日記・エッセイ・コラムの最近のブログ記事

2018.05.15~18 芦生の森ハイキングに悦子ガイドが行きましたので掲載します。芦生の森 :美山町を東西に流れる美山川の源流、美山町の北東にある、手つかずの天然林こそ、美山の豊かな水流と文化の源となる芦生の森です。植物や動物、昆虫などの生態が豊富で、大都市に近い低山地としては非常にめずらしい森林となっています。現在は京都大学芦生研究林として管理されています。
大自然を体感できる場所として多くのハイカーがこの芦生の森に訪れるようになりましたが、もともと多くの入山者を想定していない管理林であり、最近では様々な環境負荷が問題になっています。
豊かな自然を次の世代に繋げていくためにも、ルールを守ったハイキングをお願いいたします。

2日目 ブナの峠ハイキング
美山、茅葺の里巡り
2-01DSCF36302-02DSCF36322-03DSCF36332-04DSCF36372-05DSCF36362-06DSCF3638
植物観賞
2-07DSCF36422-08DSCF3643
いよいよブナの峠ハイキングです。現地では2名の専門ガイドさんがいろいろ説明をしてくれるので理解できます。
前半のブナノキ峠では、ブナの林に出会えます。後半の下谷林道ではトチの巨木が広がるトチノキ平や大カツラの巨木など、見どころが多いコースです。
(行程)文化村-芦生-ブナノキ峠(標高939m)…下谷林道…長治谷作業所-芦生-文化村
【歩行距離約7km、標高差約300m、歩行時間約5時間、バス乗車時間往復約2時間】

2-09DSCF36472-10DSCF36502-11DSCF36522-12DSCF36542-13DSCF36582-14DSCF36592-15DSCF36612-16DSCF36632-17DSCF36642-18DSCF36662-19DSCF36672-21DSCF36682-22DSCF36692-23DSCF3671
ブナの峠にて、記念撮影。
2-24DSCF36722-25DSCF36782-26DSCF36802-27DSCF36872-28DSCF36892-29DSCF36972-30DSCF37022-31DSCF37072-32DSCF37152-33DSCF3716
カツラ保存木。
2-34DSCF37262-35DSCF37242-36DSCF37292-37DSCF3728
サクラソウ。
2-39DSCF37362-40DSCF3737
河鹿荘にて、夕食風景。
2-41DSCF37442-42DSCF3743

3日目  上谷、杉尾峠コースハキング
上谷は、由良川が始まる最初の一滴が流れはじめる谷です。源流域にはブナやトチの巨木があり芦生の森の魅力を象徴しています。杉尾峠では日本海を眺望できることもあります。
(行程)文化村-芦生-長治谷作業所…上谷…杉尾峠(標高765m)-芦生-文化村
【歩行距離約4km、標高差約125m、歩行時間約4時間、バス乗車時間往復約3時間】

3-01DSCF37483-02DSCF37523-03DSCF37563-04DSCF37643-05DSCF37663-06DSCF37703-07DSCF37753-08DSCF37773-09DSCF37813-10DSCF37823-11DSCF37853-12DSCF37893-13DSCF37913-14DSCF3795
2日間、森から受ける恩恵、森のしくみ、輪廻転生、倒木更新、源流からの分水嶺など、大事にしないといけない自然を存分に学びました。
船から見る明石海峡、大橋。
3-15DSCF37993-16DSCF3812
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.05.05  宇佐(USA)6山縦走(宇佐市、大分県)に斉藤ガイドが登ってきましたので掲載します。
2017.05.21のブログを添付します、比較してみてください。
http://www.33-yama-club.jp/blog/2017/05/post-1487.html

この企画は、ステップアップ、体力アップ、体力確認のために作成されました。
標高差計のように、アップダウン多く、ロープがシッカリ設置された内容でした。

香下~妙見山~谷山~石山~鬼落山~石井山~高山支城~高山登山口
・・・・歩行距離8.2km、行動時間7.4時間、標高差計上1158m下1146m・・・・
登山口
01IMG_695102IMG_6950
射場越、ここから妙見山往復です。
03IMG_695304IMG_695405IMG_695506IMG_6956
妙見山山頂。1座目、登頂記念。
07IMG_695708IMG_6961
射場に戻って。2座目谷山。
09IMG_696210IMG_6963
由布岳が見えていました。3座目石山。
11IMG_696512IMG_6969
4座目、鬼落山。
13IMG_697114IMG_6977
5座目、石井山。
15IMG_697816IMG_6980
6座目、高山支城。下山は高山登山口へ下りました。
17IMG_698218IMG_6984
・写真をクリックすると拡大できます。
皆さんキツイ行程を良く頑張りましたネ。

2018.04.30  犬山岳と白岩山に大坂ガイド、福村ガイドが登ってきましたので掲載します。
犬山岳は一等三角点でもありますが、今年の干支登山でもあります。
山腹の歌垣公園は白石町のHPで下記のように紹介されていますので、詳細をご覧ください。

https://www.town.shiroishi.lg.jp/asobou/ittokanba/_1741.html

歌垣公園~犬山岳~歌垣公園
・・・・・歩行距離1.5km、行動時間1.1時間、標高差計±157m・・・・・
01P430013302P430013403P430014104P430014705P430014806P430014907P430015408P430015309P430015510P430015911P430016212P430016113P430017014P430016915P4300167
竜王崎古墳公園
16P430017517P430017818P430017919P4300185
6号墳は内部まで見えるようになっています。
20P4300184

白岩山
集落~白岩山~集落
・・・・・歩行距離2.4km、行動時間35分、標高差計±200m・・・・
集落から歩き始めました。ミカン畑の所に道標が設置されていました。
21P430019022P4300193
樹林帯をぬけると白岩山に到着。
23P430019724P4300201
枝に白岩山のプラが下がっていました。登頂記念。
25P430020326P4300206
ミカン畑と梅の実がタワワに実っていました。
27P430021328P4300214
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.21   野北の岩場に徳永ガイドが行きましたので掲載します。
野北の岩場の目的は、ステップアップ、岩場での講習です。
モチロン、ハーネス、カラビナ、スリングで装着しての安全、安心登山のための講習です。

①ロープを利用して滑落しない手法、アルプスへ行くと鎖を利用しての通過ですが。
P4212395P4212396
急坂を下り現場へ向かいます、この下りも講習の一環です。
P4212397P4212398
②最初は岩場にて三点支持(確保)しての通過です。
P4212399P4212400P4212401P4212402
③岩場の登り下り
P4212403P4212404P4212405P4212406
④垂直の壁を登り下りします。ロープが良く見えませんが安全確保しての上り下りです、下りは懸垂下降です。
P4212407P4212409P4212410P4212411P4212412P4212413P4212414P4212415P4212416P4212417
慣れてくるとこんな笑顔? 講習会無事に終了、終了証書は?
P4212418P4212420
・写真をクリックすると拡大できます。

 

2018.04.22  黒岳~前岳縦走(九重山系、大分県、九州百名山)に秋山ガイド、木原ガイドが登ってきましたので掲載します。

今回の目的はステップアップ、岩場コースの通過、ロングコースの歩き方を目的としました。

*今回の縦走について参加された方に伺ったところ、中央に行きたい(アルプス)が 行程が8時間以上の山行

が多くあり、自分がそれだけ長い時間を歩けるかを近場で試したいとの意見が多かった。

*ゆえに実際に中央のコースを念頭に、「この登りは前穂のここ位」お話をすれば 長い時間も励みになるかと。

*山行途中では「長い~」との声も出たが、上記の理由により また違うコースも参加したいとの声あり。

男池~ソババッケ~風穴~黒岳~前岳~白水鉱泉
・・・・歩行距離7.2km、行動時間8.15時間、標高差計上805m下944m・・・・
黒岳=高塚山。男池の登山口へ向かいます。
00P422018401RIMG0013
名水百選男池へ。男池の名水。
02P422016503RIMG0016
新緑の中を歩きます。ソババッケへの道標。
03RIMG001904P4220167
ソババッケ到着、右後方は三俣山。石場(岩)を通過します。
05P422016906P4220172
風穴に到着。休憩ポイント。
07P422017308P4220176
高塚山への急登はザラつきの急登、グループを別けて登りました。
天狗分岐に到着。
09P422017710P4220180
高塚山を目指します。高塚山1587m(黒岳)にて登頂写真。
11RIMG002812P4220186
高塚山の下り、前岳を目指す。九重山群、後方は三俣山。
13P422018714P4220190
歩きにくい岩場を通過します。石楠花が現れてきました。
15RIMG003016P4220191
岩場の通過は慎重に。上台ウツシに到着。
17P422019218P4220193
前岳への上り。
19P422019420P4220198
前岳1334mにて登頂写真。前岳を後にします。
21P422020922P4220212
石楠花が一杯開花していました、当たり年かな?
23P422021324P4220214
石楠花を鑑賞しながら、且つ、岩場の下りは気をつけて、神経を使います。
25RIMG003826RIMG0040
白水分れ、白泉荘分岐。今年はシャクナゲが綺麗でした。
27P422021728P4220219
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.21  猪の瀬戸~水口山~青梅台(湯布院、大分県)に松本ガイド、菊田ガイドが登ってきましたので掲載します。

猪の瀬戸~水口山~青梅台~正面登山口
・・・・・歩行距離3.8km、行動時間2.2時間、標高差計上233m下167m・・・・・
今回はサクラソウを鑑賞する楽しみが計画されました。
一面のサクラソウ
00P104098100P104098300P104098400P1040985
今回サクラソウ以外にもお花に出会いました。
00P104099800P104099900P105000700P1050019
出発は猪の瀬戸です。
01P104098202P1040990
遊歩道を歩いていきます。
03P104099204P1040995
氷室小屋跡です。水口山登山口。
05P105000406P1050008
荒れた急登を登っていきます。猪の瀬戸展望台。
07P105000908P1050012
新緑、好天の中を進みます。
09P105001610P1050017
尾根道にもサクラソウ。サクラソウで記念写真。
11P105002212P1050025
ヤマシャクも咲いていました。
13P105002814P1050031
樹間から由布岳。水口山山頂です、木に山頂名。
15P105003416P1050035
水口山で登頂写真。青梅台へ向かいます。
17P105003718P1050039
青梅台山頂、三角点があります。山桜が綺麗でした。
19P105004820P1050046
下山します。下山路にも山桜。
21P105005022P1050053
カラマツ林になりました。
23P105005724P1050059
由布岳正面登山口へ無事に下山しました。
25P105006026P1050061
・写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.21  野北の岩場(岩登りの基本を学ぶ、福岡県)に徳永ガイドが行きましたので掲載します。
ハーネス、スリング、カラビナ、ヘルメットを装着しての技術講習です。

最初は鎖の通過のため、ロープを利用しての講習です。
P4212395P4212396
急坂を下り、現場に到着します。
P4212397P4212398
最初は三点確保して岩場を通過する講習。
P4212399P4212400P4212401P4212402
次に岩場を登り下りする講習。
P4212403P4212404P4212405P4212406
次はさらに難しい岩場を登り下りします。
もちろん徳永ガイドがロープで確保しての講習です。
P4212407P4212409P4212410P4212411P4212412P4212413P4212414P4212415P4212416P4212417
岩場を上から見ると90°の壁です。最後に講習を終えてハイポーズ。
P4212418P4212420
・写真をクリックすると拡大できます。

2017.04.09  相之島(新宮町、福岡県、一等三角点+猫の町)に悦子ガイドが行ってきましたので掲載します。

相之島はアメリカのCNNで世界6大スポットに選ばれました、猫の町としても有名ですが、朝鮮通信使が滞在した歴史的にも有名な島です。

新宮町が発行している相之島観光パンフレットがありますのでそれで回るのがベストです。
201804231131_000100DSCF353700DSCF353800DSCF362000DSCF362501DSCF353102DSCF353503DSCF353604DSCF353304DSCF353905DSCF354106DSCF354707DSCF355109DSCF3557
遠見番所跡。一等三角点はヤブの中で捜すのに苦労しました。
11DSCF356412DSCF356213DSCF356715DSCF357715DSCF358016DSCF358416DSCF358517DSCF359317DSCF359018DSCF359218DSCF359618DSCF360018DSCF360218DSCF360318DSCF360618DSCF360718DSCF3610
観光パンフレットのように①~順番にめぐると、約2時間30分ぐらいでした。
写真をクリックすると拡大できます。

2018.04.01  御許山~雲ケ岳(宇佐市、杵築市、大分県)に松本ガイド、栗林 ガイドが登ってきましたので掲載します。

USA(宇佐)、第2弾として実行され、先日の龍岩寺、石橋群、双葉の里、五百羅漢、宇佐市平和資料館、宇佐神宮・・・に続いての今日の登山です。
 http://www.33-yama-club.jp/blog/2018/04/usa-1.html


大元登山口~御許山~雲ケ岳~恵良商店
・・・・歩行距離5.3km、行動時間2.5時間、標高差計上257m、下526m・・・・・
登山口までジャンボタクシーで進みました。登山開始
01IMG_528102IMG_5296
緩やかな植林の登山道。雲ケ岳分岐、帰路に向かうことにしました。
03IMG_530604IMG_5317
御許神社登山道。道標。
05IMG_532706IMG_5343
車道歩きをやめて樹間に入り、神社へ直登します。
07IMG_535508IMG_5358
大元神社、宇佐神宮奥宮到着。参拝ですが、2礼4拍1礼の作法です。
09IMG_535910IMG_5365
神社裏へは立ち入り禁止です。御神木の前で登頂写真。
11IMG_537612DSCN1532
下山は車道歩きをチョイスして雲ケ岳の分岐まで往復しました。
13IMG_538014IMG_5387
雲ケ岳分岐より雲ケ岳へ向かいました。
15IMG_540516IMG_5410
急登の登山道。雲ケ岳山頂、到着、一等三角点でもあります。
17IMG_541918P1040558
雲ケ岳、杵築市最高峰、登頂記念。無事に登山口まで下山しました。
19DSCN153420IMG_5457
車道を歩いて下山しました。途中にいろいろな花を観ることができました、スモモの花。
21IMG_547322IMG_5488
桜が満開。モモの花。
23IMG_548924IMG_5492
ユキヤナギ。キズイセン。
25IMG_549326IMG_5494
モモの大木。コビシ、ミツマタ、レンギョウの競演。
27IMG_549628IMG_5497
茶色のミツマタ。チューリップ
29IMG_5499DSCN1544
無事に登山は完了しました。


下山後は大分名物、団子汁定食の昼食、ワイナリーの試飲と買物でした。

00IMG_551101IMG_551702IMG_552403IMG_5532

・写真をクリックすると拡大できます。
・写真提供は、TMさんでした。いつもありがとうございます。

2018.03.31   USA(宇佐)第2弾に松本ガイド、栗林ガイドが行ってきましたので掲載します。
昨年(安心院)に引き続き、今回は院内町、宇佐市を中心に計画されました。
行先は、1日目、龍岩寺、石橋巡り、双葉の里、東光寺五百羅漢、宇佐平和資料館、宇佐神宮、

2日目は、御許山~雲ケ岳登山と、ワイナリーです。
最初に1日目を掲載します。

龍岩寺
この寺は、天平18年(746)行基によって開山したといわれています。県内唯一の鎌倉時代の木造建築物・奥の院礼堂と白木の三尊像は共に国の重要文化財。三体の仏像は、一本のクスの木から作られたと伝えられています。礼堂の床下に懸けられている「きざはし」(丸太ばしご)は、ここと伊勢神宮にしかない珍しいものです。仏像とともに行基が一夜にして建造したと伝えられています。平安末期の様式。楠の大木を切り一本三体の仏像を一夜の内に彫刻したと伝えられている。昭和25年8月29日国重要文化財指定。昭和27年に不動明王 阿弥陀如来 薬師如来仏像の修理が行われた。弘安9年2月22日と昭和33年に奥の院礼堂の復元修理がおこなわれた。仏像の優秀さと礼堂の優美さは国内稀有の文化財であり、大分県では富貴寺とともに貴重な存在である。
clip_image002 clip_image004
上記2枚は、宇佐市資料から

龍岩寺で現地ボライイテイアガイドさんから説明を受ける。

01IMG_498602IMG_4987
参道入り口、階段を登っていきます。
03IMG_499104IMG_4992
参道をあがり龍岩寺に到着、入場料@200支払
05IMG_499306IMG_4997
さらに階段を上がります。
07IMG_500308IMG_5007
万力坊大権現
09IMG_502310IMG_5024
岩のトンネルを抜けると奥の院礼拝堂です、三徳山の投入れ堂みたいです。
11IMG_502512IMG_5032
礼拝堂と「きざはし(三仏の残りを階段としたもの)、現在、老朽化のため利用できません。
13IMG_503614IMG_5037
国、重要文化財の説明。3仏、不動明王座像、薬師如来坐像、阿弥陀如来坐像、この三仏は格子戸越に撮影したものです。
せめて撮影用の窓があればと思います。
15IMG_505016IMG_503817IMG_504018IMG_5041
格子戸越に拝観するメンバー
19IMG_504420IMG_5042
不滅水。再度礼拝堂を仰ぎ見る。
21IMG_504522IMG_5051

次は石橋群へ移動します。

石橋群
大分県は全国で最も石橋が多い地域であるが、中でもこの宇佐市院内町には75基もの石橋が残されており、うち、アーチ橋(めがね橋)は64基と日本一を誇っている。 この地に石橋が多い理由はいくつかある。一つは院内町の地形は深い渓谷を形成しており、その流れも急であるため、住民は頑丈で流されない石橋を必要としたこと。二つ目は石橋作りに必要な材質となる石が豊富に採石できたこと。そしてもう一つは、生活に必要不可欠な棚田や石垣等を組む技術を持った優れた石工が多かったことである。 中でも『石橋王』と呼ばれる石工の名棟梁・松田新之助は、関西でアーチ橋設計の技術を学び、明治30年に帰郷してからは「鳥居橋」など代表的な14基の石橋を手がけ、うち、11基が現存している。その他にも、安心院町や本耶馬溪町にも彼が手がけた石橋が残っている。建設途中に崩壊した「富士見橋」を、名工の意地と信念で私財をなげうって完成させたという感動的なエピソードもある。
clip_image002[4] clip_image004[4]
上記2枚は宇佐市資料より

ボランテイアガイドさんから構造の仕組みを模型を利用して説明を受ける
01IMG_506802IMG_506303IMG_506404IMG_5066
荒瀬橋。
05IMG_508106IMG_5078
荒瀬橋と可愛い子猫
07IMG_508208IMG_5084
周りに土筆が生えていました。院内道の駅でオオサンショウウオが見られました、いつもは石穴に居るのでなかなか全体は見られません。
09IMG_508510IMG_5086
次は鳥居橋。以前の台風時に欄干近くまで水かさがきましたがびくともしませんでした。
11IMG_509312IMG_508813IMG_509214IMG_509515IMG_509916IMG_5101
宇佐市院内町のボランテイアガイドの賀来さん(左)、岩尾さん(右)
ありがとうございました。
17P1040506

次は双葉の里へ向かいました。

image


60連勝以上成し得た3力士の碑があります。
01IMG_511502IMG_511803IMG_512005IMG_512406IMG_512807IMG_513008IMG_5129
双葉山生家、
08IMG_513809IMG_5141
桜が彩りを出してくれていました。
10IMG_5143

次は東光寺五百羅漢です。
01IMG_514602IMG_514803IMG_515304IMG_515405IMG_515606IMG_5165
仏足跡。自分に似ているのがあるか探しましたが見つけることはできませんでした、残念。
07IMG_516208IMG_5168
仁王像。
09IMG_5171

次は平和資料館です。
「宇佐市平和資料館で零銭、桜花などの特攻遺品をみていると気が沈みます。いかに戦争という非常時であれ人が他人に死を命じる権利などありません、「十死零生」の特別攻撃隊という非道な戦術を考え出した戦争指導者たちの無能、無責任と非人間性に怒りさえ感じます。・・・今日の日本の世相を思う時、国家主義、右傾化、戦前回帰、不寛容、ヘイトスピーチなどの表現が多くなっています。これから私たちは何処へ向かうのでしょうか?心配です」

バスから見る滑走路。バスから見る掩体壕。
01IMG_514402IMG_517503IMG_518704IMG_518105IMG_518006IMG_517907IMG_518808IMG_518909IMG_519010IMG_519111IMG_5193
写真、文章でいかに悲しい出来事であったかご理解ください。
過去の失敗を繰り返さないために、あえて見学にいきました。近年新しい施設が完成するそうです。

次は宇佐神宮です。
明日登る御許山は宇佐神宮の奥宮です。
01IMG_523202IMG_519803IMG_519904IMG_520105IMG_520306IMG_520707IMG_521008IMG_521209P104051810IMG_521311IMG_5214
上宮で参拝しました、2礼、4拍、1礼が参拝の仕方です。
12IMG_521613IMG_521914IMG_522015IMG_522516IMG_522817IMG_522918IMG_523019IMG_523420IMG_523821IMG_524422IMG_524323IMG_524724IMG_524925IMG_525126IMG_525227IMG_525328IMG_5256

いよいよホテルへチェックイン。
各種シャブシャブ、食べ放題、飲み放題で満喫しました。
00IMG_525800IMG_5259

・写真提供はTMさんでした、いつもありがとうございます。
・写真をクリックすると拡大できます。

次号は御許山~雲ケ岳を掲載します。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

アーカイブ