DSCN5640
一緒に歩けば問題ない?オホーツク展望台~弥三吉永~銀霊水と経由して登ります。
2-03DSCN56422-04DSCN5650
地元の登山者が先に登っていましたので少し安心。
2-05DSCN56522-06DSCN56532-06DSCN56552-07DSCN5658
空も青、オホーツクも青、良い天気です。樹林帯を抜けて大沢(頂上まで2km)付近。
2-08DSCN56592-09DSCN5664
羅臼岳が顔を見せてきました。羅臼平です。
2-10DSCN56712-11DSCN5674
木下弥三吉翁のレリーフがあります、熊ボックスもあります。ハイマツ帯を登っていきます。
2-12DSCN56782-13DSCN5681
岩場になってきました、石清水です。羅臼岳1661mに到着、後は硫黄岳。
2-14DSCN56832-15DSCN5687
羅臼岳登頂記念。国後、エトロフ島が見えています、北方4島は何時返してくれるのかな?ロシアさん。
2-16DSCN56942-17DSCN5697
同じ道を引き返して、羅臼平まで下山してきました。
2-17DSCN56992-18DSCN5703
同じ道を引き返して、上ってきた羅臼岳を振り返る。
2-19DSCN57072-20DSCN5716
無事に木下小屋登山口へ下山しました。本日は移動して清里温泉に宿泊です
2-21DSCN57172-22DSCN5719


3日目 宿=登山口~沢コース~斜里岳~新道~登山口=宿
・・・・歩行距離7.9km、行動時間7.2時間、標高差計±884m・・・・
今回は増水していなかったので行きは旧道(沢コース)帰りは新道(尾根コース)。 沢コース(旧道)は少し難しい所あるが問題なし。
清岳荘から歩き始めます。登山口。
3-01DSCN57213-02DSCN5722
最初は樹林帯。すぐに沢歩きです。渡渉が13回ほどありますので大雨、雨後は沢コースは歩けません。
3-03DSCN57243-04DSCN5727
3-05DSCN57283-06DSCN5731
羽衣の滝。方丈の滝など通過していきます。
3-07DSCN57333-08DSCN5735
飛び石わ渡ったり。倒木を避けて。
3-09DSCN57363-10DSCN5739
岩壁を登ったり。
3-11DSCN57403-12DSCN5742
流れの横壁を通過したり、なかなかエキサイトなコースです。
3-13DSCN57433-14DSCN5745
上二股に上がってきました。ここから沢を外れて急登を登っていきます。
3-15DSCN57473-16DSCN5757
馬の背に上がってきました。山頂はまだ先です。
3-17DSCN57593-18DSCN5764
さらに急登を山頂を目指します。
3-19DSCN57673-20DSCN5768
斜里岳1547m到着。斜里岳登頂記念。
3-21DSCN57743-22DSCN5770
上二股まで引き返してきました。ここから尾根道(新道)歩きです。
3-23DSCN57753-24DSCN5778
下二股で往路と合流して元来た道を下山しました。
3-25DSCN57823-25DSCN5788
無事に下山の登頂記念、宿(阿寒湖温泉)に向かいます。
3-26DSCN5789
途中の摩周湖をバックに記念写真。♪歌では霧に抱かれた・・・ですが良く晴れていました。
3-27DSCN57933-28DSCN5794

4日目 宿=雌阿寒登山口~雌阿寒岳~オンネトー登山口=女満別空港
・・・・歩行距離7.2km、行動時間4.2時間、標高差計上788m下855m・・・・・
山頂からオンネトー側への稜線で風向きによっては噴気ガス注意。1部区間タオルで口を覆って下ってもらった。
雌阿寒登山口より登山開始。
4-01DSCN57994-02DSCN5800
1合目。最初は樹林帯の中を歩いて行きます。
4-03DSCN58034-04DSCN5805
樹林帯を抜けると火山らしい景色が出てきます。
4-05DSCN58084-06DSCN5811
5合目、8合目と登っていきます。
4-07DSCN58144-08DSCN5816
9合目に上がってきました。
4-09DSCN58184-10DSCN5819
噴火口です。
4-11DSCN58224-12DSCN5823
雌阿寒岳1499m、登頂記念。
4-13DSCN58254-14DSCN5828
オンネトーへ下山です。風向きで噴気ガスに注意して下りました。
4-15DSCN58294-16DSCN58324-17DSCN58374-18DSCN5839
オンネトー登山口へ無事に下山しました、北海道道東の百名山3座無事に終了しました。そばのオンネトーで記念写真。
4-19DSCN58404-20DSCN5844

・写真をクリックすると拡大できます。

2017.09.02~05 剱岳~立山縦走(富山県、日本百名山)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。
岩と氷の殿堂と言われる剱岳は、これでもか、これでもかと言われるぐらい岩峰の上り下りが連続して、この踏破ができない人は登る資格がないことになります。ただ、点の記で映画化されてから鎖がしっかり設置されて、ハーネス、スリング、カラビナを利用して滑落しない手法で登れるので大分楽に登れることは確かです。

1日目 室堂~剣山荘(泊)
・・・・・歩行距離4.5km、行動時間3.3時間、標高差計上493m下446m・・・・
雷鳥沢を渡ります。別山乗越へのキツイ登りです。
1-01P90209811-02P9020983
剱御前小屋が間もなくです。剱御前小屋に到着。
1-03P90209841-04P9020986
小屋前で剱岳を望む、剱岳は恥ずかしそうに雲の中。小屋を後にして剣山荘を目指します。
1-05P90209881-06P9020990
剣山荘の道標。剣山荘はガスのなかです。
1-07P90209931-08P9020994

2日目 剣山荘~前剣~タテバイ~剱岳~ヨコバイ~剣山荘(泊)
・・・歩行距離3.6km、行動時間8時間、標高差計±536m・・・・・
剣山荘を出発。剱岳別山尾根の道標。
2-02P90309992-03P9031001
案内のように鎖が出てきました。全て鎖に頼らずに三点確保で通過します。
2-04P90310032-05P9031005
荒々しい剱岳。立山連峰、剣沢小屋を振り返る。
2-06P90310072-07P9031013
前剣岳2813m到着。岩場を通過して前進。
2-08P90310152-09P9031016
狭いハシゴを渡り、大岩をトラバースします、眼下は千尋の谷です。
今度は鎖を利用しながら下ります、鎖を握り、少し体を離すと足元が見れるので、その手法で下ります。
2-10P90310182-11P9031019
今度は登りです、足元(ステップ)確認してください。又、下りです。
2-12P90310212-13P9031023
また岩峰登り。トラバースです。
2-14P90310262-15P9031027
カニのタテバイの取付。ステップはピンが打ちこまれているので利用します。
2-16P90310282-17P9031029
動作にはカラビナなど利用して安全確保しての通過です。
2-18P90310322-19P9031034
山頂下へ上がってきました。剱岳2998m登頂記念。
2-20P90310362-21P9031039
下りはより慎重に進まないといけません。
2-22P90310402-23P9031042
とにかく落ちないこと、落ちたら残るのはヘルメット、ザックのみ?
カニノヨコバイ、取付が一苦労です。
2-24P90310432-25P9031045
ヨコバイ通過して今度はハシゴの下りです。
2-26P90310462-27P9031047
梯子を下ったら鎖の下り。岩場のトラバース。
2-28P90310482-29P9031049
岩場の通過、雷鳥がいても気を抜けません。
2-30P90310502-31P9031051
前剣まで引き返して、少しなだらかな下りです。
2-32P90310532-33P9031054
剣山荘を目指します。
2-34P9031055

3日目 剣山荘~別山~真砂岳~大汝山~雄山~雷鳥荘(泊)
・・・歩行距離8.9km、行動時間9時間、標高差計上659m下755m・・・

剣山荘の夜明け。朝の立山連峰 
3-01P90410573-02P9041058
剱岳を背に出発です。剱御前小屋から剱岳。
3-03P90410623-04P9041063
剱御前小屋を出発。別山2874mにて登頂記念。
3-05P90410653-06P9041069
ダムの向こうに針ノ木岳蓮華岳。別山を下ります。
3-07P90410713-08P9041073
真砂岳2861m登頂記念。富士折立、大汝山二に続く稜線。
3-09P90410753-10P9041076
下界に室堂方面。登りになりました。
3-11P90410773-12P9041078
黒部ダムと後立山。遠く槍ケ岳。
3-13P90410813-14P9041082
富士折立2999m。大汝山3015m登頂記念。
3-15P90410833-16P9041087
大汝休憩所。さらに雄山を目指します。
3-17P90410943-18P9041095
雄山神社が見えてきました。雄山3003mに到着。
3-19P90410963-20P9041098
雄山~一の越山荘への下り。室堂乗越に下りてきました。
3-21P90411013-22P9041103
雷鳥荘への上り。雷鳥荘(本日の宿泊、温泉は24hは入れます)に到着
3-23P90411043-24P9041105
・写真をクリックすると拡大できます。

4日目 雷鳥荘~室堂に歩いて、称名の滝へ向かい見学、入浴、昼食して小松空港から福岡へ帰福しました。写真などは前号の「ゆっくり立山」で娯楽下さい。

2017.09.02~05 ゆとりの立山縦走(北アルプス、富山県、日本百名山)に大坂ガイドが登ってきましたので掲載します。

4日間、好天の中での山行で、又、高山植物、雷鳥も見られてよかったとのアンケートでした。

1日目 室堂~雷鳥荘(泊)
・・・・歩行距離1.3km、行動時間1時間、標高差計上16m下65m・・・
室堂はガスの中でした。お花畑が広がっていました。
1-01P90201861-02P9020187
雷鳥がいました。雷鳥荘に宿泊です。
1-03P90201891-04P9020191
眼下に雷鳥平、室堂乗越。立山連峰も見えてきました。

1-05P90201981-06P9020200

2日目 雷鳥荘~一の越~雄山~大汝山~真砂岳~別山~御前小屋(泊)
・・・・歩行距離5.4km、行動時間8時間、標高差計上655m、下248m・・・・
2日目、晴天の中を出発。室堂へ向かいます。
2-01P90302042-02P9030207
室堂山荘から浄土山。室堂乗越。
2-03P90302082-04P9030212
雪渓が残っています。トラバースします。
2-05P90302162-06P9030218
一の越へ登っていきます。一の越山荘に到着しました。
2-07P90302232-09P9030224
槍ケ岳も見えています。後立山連峰も見えています。
2-10P90302262-11P9030227
眼下に雷鳥平方面。雄山への急登の上り。
2-12P90302292-13P9030230
落石に注意しながら登っていかないといけません。
2-14P90302372-15P9030238
雄山3003mに到着しました。山頂神社にも参拝しました。
2-16P90302422-17P9030244
雄山登頂記念。雄山から下山して縦走コースに向かいます。
2-18P90302552-19P9030258
大汝山3015m、立山連峰最高峰。大汝小屋で昼食、休憩します。
2-20P90302632-21P9030264
眼下に雷鳥荘、雷鳥平方面。縦走ろはクッキリ見えています。
2-22P90302662-23P9030271
真砂岳。別山です。
2-24P90302732-25P9030278
別山登頂記念。本日の宿泊は剱御前小屋です。
2-26P90302842-27P9030286
目の前が剱岳(岩と氷の殿堂)がクッキリ見えています。サンサン山倶楽部の別グループが登っています。
2-28P9030291
本日見られた花達。
2-00P90302132-00P90302152-00P90302312-00P9030239

3日目 御前小屋~室堂乗越~雷鳥荘・・・浄土山・・雷鳥荘(泊)
・・・・・歩行距離4.1km、行動時間4.2時間、標高差計上118m下606m・・・・・
朝日の中に周囲の素晴らしい景観が広がります。
3-01P90402993-03P90403023-04P90403073-05P9040312
雷鳥平。剱御前にも登ってきました。
3-06P90403143-02P9040301
剱岳をバックに剱御前にて登頂写真。
3-07P90403153-07P9040326
雷鳥が岩陰に。写真に収めるメンバー。
3-08P90403383-09P9040341
雷鳥平に下りてきました。坂を上がり雷鳥荘へ。

3-10P90403483-11P9040349
時間に余裕がありましたので、浄土山(立山三山、雄山、別山)
3-12P90403503-13P90403533-14P90403543-15P90403583-16P90403593-17P9040360
浄土山山頂。
3-18P90403613-19P9040364
下山しました。
3-20P9040366
本日見られた花達。
3-00P90403053-00P90403183-00P90403193-00P90403203-00P90403273-00P90403293-00P90403303-00P90403333-00P90403343-00P90403353-00P9040356

4日目 雷鳥荘・・・室堂、称名の滝
・・・・歩行距離1.6km、行動時間0.4h、標高差計上65m下16m・・・・
4-00P90503824-01P9050373
みくりが池。大日岳登山口。
4-02P90503754-03P9050384
称名の滝に行きました。
4-04P90503854-05P90503864-06P9050390

何と言っても天気に恵まれ、皆さん良かったですね~
・写真をクリックすると拡大できます。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

アーカイブ