一等三角点の最近のブログ記事

2019.01.12 江戸時代から続く「縁起登山」長崎七高山(長崎市、一等三角点)に、斉藤ガイド、秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。

各山とも標高差がないが、アスファルト道・コンクリート階段が多く、歩行距離12km、標高差計「2020m」とアップダウンあり体力を思った以上に消耗。細目の行動食を摂ってもらう。今回は全員無事に登頂出来た。

① 諏訪神社から金比羅神社までの登山道がほぼ民家の小道を歩く為に歩行ルートの事前調査が必要です。金毘羅山~峰火山・峰火山~彦山・彦山~愛宕山・愛宕山~風頭山の市街地を歩くルートは事前調査をしておかないと歩くルートがわからない。

諏訪神社前から歩き始めます。長崎くんち」で有名な諏訪神社にお参り
01IMG_885102P112006403IMG_885304P1120066
市内の展望が望めます。
05IMG_885506IMG_8856
横を抜けて、立山から市内の狭い道を抜けます。
07IMG_885808P112006909IMG_886110IMG_8862
金毘羅神社へお参り。
11IMG_886512IMG_886913P112007014P1120071
金毘羅神社を抜けて、金毘羅山へ向かいます。
15P112007216P112007317IMG_887118IMG_8872
長崎市内が眼下に望めます。

19P112007520P1120080
①座目金毘羅山登頂記念。山道の下り。
21IMG_888122P1120082
舗装道から西山ダムへ。
23IMG_888324P1120083
堰堤を渡ります。市内の道を抜けて。
25IMG_888426P1120085
山道に入り、②座目、蜂火山へ到着
27IMG_888528IMG_8888
蜂火山登頂記念。
29IMG_888930IMG_8893
林の中を秋葉山へ。③座目、秋葉山登頂記念。
31IMG_889432IMG_8897
妙相寺から豊前坊へ、階段上りがキツイ。
33IMG_890234P112010535IMG_890636P1120113
④座目、豊前坊登頂写真。彦山へ向かいます。
37P112011438P1120118
彦山神社、登頂写真。
39P112011940IMG_8915
山頂下に長崎市内(長崎湾、鶴の港)の眺望。⑤座目彦山山頂
41P112012242P1120124
彦山登頂記念。愛宕山に向かいます。
43IMG_891844IMG_8919
坂の町、市内の脇道を抜けて進みます。
45P112012646P1120127
⑥座目、愛宕山登頂記念。
47IMG_892148IMG_8923
長崎は凧のことを「はた」と言います、風頭では「はた上げ祭り」が開催されます
はた」の店前を通過して、風頭へ向かいます。
49P112012950P1120130
龍馬像がある⑦座目、風頭の登頂記念。
51P112013352IMG_8927
正月の縁起登山は、無事に完登しました。

2018.12.22~23 鏡山、速日の峰、米ノ山、笹ノ峠(宮崎県北)、一等三角点4座に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。

一等三角点1座目、鏡山
道の駅はゆま~10号線~R388~市棚橋、看板、道なり~鏡山、約1時間

鏡山休憩所~鏡山~休憩所
・・・・歩行距離0.7km、行動時間0.3時間、標高差計±47m・・・・・
休憩所より出発、ガスっている。取付、草を刈りこんでいる、元日に日出を見る祭事が行われるから?
01IMG_874802IMG_8749
上に上がり、右上に風車を目指して登っていく。その先に電波塔横に一等三角点、鏡山、登頂記念。取付にトレッキングコースの案内板。
03IMG_875104IMG_8754

2座1二座目、速日の峰
ETOランド~速日の峰~ETOランド
・・・・歩行距離1.3km、行動時間1時間、標高差計±102m・・・・
宮崎県北方は干支の町で知られている、ETOランドの名前の由来です。
駐車場奥の階段を上がり太陽光を左に進む、舗装林道を上がると電波塔が現れる、脇を抜けて進むとさらに電波塔、脇を抜けて薮の山頂みたいなところに、左に下りロープ。後は尾根伝いに歩いて掘割(作業林道)に突き当たる。目の前に急登を進むと進行方向にロープあり。その後はロープ伝いに進むと速見の峰の山頂。
01IMG_875802IMG_8759
横を抜けると・・・・
03IMG_876104IMG_8762
叢の横にトラロープ(真っ直ぐに抜けるのは間違い)、これに沿って尾根道を進む。下ると作業道にぶつかるのでロープのように前に進む。
05IMG_876306IMG_8764
急登を上がると道標が付けられている。
07IMG_876508IMG_8766
速日の峰到着。点名は速日峰。
09IMG_877009IMG_8771
登頂記念。元来た道をエトランドへ引き返す。
10IMG_877211IMG_8776
太陽光発電の施設が一杯。もちろんフェンスで守られているし高圧電流が流れているので要注意。
12IMG_877813IMG_877914IMG_8780

一等三角点3座目
米ノ山(駐車場~米ノ山~駐車場
・・・歩行距離0.3km、時間20分、標高差計±15m・・・・・
米の山駐車場から舗装道を進む。5分位で展望台麓に一等三角点。
01IMG_878402IMG_8786
米ノ山一等三角点。宮崎県北の一等三角点までの距離が示されている。
03IMG_879104IMG_8788
米の山登頂記念。展望台から眼下に日向灘。
05IMG_879306IMG_8797

日向岬の馬ヶ背と細島灯台(恋する灯台)、願いが叶うクルスの海を見に行く。
07IMG_880008IMG_8801
有名な柱状節理の断崖絶壁。細島灯台。
09IMG_880510IMG_881011IMG_880812IMG_881113IMG_882214IMG_882415IMG_882716IMG_8825

一等三角点4座目
笹の峠(椎葉、宮崎県)
椎葉の松尾小中学校をすり抜けて上松尾を目指して第2登山口へ。

第2登山口~笹ノ峠~登山口
・・・歩行距離0.6km、行動時間0.3時間、標高差計±96m・・・・・

第二登山口手前300~400m手前からアスファルト舗装に落石地点が5~6ヶ所有り、全員で石を取り除いてスを進める。登山口の標識は小さく、草むらに隠れて登山口わかりにくい。

落石を取り除く。登山口。
01IMG_883202IMG_8833
まさしく笹の中を進む。笹の峠に到着。
03IMG_883604IMG_8837
笹の峠、一等三角点。登頂記念。
05IMG_884006IMG_8842
往復して登山口へ到着。立派な林道です。
07IMG_884508IMG_8848
・宮崎県北の一等三角点4座を足早に達成しました。

・写真をクリックすると拡大できます。

2018.12.14~15 1泊2日で野間岳と八重山と冠岳(薩摩半島、鹿児島県、九州百名山)に悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。

野間岳(野間神社~山頂往復~野間神社
・・・・歩行距離1.4km、行動時間1.2時間、標高差計±251m・・・・・
野間神社からスタート。山頂にある一等三角点
野間岳 001野間岳 002
登頂記念。眼下に野間半島。
野間岳 003野間岳 004
往復コースで下山しました。
野間岳 005野間岳 006

八重山(八重山公園登山口~三角点~八重山~甲突池)
・・・歩行距離3.5km、行動時間1.35時間標高差計上245m下264m・・・
登山口そばの八重山公園からスタート。登山口
八重山 008八重山 009
案内の道標。炭焼き跡。
八重山 010八重山 011
なだらかな上りです。分岐(甲突池)を通過。
八重山 012八重山 013
一等三角点。すぐ先の展望台の八重山山頂。
八重山 018八重山 015
素晴らしい展望が望めます。
八重山 016八重山 017
分岐に戻り急階段を下ります。竹林帯になると下山口がすぐそばです。
八重山 019八重山 020
甲突池下山口に到着。甲突池、由来も書いてあります。
八重山 021八重山 022

2日目
冠岳(阿弥陀堂~冠岳~材木岩~煙草神社~ふれあい林道)

・・・・歩行距離2km、行動時間2.15時間、標高差計上137m下401m・・
阿弥陀堂入口。道標に沿って西岳へ登っていきます。
01冠岳 02902冠岳 030
鳥居を潜り、急階段を上ります。
03冠岳 03104冠岳 032
冬イチゴ。冠岳・西岳に到着。
05冠岳 03306冠岳 036
冠岳の由来が書かれています。登頂写真。
07冠岳 03708冠岳 040
山頂から桜島が見えています。材木岳に向かいます。
09冠岳 03910冠岳 041
材木を重ねたような狭い山頂。由来が書かれていました。
11冠岳 04412冠岳 045
山頂を後にします。煙草神社へ向かいます。
13冠岳 04614冠岳 047
神社へ下る岩場、気をつけて下りましょう。
15冠岳 04816冠岳 049
岩窟の中に煙草神社。
17冠岳 05018冠岳 051
さらに急な登山道を下ります。ふれあい林道に下りてきました。
19冠岳 05220冠岳 053
煙草神社入口の道標。少し足を延ばして護摩岩へ向かいました。
21冠岳 05422冠岳 055
護摩岩の上り。護摩岩山頂で美女二人。後ろは仏岩。
23冠岳 05624冠岳 058
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.12.01~02 忘年登山(忘年登山(大海山~勘十郎岳と鋤尖山~竜王山、山口県)大海山~勘十郎岳と鋤尖山~竜王山、山口県)に会員の皆様とガイド数名が行きましたので掲載します。
当初予定した、周防大島がタンカー事故の影響で急遽変更されての催行になりました。

最初に、一日目・大海山~勘十郎岳と忘年会風景を掲載します。
A、秋穂(あいお)交差点~千防川砂防公園~勘十郎岳~大海山~秋穂
・・・・・・歩行距離7.9km、行動時間4時間、標高差計±368m・・・・・・
AコースとBコースは同ルートですが、時計回り、反時計回りに歩いて途中でドッキングの計画でした。

砂防ダム公園までバスは無理なので歩くことにしました。農道?市道?を歩いて公園まで進みました。
01IMG_336102IMG_3385
勘十郎登山口。森の中を樹林帯、岩場を登っていきます。
03IMG_340104IMG_3406
急登だったり、岩場だったりを上がっていきます。
05IMG_341006IMG_3420
烏帽子岩の下を通過します。岩場の上りです。
07IMG_342608IMG_3430
各岩にネーミングされています、三畳岩。見返り岩。
09IMG_343410IMG_3438
大観岩。西側に火の山連峰が見えています。
11IMG_344212IMG_3444
勘十郎岳に到着。山頂の大岩から、登頂写真。
13IMG_344914IMG_3451
勘十郎岳登頂記念。勘十郎岳から今から進む大海山の展望。
15PC01417816IMG_3462
岩場を下り、山肌の紅葉を見ながら進む。象頭岩。
17IMG_346918IMG_347419IMG_3475
ガンダム操縦席。中岳到着。
20IMG_348121IMG_3494
中岳からの眺望。さらに稜線を進みますが岩場の下り。
22IMG_349523IMG_3503
ワニ頭岩。土止め階段の急登。
24IMG_350425IMG_3507
大海山分岐から山頂へ。大海山山頂到着。山頂には多くの腰掛が設置されています、地元の登山愛好家に感謝です。

26IMG_352227IMG_353428IMG_3524
亀尾山が正当だそうです、大海山国土地理院には両方書いていますが、地元の人がそういいていました。立岩、不動滝の道標。
29PC01418630IMG_3538
モアイ像みたいな立岩。立岩横の大岩。大海山の下り。

31IMG_353932IMG_354333IMG_3550
海眺台場に向かいました。海眺台場から大海湾の景観。
34IMG_355535IMG_3552
急坂を下ります、続いて竹林の中を下ります。
36IMG_355937IMG_3564
千防川砂防公園へ無事に下山しました。再び秋穂3丁目へ向かいます。
39IMG_357240IMG_3578
無事にバスへ戻ってきました。
41IMG_358242IMG_3584

B 秋穂~千防川公園~大海山~勘十郎岳~千防川~秋穂
・・・・歩行距離7.9km、行動時間4時間、標高差計±368m・・・・
公園を抜けます。道標がシッカリセットされています。
01IMG_862702IMG_8629
東コース登山口。海眺台場道標。
03IMG_863004IMG_8632
海眺台場からの展望を楽しみました。
05IMG_863106IMG_8635
列岩展望をやり過ごして。道の駅ルート分岐を通過。
07IMG_863908IMG_8645
亀尾山(大海山)に到着。登頂記念の一枚。
09IMG_864610IMG_8655
分岐に引き返して。中岳山頂。
11IMG_865612IMG_8658
中岳山頂の帽子岩。中岳先の三連飛石。
13IMG_866014IMG_8662
勘十郎岳到着。勘十郎岳、登頂写真。
15IMG_866516IMG_8667
勘十郎岳から大観岩。大観岩の向こうに火の山連峰。
17IMG_867018IMG_8671
烏帽子岩下の岩場を通過して。千防川公園に下山しました。
19IMG_867220IMG_8674


忘年会
今日の登山が終わり、夜の懇親会。N/Mさんの乾杯に始まり、ガイドの事項紹介。
01IMG_359602IMG_3615
日本百名山達成者のK/Nさんへの完登賞授与。
03IMG_361704IMG_3625
それぞれの自己紹介、くじ引きでした。
05IMG_362706IMG_364607IMG_360508IMG_3602
無事に? 1日目が終了しました。
”明日も登山、速く休みましょう”
写真提供は、T/Mさんでした、いつもありがとうございます。

2018.10・27~28 三倉岳~瓦小屋山と莇ガ岳~弟見山(中国百名山、広島県・山口県)に徳永ガイドが登りましたが、ブログUP漏れでしたので、遅くなりましたが掲載します。

10/27  三倉岳~瓦小屋山縦走
・・・・・歩行距離7km、行動時間4.3時間、標高差計上り584m下684m・・・・
通行止めの案内をキャッチしていたので当初予定していた上、中、下の縦走を諦めてAコースから下岳を登ることにしました。

2018/10/27更新 中の岳・下の岳間は崩壊が激しい為、通行禁止のテープが張ってある。登山口にも注意喚起の看板がある


00通行止め情報2018092101PA273974
登っていきます。分岐にきました、通行止めのテープがありました。
02PA27397703PA273978
下の岳(夕陽岳)に上がってきました。
04PA27397905PA273980
夕陽岳の素晴らしい景観。
06PA27398207PA273984
夕陽岳を下りて、三倉岳の山頂へ向かいました。
08IMG_131509IMG_131610PA273985
三倉岳登頂記念。瓦小屋山へ向かいながら三倉岳を振り返る。
11PA27398812PA273990
瓦小屋山への途中にある展望岩にてのスナップ。
13PA27399114PA273992
瓦小屋山へ向かいます。
15PA27399516PA273996
瓦小屋山にて登頂記念。
17PA27399818PA274000
瓦小屋山から下山します。平坦地に下ってきました。
19PA27400120PA274002
栗谷集落、下山口に下りてきました。三倉岳(三本槍)を集落から仰ぐ。
21PA27400322PA274007

10/28
莇ガ岳~弟見山縦走
・・・・歩行距離8km、行動時間5時間、標高差計上792m下622m・・・・

2018/10/28更新 今回もマイクロバスだったので神社手前より歩く。コースターは登山口まで行けるが満車の場合はUターン出来ない。

石鎚神社前から歩き始めました。
01PA28401402PA284015
三叉路を左折して登山口へ。登山口に到着、数台のマイカーが停まっています
03PA28401604PA284019
登山口に道標があります。熊の看板もあります。
05PA28401806PA28402007PA28402108PA284024
三の鎖へ取りつきました。
09PA28402610IMG_1314
上部がオーバーハングになっているので途中からエスケープ道を進む。
11PA28402712PA28402813PA28402914PA284031
莇ガ岳登頂記念。避難小屋があります。
15PA28403416PA284035
弟見山へ向かいます。
17PA28403618PA284038
弟見山、山頂。登頂記念の一枚。
19PA28403920PA284040
2018/10/28更新 弟見山から仏峠の下山口は北に向かって100m程行くと直角に左方向へ進む。まっすぐの間違ったトレースがあり、道標も無いので注意

紅葉、黄葉が綺麗ですね。
21PA28404222PA284043
笹が出てくると下山口が近くなります。仏峠下山口に無事に到着。
23PA28404424PA284047
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.11.10 会報誌18P,英彦山系を極めるシリーズ、NO⑥の英彦山(岳滅鬼峠~猫の丸尾~籠水峠~南岳~中岳~北岳、九州百名山、一等三角点)
に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。

ルートは
英彦山大権現~岳滅鬼峠~猫の丸尾~籠水峠~南岳~中岳~北岳~高住神社です。
・・・・・歩行距離8km、行動時間7時間、標高差計上980m下753m・・・・
英彦山大権現から出発です、駐車場はありますが登山者用ではないので注意です。渡渉します、増水時は渡渉できないので林道を歩くことになります。
01PB10409602PB104100
黒岩山分岐。大南林道に上がってきました、岳滅鬼山登山口を目指します。
03PB10410104PB104104
林道がえぐれて土手歩き。岳滅鬼山登山道入口。
05PB10410506PB104106
岳滅鬼峠に上がってきました。石柱が割れて、折れています。
07PB10410808PB104109
登り返します。絶壁箇所に取付ますが上土が剥がれて岩がむき出しです。
09PB10411010PB104112
ロープを頼りに気をつけて進みます。
11PB10411312PB104115
上塚山分岐? 狭い岩尾根の通過。
13PB10411614PB104117
ブナ林の急下り。紅葉が綺麗です。
15PB10412016PB104123
写真タイム? 猫の丸尾手前は倒木が邪魔をします、でもススキが綺麗。
17PB10412418PB104126
猫の丸尾1044m到着。記念のスナップ。

19PB10412720PB104130
籠水峠972m。眼前に岩壁、登るわけではありません。
21PB10413122PB104133
底部へ下りて鬼杉方面へ向かいます。
23PB10413424PB104136
鬼杉、南岳分岐に上がってきました。
25PB10413726PB104138
南岳直下の鎖がある崖上り、梯子が設置されています。
27PB10413928PB104140
頑張れ、もう少し。南岳1199m到着。
29PB10414130PB104142
一等三角点です。登頂記念。
31PB10414332PB104145
中岳へ向かい山頂での1枚。北岳への縦走路。
33PB10414834PB104149
北岳に到着、南、中、北岳と主稜を極めました。北岳登頂の一枚。
35PB10415136PB104153
岩場の通過。木段の下り。
37PB10415438PB104156
溶岩壁下を下ります。最終目的地高住神社に下山しました。
39PB10415840PB104160
・写真をクリックすると拡大できます。
皆さん天気に恵まれてよかったですね~。

2018.11.10~11 宇宙に一番近い島・種子島に斉藤ガイドが行ってきました(登って)ので掲載します。
ご存知の通り、種子島は平坦な島、山と言っても標高はたしたことはないので、誰でも参加可能です。
今回は、新幹線とトッピーを乗り継いでの計画でした。

1日目
天女ケ岳~上大久保(一等三角点)~回峯山~雄龍・雌龍岩
天女ケ岳、種子島で地理院地形図に唯一山名が載っている山。
所要、約30分
道標で神社目指して歩きます。天狗の謂れが書かれています。
01IMG_843702IMG_8435
木の鳥居と石造りの鳥居。
03IMG_842204IMG_8424
山頂下に天狗が運んだ大岩を祭っています。
05IMG_842906IMG_8428
三角点ですが一等三角点ではありません。登頂記念。
07IMG_842608IMG_8434
公園になっていて海原を望めます。
09IMG_843810IMG_843911IMG_844312IMG_8442
上大久保(一等三角点)158.1m、説明書きがあります。所要35分。
13IMG_844614IMG_8447
立派な三角点、三角柱が守られています。
15IMG_844916IMG_8451
馬毛島(無人島)展望所。遠く見えるのは馬毛島。
17IMG_846918IMG_8470
珍しい花。
19IMG_847320IMG_8476
回峯山282m、種子島最高所、所要時間11分。気象レーダー。
21IMG_847822IMG_8481
三角点、一等三角点ではありません、レーダーの後ろにあります。
23IMG_848024IMG_8483
雄龍、雌流岩、道路のすぐ脇です、所要10分。
25IMG_848426IMG_8486
早目にホテルチェックインしました。


2日目
小牧角(一等三角点)~門倉岬~ドラムエルタン漂流地~カーモリ岬~千座の岩屋~メヒルギ自生地~インギー鳥(昼食)
小牧角一等三角点207m、農道にあります。所要25分。
01IMG_849102IMG_849203IMG_849604IMG_849705IMG_850006IMG_8503

門倉岬・鉄砲伝来地。所要20分。
07IMG_850608IMG_8509
公園になっています。
09IMG_851210IMG_851311IMG_851812IMG_8520
平和の鐘、全世界が平和でありますように”
13IMG_852114IMG_8526

ドラムエルタン号漂流地、所要10分
15IMG_852716IMG_852917IMG_853018IMG_8531

カーモリ峯75m、以前発射されたロケット模型や宇宙科学技術館があります。
所要35分。
19IMG_853720IMG_8538
科学技術館前から登ります。
21IMG_854022IMG_854123IMG_854224IMG_8545
山頂からの景観。
25IMG_854626IMG_8547
遠く見えるのがロケット発射場。山頂で記念の一枚。
27IMG_854928IMG_8550
宇宙科学技術館。
29IMG_8554
千座(ちくら)の岩屋。所要20分。
30IMG_855631IMG_855832IMG_856233IMG_8566
干潮でないので奥まで進めません出した、残念。
33IMG_856734IMG_856935IMG_857036IMG_8572
次にマングローブ(メヒルギ)自生地へ向かいました。遊歩道になっています。
所要15分。
37IMG_857338IMG_857539IMG_857640IMG_8581
説明書きがあります、マングローブがいかに大事か?わかります。
41IMG_8583
最後に種子島の有名なインギー鶏の昼食でした。
42IMG_8584
・2日間、足早な種子島の訪問を無事に晴天の中、終了しました。
・写真をクリックすると拡大できます。

体力度1~2、観光もできるコースを計画、増やして欲しいとの声がありました。

2018.10.29  相之島(新宮町、福岡県)の一等三角点に悦子ガイドが行ってきましたので掲載します。

猫の島でも有名な相之島。
00DSCF415000DSCF415100DSCF415200
渡船で相之島へ。朝鮮通信使の碑
01DSCF412402DSCF4125
先波止。竜王石。
03DSCF412804DSCF4129
遠見番所跡へ向かいます。遠見番所跡。
05DSCF413106DSCF4134
薮の中を三角点を探します。見つかりました。
07DSCF413508DSCF4138
三角点達成の一枚。指さしている場所が三角点、薮の中です。
09DSCF413910DSCF4141
太閤塩井の石。
11DSCF4144
・写真をクリックすると拡大できます。

三角点を探すのに難儀しました。

2018.10.27  世界遺産の島、宗像大島の一等三角点に悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。

神湊から船で渡りました。夢の小夜島、干潮でないので渡れません。
01DSCF408102DSCF4082
一等三角点の山は取り付きが藪化していたので、取り合えず上に見えていた尾根に攀じ登ると尾根のすぐ下に荒れた道があり、蜘蛛の巣を払いながら登る。蛇とも遭遇。25分ぐらい登ると電波塔があり、その後ろ側に三角点あり。見晴らし無し。 2018年10月27日
宮田~一等三角点94m~宮田取付、往復約1時間、標高差計±91m
03DSCF408304DSCF4086
世界遺産群、中津宮に行きました。
05DSCF409306DSCF409407DSCF409508DSCF4100
神社横に御嶽の案内。
09DSCF410110DSCF4102
少し歩いて登山口へ。可愛らしい子供が・・・
11DSCF410312DSCF4104
登山口。山頂に御嶽神社(島内最高峰)。
13DSCF410514DSCF4107
続いて沖津宮(世界遺産群)へ向かいました。
15DSCF411416DSCF4111
沖の島、遥拝所。循環バスに乗車して港へ戻りました。
17DSCF411618DSCF4118
・写真をクリックすると拡大できま。

2018.10.27  彦山、可也山、立石山(糸島市)に秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。

今回は一等三角点のある彦山を含む 糸島の代表的な山3座を登りました。 別名糸島富士と言われる可也山 芥屋大門を眼下に望み、玄界灘をも見渡せる立石山。秋の好天の中、大勢の皆さまと楽しく登ってきました

彦岳、
・・・・歩行距離約3km、行動時間1.3時間、標高差計±222m・・・・・
ここには一等三角点があり、また整備された登山道もある のですが一部私有地となっています。通行許可の連絡を取っていたのですが不通のため、新たなルートで目指しました。
藪こぎと落葉に隠れた稜線を進みます。眺望もありません

一等三角点、野北山。野北山登頂記念。
01P107037102P1070372

可也山 師吉~可也山~展望所~師吉
・・・・歩行距離3.2km、行動時間3.2時間、標高差計±319m・・・・

車を降り、柿が実る民家の道を 進むと左手に登山口があります。 「11月からイノシシの猟期となるため注意」との看板を横目に進みます。

*両側が土の斜面を過ぎると、整備された階段が続きます。上を見ず、足元注意で1歩1歩登ります。

*途中に「石切場」の看板・・江戸時代 黒田藩がここから石を切り出して日光東照宮の鳥居にしたとの看板に一同感嘆の声。

*可也神社で両手を合わせ、三等三角点を確認、山頂標識を過ぎてお昼ご飯の展望所へ到着。晴天で見晴らしも良く、能古島から博多湾、かすかに壱岐も見えました。

*登ってきた登山道を戻ります。2つの放送局の中継塔を過ぎ、階段の続く道を慎重に降りていきます。師吉公民館に無事戻って来ました


師吉を出発。人家を抜けていきます。
01P107037502P1070376
1850mの道標。階段が整備されています。
03P107037704P1070378
石切場跡。説明書きがあります。
05P107037906P1070380
急登を上っていきます。第1展望所。
07P107038108P1070384
緩やかな上りになりました。小富士梅林分岐。
09P107038510P1070387
可也神社へ進みました。可也山山頂。
11P107038812P1070391
展望の良い可也山展望所。
13P107039214P1070393
展望所にて記念のスナップ。同じ道を引き返して師吉へ下山しました。
15P107039516P1070397

立石山、南登山口~立石山~第2駐車場
・・・・歩行距離1.5km、行動時間1時間、標高差計上76m下199m

*立石山は知る人ぞ知る山です。南側登山口で下車し山頂に向かいます。ここは山頂よりも途中にいくつもの
絶景スポットがあります。登る右方向の北側は糸島半島の西海岸を一望。今日は良く見えます。

*また左方向西側は佐賀唐津が・・宝くじで有名な高島も見えました。 そして山頂標識と三等三角点の前で 記念撮影。 また稜線を進みながら祠を過ぎて下ります。目の前は快晴の芥屋大門と糸島半島の西海岸。 景色に足元を取られないよう気をつけて・・新しい登山口から無事下山しました・


南登山口から登山開始。樹林帯の中を進みます。
01P107039802P1070399
周りが開けてきました。素晴らしい眺め、向こうに可也山。
03P107040104P1070402
立石山を望みます。眼下に芥屋海岸。
05P107040506P1070406
立石山山頂。立石山登頂記念。
07P107041308P1070412
下山です。祠を通過します。
09P107041410P1070416
岩峰の上に展望所。登山道は岩場の通過です。
11P107041712P1070423
景色を楽しみながら・・・・。最高のアングル。
13P107042514P1070427
眼下に芥屋大門。駐車場を目指して下ります。
15P107043016P1070431
駐車禁止の案内板。新しい登山口。
17P107043218P1070434
・写真をクリックすると拡大できます。

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

最近のコメント