2019,03.10  前日の白髪岳、国見山に引き続き、やくし山~高岳~仰烏帽子山縦走(九州百名山、熊本県)に斉藤ガイド、悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。

残念、今日は昨日とうってかわって大雨、つらい山行になりました、同時に良い写真がありません。ゴメンナサイ

登山ルート
長やぶ谷登山口~やくし山~マロン岩峰~高岳~仰烏帽子山~第2登山口
・・・・・歩行距離15km、行動時間9時間、標高差計上989m下869m・・・・

やくし登山口は私有地で入山禁止のロープと竹を横置きにして入山禁止のかんばありましたが、早朝の時間だったので予定通り登山口から登山を始めました。今後はどうするか?考えた方が良いかも?
ガイドと同じような考えを抱く参加者がいましたが、サンサン山倶楽部としては以前警察、行政に相談しました。・・・・結論は盗掘が多いからとのことで、当クラブのメンバーは絶対、絶対にしない、させない、踏み込まない・・・の約束で了解していただいた経緯があります。
確かに、山に人が入ると荒れる意見がありますが、逆に害獣などから荒らされない良い結果もあると思います。
”登らせていただく、山の神に感謝する気持ちで山行を楽しみましょう”

長やぶたに登山口。登山開始。
01薬師山縦走 03302薬師山縦走 030
沢沿いの登山道を約30分ほど歩き、沢から離れ尾根に向かいます。急登を尾根に取りつきました。
03IMG_927404薬師山縦走 034
さらに急登を上り、林道へ、横切り再び登山道へ。やくし山999m(銀河鉄道スリーナイン)
05IMG_928106IMG_9282
やくし山登頂記念。林道下山口。
07IMG_928408IMG_9285
少し林道歩き、マロン岩峰取付。少しヤブ気味の登山道を登ってマロン岩峰分岐、岩尾根をマロン岩峰へ進みました。
09IMG_928610IMG_9287
マロン岩峰1064m、なぜマロン岩峰かというと人吉の方面から見ると栗そっくりの山だからです。マロン岩峰で栗のポーズ。
11IMG_928912IMG_9291
マロンを下山して。高岳へ向かいます。
マロン岩峰までは問題なく安心して歩く事が出来ましたが、マロン岩峰から高岳手前の林道に出るまでは、
かすかにテープがありますが、林道から高岳、高岳からの仰烏帽子山登山口までは登山道の踏み跡もなく、目印のリボン、テープもなく、倒木や藪こぎで進む道しかなく、地形図とコンパスだけが頼りの登山道でした長年人が入った形跡が無く、今後の山行は大変難しいと思いました。

13薬師山縦走 03914IMG_9294
高岳と登頂記念。
15IMG_929516IMG_9298
高岳を下りて仰烏帽子山へ向かいます。従来の仰烏帽子山入口道標。
17薬師山縦走 04118IMG_9300
案内図のように林道歩きで、右写真まで進みます。
19薬師山縦走 04320IMG_9301
右に進み仰烏帽子山のトラバース道へ入ります。
21薬師山縦走 04422IMG_9306
トラバース道には道標があります。
23IMG_930824IMG_9309
仰烏帽子山1301m、九州百名山、1003の山、登頂写真
http://www.jmc.or.jp/GSIMapsPlus/1003/#10/32.4536/131.1617

25IMG_931126IMG_9317
仏石へ向かいました。仏石への下り。
27IMG_932028IMG_9324
きたしていなかった福寿草の開花が」見られました。
29薬師山縦走 04530IMG_9329

仰烏烏帽子山から仏石を通って第二登山口に下山。登山口はトイレもあり、駐車場、監視木屋があり、現在はこちらからの登山者が多いみたいです。
仏石周辺はまだ福寿草が残っておりお客様も喜んでありました。マロン岩峰と高岳周辺には山シャクヤクの芽が一杯出ており、花が咲くころは大変綺麗だと思います。

・写真をクリックすると拡大できます。

2019.03.09 白髪岳・一等三角点、国見山、人吉(五木、熊本県)に斉藤ガイド、悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。(翌日、2日目は、やくし山~マロン岩峰~仰烏帽子山縦走でした)

事前に五木村から親切な情報をいただきました。

登山の件ですが、R25(県道宮原五木線)の東の林道で、白髪岳、国見山を通るとなると、林道浪人越線のことかと存じますが、R25、林道については、現在通常通り通ることが出来ますのでお知らせします。林道浪人越線を通る際は、R25の椿地区の横にある椿橋を渡り、大藪地区、辰迫地区を通って向かう道となります。白髪岳まで道も舗装され、行けますが、それから先は、未舗装で道が凸凹していたりするので、白髪岳まで行かれましたら、引き返して元の道を戻られるのが良いかと思います。

 

白髪岳1244m(点名、白ケ岳、一等三角点) 登山口~白髪岳~登山口
・・・・・歩行距離0.3km、行動時間0.4時間、標高差計±75m・・・・・
白髪岳登山口。チョット急登を上ります。
01IMG_924802IMG_9251
白髪岳1244m、一等三角点(点名、白ケ岳)。登頂記念。
03薬師山縦走 00304IMG_9255
石灰石岩があるので、ヤマシャクが芽吹いていました。
05薬師山縦走 00606薬師山縦走 007
無事に下山、ルンルンでした。
07IMG_9257
無事に往復しました。次に国見山へ向かいました。

国見山1253m、 登山口~山頂~登山口、往復
・・・・・歩行距離1.4km、行動時間1時間、標高差計±214m・・・・・
登山口。距離700mの道標。
01IMG_926302IMG_9262
あと200m。山頂到着。
03IMG_926404IMG_9265
国見山登頂記念。周りに石楠花の木々がありました。
05IMG_926606IMG_9269
無事に下山しました。
07IMG_9273

人吉市内(球磨川沿い)に宿泊したので、希望者のみ時間を見つけて散策しました。
国宝の青井阿蘇神社を訪ねました。

01薬師山縦走 01302薬師山縦走 019
青井阿蘇神社。人吉城跡も行ってみました。
03薬師山縦走 01604薬師山縦走 024
球磨川と書きますが、以前は九万川、流れが九万もあるぐらい九州な谷から流れ込んでいるとの謂れもあります。繊月の酒蔵も尋ねました。
05薬師山縦走 02506薬師山縦走 022
以上、一日が無事に終了しました。
明日は、やくし山~高岳~仰烏帽子山の縦走です。

2019.03.09~10 2日間にかけて、一等三角点4座、御座ケ岳、佩楯山(1003の山)、元越山、樅木山(大分百山)に栗林が登ってきましたので掲載します。

御座ケ岳796.6m、一等三角点、大分百山
パークライン登山口~山頂~登山口
・・・・・歩行距離0.3km、行動時間0.3h、標高差計±72m・・・・・

いきなりの急登を上ります。
01P108034502P1080348
稜線に出ると矢印の道標があります。さらに急登を上っていきます。
03DSCN242604P1080351
山頂到着。一等三角点、標石
05P108035206P1080355
登頂記念の一枚。往復で下山しました。
07P108035608P1080358
距離、時間は大したことはありませんが、急登でした。車は少し離れた所に広場があります。
09P108036010P1080361

次に佩楯山753.8m、一等三角点、大分百山、1003の山、へ向かいました

今回ジャンボタクシーなので無理して山頂広場まで上がってもらいました。
・が、しかし、鋭角なカーブ、急坂を考えると、写真にある駐車場(最後尾)から歩いたほうが良いと思います。
往復、30分位で登れると思います。
一等三角点。
01P108037002P1080363
一等三角点であると同時に1003の山でもあります。1003の山を目指しているMさん、記念のスナップ。
03P108036604P1080368
登頂記念。山頂からのパノラマ。
05P108037206DSCN2437
駐車場、ここから歩いたほうが良いと思います。
06DSCN2442

2日目、今日はひどい土砂降り、雨の中なので良い写真はありません。
元越山581.5m、一等三角点、天測点、九州百名山、大分百山

宮河内登山口~元越山~往復~宮河内登山口
・・・・・歩行距離6.4km、行動時間3.2時間、標高差計±481m・・・・・
登山口、杖もあり地元の有志の心配りを感じます。下の地蔵さん。
01P108038302P1080388
道標もあります。林道に上がってきました。
03P108038904P1080391
林道から再び登山道へ、写真が良くありません。山頂まで900mの案内が出始めて800m~100mと100m間隔で道標があります。
05P108039206P1080393
元越山一等三角点。山頂風景、左が天測点、右は国木田独歩の紹介などされている。
07P108039908P1080396
登頂記念。無事に下山しましたが、掘割の登山道は雨の影響で水が溜まり靴がずぶ濡れでした。
09P108040210P1080406

樅木山484m、一等三角点、大分百山
峠登山口~樅木山~往復~峠登山口
・・・・・歩行距離3.2km、行動時間1.3時間、標高差計±278m・・・・・
登山道に大分県弁で案内が書かれているのが大変ユニーク。
01P108040902P108041003P108041104P1080416
樅木山山頂。一等三角点。
05P108041706P1080419
登頂記念。
07P108042108P1080424
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.03.02~03 釈迦ケ岳(九州百名山、宮崎県)と尾鈴山(九州百名山、宮崎県、一等三角点、1003の山)に斉藤ガイドと楠木ガイド(宮崎在住)が登ってきましたので掲載します。

最初に釈迦ケ岳。

釈迦ケ岳、法華嶽薬師寺登山口~釈迦ケ岳880.6m~登山口、往復
・・・・・歩行距離7.3km、行動時間4時間、標高差計±605m・・・・・
日本三大薬師の法華嶽薬師寺駐車場から登るが、地元の有志により大変整備され登山口には立派なトイレまで設置されている。日向灘から昇る初日の出登山でも大変有名な山でもある。

・・・・歩行距離7.3km、高度時間4時間、標高差計±605m・・・・・・
法華嶽薬師寺駐車場。ゲートを抜けてトイレ休憩、桜や菜の花時期は開花が素晴らしい。
01IMG_917502IMG_9181
登山口。3合目あたりでショットカットして山道に入る。
03IMG_918404IMG_9185
整備された登山道、ラクチンコースへ進む。樹林帯の中を進む、所々に展望所所が設けられている。
05IMG_918806IMG_9189
三角点のある山頂に到着、初日の出はこの下の広場が最高。釈迦ケ岳、登頂記念。
08IMG_919207IMG_9190
元来た道を引き返す。無事に下山しました。
09IMG_919510IMG_9197
500m毎に合目道標があり迷う事はないが、暑い時期は水分を十分用意して登っていただきたい。
次は尾鈴山にアタックします。

尾鈴山(九州百名山、一等三角点、1003の山)
尾鈴林道分岐~甘茶谷~尾鈴山~長崎尾~分岐~甘茶谷~尾鈴林道分岐
・・・・・歩行距離12km、行動時間7時間、標高差計上1023m下1035m・・・・

バスは尾鈴林道分岐まで入ることができる。その後は土砂崩れ、崩壊部分あり
甘茶谷まで 往路50分・復路40分の林道歩きを考慮して企画

※尾鈴林道分岐~甘茶谷登山口~尾鈴山~長崎尾~矢筈岳分岐~林道出会い~トラバース~広場~甘茶谷~尾鈴林道分岐の今回ルートがベスト。

尾鈴山は直登でキツイが、山頂から長崎尾までには(ヒメシャラ・シャクナゲ・ヒカゲツツジ・コウヤマキ), 矢筈岳分岐から林道までの道は緩やかな下り、面白くないルートだが、足場がいいので一気に下った方がいい。
(最近造られたルートのようで踏跡がなくわかりづらい。しかし赤テープが随所にあり間違える事はない

今日はあいにくの雨、カッパ着ての出発。林道脇に滝が見える。
01IMG_920102IMG_9203
甘茶谷に到着。
03IMG_920704IMG_9210
甘茶谷橋から滝を見る。尾鈴山登山道入口。
05IMG_921106IMG_9212
上りはきついですが各合目に道標が設置されています。
07IMG_921308IMG_9217
9号目。苔、残念ですが名前が浮かばない。
09IMG_922110IMG_9223
山頂直下で先に神社へお参り、山の神への基本かな?
11IMG_922612IMG_9227
尾鈴山1405m、山頂と一等三角点。尾鈴山登頂記念。
13IMG_922814IMG_9229
縦走路へ向かい長崎尾。矢筈岳分岐から下山します。
15IMG_923216IMG_9233
分岐から甘茶谷へ下山します。
17IMG_923418IMG_9235
甘茶谷橋そばからバスの待つ尾鈴山林道分岐まで無事に下山しました。
雨の中をお疲れ様でした。
19IMG_924120IMG_9244

以上、2日間、宮崎の山を探訪しました。
・写真をクリックすると拡大できます。

 

2019.02.23~25 徳之島の一等三角点2座、井之川岳と天城山と加計呂麻島(徳之島・鹿児島県・奄美大島・鹿児島県)に「サンサン山倶楽部ファミリー企画」で、栗林ガイド、松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

井之川岳、井之川登山口~井之川岳~(往復)井之川登山口
・・・・・・歩行距離5.2km、行動時間3.3h、標高差計522m・・・・・
真新しい登山口看板。少し舗装林道を歩きます。
1-01P10801861-02P1080189
林道が切れた辺りに登山口看板。進むと獣避けゲート、開閉して進みます。
1-03P10801901-04P1080192
最初は掘割みたいな登山道ですが歩きやすいです。稜線に池間登山道看板ですが、通行禁止になっています。
1-05P10801931-06P1080194
平坦な登山道を進むと青いリボン。山頂到着。
1-07P10801951-08P1080196
井之川岳・一等三角点。登頂写真、残念なるかな山頂標識はありません、ただ卒業記念などの石碑が一杯あります。
1-09IMG_20190223_1304271-10IMG_20190223_130630
登山口にて全員で記念の一枚。
1-11P1080206
井之川岳は大変上りやすく、急登もなく良い山です。3ルートがありますが、今はこのルートがベスト、お勧めです。


徳之島は闘牛で有名、大きな牛。泉重千代さんの銅像、長寿にあやかります。
1-12P10802101-13P1080212
阿権のガジュマロの大木と石垣集落、見事です。
1-14P1080215
1-15P1080217
ガジュマロをバックに一枚。まるで城壁みたいな石垣。
1-16P10802211-17P10802221-18P1080224
次に犬の門蓋、めがね岩に向かいました。
運転手の川越さんがオカリナを吹いてくれました。
1-19P10802271-20P10802311-21P10802321-22P1080243
荒々しい波を受けるので奇岩が生まれるのもうなづけます。
1-23P10802481-24P10802361-25P10802381-26P10802521-27P1080251

天城岳、松原登山口~天城岳~往復~登山口
・・・・・・歩行距離4km、行動時間3.3時間、標高差計438m・・・・・
松原の登山口、舗装道先にゲートあり。

2-01P10802662-02P1080267
ゲ-トを開閉して進みます。松木を乗り越えて進みます、スリップ注意。
2-03P10802682-04P1080270
滝を左に見て左岸を進むと、ロープとハシゴ、跨いで前に進みます。
2-05P10802752-06P1080276
すぐに一番目の渡渉です、右岸へ対岸の登山道が判りにくいので注意です。
倒木などに悩まされて進みます。

2-07P1080278
2-08P1080279
2番目の渡渉です、その後もう一度渡渉があります。
2-09P10802802-10P1080284
倒木が登山道を塞いでいるので回り込まないといけません。ロープが出てきましたが、高さ、ロープの太さなど問題点ありです。
2-11P10802862-12P1080288
倒木の間を抜けて山頂を目指します。天城岳山頂到着。
2-13P10802892-14P1080291
一等三角点、天城岳。
2-15P10802922-16P1080293
天城岳、登頂記念。下山です、広い登山道に倒木が塞いでいるのイメージです、沢沿いはトラバースに注意しながら登り下りしないといけません。
2-17P10802972-18P1080300
2番目の渡渉ポイント、下りは滑るので注意です。
2-19P1080301
天城岳は良い山です、但し登山道の整備、ロープ設置などすれば自然林が多く良い山だと思います。人が入ると山が荒れる・・・という人もいますが、逆に再生する効果もあります。世界自然遺産になる徳之島、是非今のうちに登山道を整備してほしいものです。海だけではなく山もあるから海が活きるからです。
”但し、夏場はハブに注意ですよ”




加計呂麻島
観光サイトhttps://www.kakeroma-welcome.com/
名瀬~古仁屋まで約1時間強、
古仁屋港~瀬相までフェリー25分(海が荒れると欠航)、加計呂麻島の交通は島バスでの移動、貨切バス、又は、電動レンタサイクル利用ですが台数少なし。とにかく自然で、何もないイメージ。
01P108032002P108032603P108032404P108032805P108033406P108033507P108033908P1080341
以上3日間、夕立には会いましたが無事に終了しました。

2019.02.13~18 キナバル山とマムテイツク島(マレーシア、コタキナバル)に柿木ガイドが同行しましたので、掲載します。
と、言っても柿木ガイドが全て作成、編集したものです。
201903011116_0001

201903011116_0003

201903011116_0004

201903011116_0002

201903011116_0005201903011116_0006201903011116_0007201903011116_0008201903011116_0009201903011116_0010

2019.02.23  西目山~右田ガ岳縦走(防府市、山口県、中国百名山)に大坂ガイド、福村ガイドが登ってきましたので掲載します。

西目山登山口は、神里墓地から石段を登る、岩場を登るというより、岩の間の狭い道を登る。第①ピーク~第⑤ピークを抜け山頂へ、下山口は砂防堤の所から左岸(右側)を降りて行くと民家が見え舗装道路になる
◆西目山登山口~西目山~勝坂~右田ガ岳~天徳寺登山口
・・・・・歩行距離5.3km、行動時間6時間、標高差計上646m下658m・・・・・
登山口。墓地の横をんけます。
01P223009102P2230094
急登を上っていきます。
03P223009604P2230097
役小角石像。岩場の上り
05P223010006IMG_0833
展望の良い所で一休み。
07P223011008P2230113
岩場を抜けて。テラス岩。
09P223011410P2230117
西目山312m山頂で登頂記念。勝坂への道標。
12P223012313P2230126
堰堤へ下りていきます。堰堤を左に下りていきます。
14P223012915P2230130
勝坂窯。右田ガ岳の案内、天徳寺登山口にありました。
16P223013300P2230170
右田ガ岳への登山道はも一つ下の入口、この登山道はヤブコギ状態でした。
すぐに本登山道、尾根ルート分岐。

17IMG_084218IMG_0843
尾根ルート登山道。岩場が続きます。
19IMG_084620IMG_0847
それぞれの危険な箇所にはロープがあります。
21P223014122IMG_0849
防府市内が良く見えています。
23IMG_085224IMG_085325P2230149
右田ガ岳山頂下。
26P223015127P2230153
右田ガ岳426m山頂。登頂記念。
28P223015529P2230157
天徳寺登山口へ下ります。岩場が続きます。
30P223015831P2230160
自然石に33体の観音様が彫られています。
32P223016533P2230167
無事に天徳寺登山口へ下山しました。
34P223016835P2230169
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.02.22~24 石鎚山、雪山山行(愛媛県、四国・日本百名山)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。
今回、小倉浅野港~松山観光港を、往復、松山・小倉フェリーを利用しての計画でした。

山頂駅~弥山~山頂駅
・・・・・歩行距離7.5km、行動時間6.3時間,標高差計±883m・・・・
今回、降雪が少ないが、山頂近くはアイスバーン状態で滑るとの情報の中を出発しました。もちろん、アイゼン、ピッケル持参の完全装備の参考にしました。

山頂駅付近は雪がありません。成就社も無雪状態です。
01DSCF462202DSCF4624
神門をくぐると積雪の中を歩きます。
03DSCF462604DSCF4627
避難小屋も森閑としています。石鎚山の山肌が冷たそう。
05DSCF462906DSCF4630
二ノ鎖小屋から本格的に再チェックして進みます。
07DSCF463208DSCF4633
山頂下の鉄梯子も見えるぐらいです、積雪が少ない。避難部屋にて風よけ。
09DSCF463610DSCF4637
弥山山頂にて登頂写真。下山です、滑落に注意して慎重に下山です。
11DSCF464012DSCF4641
山男スタイル、格好つけてハイポーズ。さらに下山します。

13DSCF464414DSCF4646
夜明峠に下りてきました。神門を通過です。
15DSCF464816DSCF4655
アイゼン外して山頂駅へ。ロープウエイにて山麓駅へ下りて無事に終了。
17DSCF465818DSCF4659
・写真をクリックすると拡大できます。

2019.02.18~22 上五島列島一等三角点(城ケ岳、山王山、遠見岳、番岳)、佐世保市、西海市、新上五島町に菊田ガイドが同行しましたので掲載します。

1日目、最初に一等三角点、城ケ岳259m、宇久島、佐世保市

宇久平港からウクチャリ(電動式)にて進みました。城ケ岳、一等三角点まえにて登頂写真。
01CIMG109902CIMG1103
方位案内板もありました。愛宕さまへ向かいました。
03CIMG110404CIMG110505CIMG110606CIMG1107
愛宕さまと、引き続き対馬瀬灯台に向かいました。
07CIMG110908CIMG1120
続いて東光寺です。宇久平港と宿泊のシーサイドホテル藤倉。
09CIMG112210CIMG1127
宇久平から有明港へ向かいました。

3日目、遠見岳121.7m、江島、西海市
・・・・・歩行距離約6km、行動時間2.3時間、標高差計±114m・・・・
江島は小さな島、公共機関はありません。
汽船は佐世保、友住(新上五島町)から出ていますが、今回、日帰りなので友住から往復しました。
港から歩いて遠見岳へ向かいました。人家の中を抜けていきます。
01CIMG124602CIMG1247
診療所前通過です。遠見岳へ向かいます。
03CIMG125404CIMG1255
新しい林道?ができつつあります。
05CIMG126106CIMG1263
いよいよ道なき道に入ります。
07CIMG126508CIMG1273
一等三角点、遠見岳に到着。
09CIMG127510CIMG1278
登頂記念。下山します。
11CIMG127912CIMG1282
古い林道らしき地点へ下りてきました。
13CIMG128614CIMG1290
現地を案内してくれた福田さん(黄色福)、ブルーベリーやひつじ牧場をつくっていました。

15CIMG129516CIMG1298
神社や灯台も散策しました。
17CIMG134418CIMG1365

2日目 一等三角点、山王山439m、新上五島町

・・・・・歩行距離約1.5km、行動時間1時間、標高差計±162m・・・・
海童神社、鯨のアゴ骨の鳥居が有名です。山王登山口から登っていきます。
2-00CIMG11352-01CIMG11412-02CIMG11452-03CIMG11482-04CIMG1153
山頂を目指します。
2-05CIMG11552-06CIMG1156
山頂には展望台があります。
2-07CIMG11592-08CIMG1160
展望台側に一等三角点、山王山439mにて登頂記念。
2-09CIMG11612-10CIMG1170
下山は別ルートで下りました。
2-11CIMG11742-12CIMG1176

近くの矢堅目に立寄りました。
2-13CIMG11882-13CIMG1189
天然塩工場に立ち寄りました。
2-14CIMG11902-15CIMG1393

4日目、一等三角点、番岳442.5m、上五島一番高い山、山頂駐車場まで車が上がります。番岳にて登頂記念。
2-16CIMG13952-17CIMG1399
赤ダキ断崖。
2-20CIMG14002-21CIMG1402

青砂ケ浦天主堂、赤レンガ造りの教会です。続いて世界遺産、頭ケ島教会。
2-18CIMG11992-22CIMG1376
石造りの教会で有名です。頭ケ島天主堂前にて記念写真。
2-23CIMG13812-24CIMG1387
鉄川与助居宅跡にも訪問。
2-25CIMG12052-26CIMG1204
以上、上五島列島の一等三角点、4点、網羅しました。

2019.02.17~18 与論島(一等三角点2座と島めぐり)に徳之島、沖永良部に引き続いて徳永ガイドが行ってきましたので掲載します。

与論島2、一等三角点、与論港そばにある、下船して歩いていくことにした。

01DSCN240802DSCF458103DSCN241004DSCF4576
三角点は岩の上にあります、記念写真。珍しい与論駅?
05DSCF457906DSCF4584
一等三角点、与論島1、97m
NHK電波塔のフェンスの中にありましたのでタッチできませんでした。
残念。フェンスの前でパチリ。
07DSCF458808DSCF4590

与論島めぐり
与論城跡

01DSCN241802DSCN2419
桜は終わっていました。
03DSCF459704DSCF4598
大金久海岸、百合ヶ浜(潮の関係で行かず)が目の前です。
05DSCN242306DSCF4600
与論民俗村、入場料は必要でしたが館主が説明をずー~としてくれましたヨ
07DSCF460708DSCF460609DSCF460510DSCN2424
舵引きの丘、与論島をグルリ見渡せる景勝地。
11DSCF461012DSCF4611
このようにして、2/14~18まで、徳之島、沖永良部島、与論島の一等三角点、6座と観光地を巡りました。
一部、タッチできないところもありましたが、無事に終了したことに感謝。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

最近のコメント