礼文島と利尻山(北海道、日本百名山、一等三角点)

| コメント(0)
2019.06.02~06.05 4日間にかけて礼文島と利尻山(北海道、日本百名山、一等三角点)に悦子ガイドが登ってきましたので掲載します。

初日
福岡空港~羽田空港~稚内空港=稚内港~フェリー~香深港と
乗り継いで礼文島に向かいました。08:00福岡空港発で礼文島ホテル17:00着と長い道のりです。

礼文島、
稚内港からフェリーで向かいます。マスコットと一緒に。
1-1DSCF0002_R1-2DSCF0003_R
利尻山が見えています。今日はDLX HTLで宿泊。
立派なホテルに間違いはありませんが、約3か月で業務を行うのでメチャメチャ料金が高いのが難点ですね。
1-3DSCF0008_R1-4DSCF0009_R
早朝にホテルのサービスで桃岩へ花めぐりに行きました。

今回花の開花が早く、レブンアツモリソウの群生は見られなかったが、花は残っていた。盗掘、温暖化等で年々数が減り監視カメラ設置や保護コストがかさむそう。サンサンの方は保護の寄付金をされている人が多くおられ、自然環境に関して意識が高いことに、関心しました。

礼文島で見られた花:レブンアツモリソウ、ミヤマオダマキ、センダイハギ、エゾコザクラ、レブンソウ、ハクサンチドリ、ヨツバシオガマ、エゾカンゾウ、イブキトラノオ、レブンキンバイ、等

00DSCF0087_R0DSCF0017_R0DSCF0021_R0DSCF0022_R0DSCF0023_R0DSCF0024_R0DSCF0025_R0DSCF0033_R0DSCF0036_R0DSCF0037_R0DSCF0038_R0DSCF0039_R0DSCF0043_R0DSCF0062_R0DSCF0074_R0DSCF0078_R
一旦、ホテルに帰り、島内巡りの定観バスに乗車しました。
澄海岬です、海なのにスカイです。
2-1DSCF0030_R2-2DSCF0042_R2-3DSCF0044_R2-4DSCF0046_R
澄海岬からアツモリソウを見に行きました。
2-5DSCF0049_R2-5DSCF0057_R
開花が早かったですがアツモリソウを見ることができました。
2-6DSCF0058_R2-7DSCF0060_R2-8DSCF0066_R2-9DSCF0069_R
最北限のスコトン岬です。
2-10DSCF0070_R2-11DSCF0072_R
桃岩と猫岩に戻ってきました。
2-12DSCF0079_R2-13DSCF0080_R
天気が良くて利尻山がクッキリと見えています。
2-13DSCF0082_R2-14DSCF0086_R
寿司の昼食です。
2-15DSCF0094_R

船で利尻島へ向かいました。時間があったのでペシ岬を歩きました。
2-0DSCF0109_R2-1DSCF0095_R
ペシ岬、岬は白いのは海鳥のフンです。
2-2DSCF0096_R2-3DSCF0099_R
展望台でパチリ、後は利尻山。会津藩士の墓があります。
2-4DSCF0103_R2-5DSCF0106_R
今日の夕食はウニご飯です、利尻、礼文のうにが旨いのは利尻昆布を食べて大きくなるからです。
2-6DSCF0105_R2-6DSCF0114_R2-7DSCF0115_R

利尻山の花達
3-00DSCF0131_R3-00DSCF0134_R3-00DSCF0137_R3-00DSCF0138_R3-0DSCF0144_R3-0DSCF0145_R3-0DSCF0146_R3-0DSCF0149_R3-0DSCF0158_R3-0DSCF0159_R3-0DSCF0163_R3-0DSCF0171_R3-0DSCF0174_R3-0DSCF0193_R3-0DSCF0204_R

利尻山登山
利尻山登山の日に限ってチョット天気が悪い。後半は持ち直したけど・・・
北麓野営場~甘露泉~長官山~9合目~利尻山(往復)
・・・・・歩行距離12.7km、行動時間11時間、標高差計±1497m・・・・・
標高差計、約1500mの往復登山で健脚コースです。
3-01DSCF0120_R3-02DSCF0121_R
登山口には携帯トイレ(必携)回収BOXがあります、
3-03DSCF0122_R3-04DSCF0123_R
甘露泉。姫沼分岐。
3-05DSCF0124_R3-06DSCF0127_R
各合目に道標があります。
3-07DSCF0129_R3-08DSCF0133_R
全ての合目ではないですが、トイレボックスもあります。
3-09DSCF0139_R3-10DSCF0142_R
7合目、8合目と上がっていきます。
3-11DSCF0147_R3-12DSCF0151_R3-13DSCF0152_R3-14DSCF0154_R3-15DSCF0156_R3-16DSCF0157_R
8合目の上に避難小屋があります。携帯トイレの利用法です。
3-17DSCF0161_R3-18DSCF0164_R
残雪があります。火山礫の登山道。
3-19DSCF0165_R3-20DSCF0168_R
9合目です、思案場所です(登るか?引き返すか)、急登が始まります。
広い休憩場所、ここから正念場の看板

3-21DSCF0172_R3-22DSCF0176_R
急登を上っていきます。沓形コースは登山禁止でした。
3-23DSCF0178_R3-24DSCF0179_R
あともう少し。利尻山到着。
3-25DSCF0181_R3-26DSCF0191_R
登頂記念。下山も同コースで下山します。8合目~6合目と。
3-26DSCF0187_R3-27DSCF0201_R
6合目で一服。登山口へ無事に下りてきました。
3-28DSCF0206_R3-29DSCF0216_R
長くキツイ利尻山登山でした。
3-30DSCF0218_R
4日目、福岡空港へ帰ります。宿泊前にて利尻山とお別れです。
4-1DSCF0229_R4-2DSCF0234_R
鴛泊港にてペシ山(一等三角点)、利尻山(1719m、一等三角点、日本百名山)と最後のお別れです。
4-3DSCF0239_R4-4DSCF0240_R
・写真をクリックすると拡大できます。


コメントする

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ