旧登山口~馬口岳~馬口石~新登山口、周回(宮崎県、椎葉)

| コメント(0)

2017.03.26  前日に引き続き、旧登山口~馬口岳~馬口石~新登山口、周回(宮崎県、椎葉)に徳永ガイド、松本ガイドが登ってきましたので掲載します。

旧登山口~馬口岳~馬口石~新登山口、周回(宮崎県、椎葉)
・・・・・歩行距離4km、行動時間4.3時間、標高差計上355m下622m・・・・

例年通り、林道最上部の登山口までは地元の方にお願いして軽トラ四駆で送迎して貰う。最初のきつい登りはあるが尾根出合からは自然林のゆるい登りで山頂に立つことが出来る。山頂より西側にあり馬口石に登る。ここは古いロープがあるが足場が悪いので注意すること。帰りは新登山口側に降りるルートを取るが尾根の踏み替えが2回あって踏み跡も薄く道迷いに注意したい。登山口手前で伐採作業の現場があって登山道がなくなっていて地図で確認しながら下山した。

川の口橋から軽トラなど四駆で上がらないと無理です、普通車では凹凸があり無理でしょう。地元の人の協力なしでは登山口まで歩くことになります。
旧登山口到着。

01P100019202P1000199
協力してくれた鶴富屋敷の女将、息子さんと記念写真。旧登山口より出発。
03P100020204P1000205
植林帯を登っていきますがテープがあるので間もなく伐採されるのでしょう。1254mに上がってきました。
05P100020906P1000213
1310m付近。椎葉大河内方面の展望、雲海が綺麗。
07P100021608P1000220
穏やかな主尾根を進みます。所どころにこんな場所もあり。
09P326718210P3267185
乗越えると山頂はすぐです。馬口岳山頂到着。
11P326718612P1000229
馬口岳山頂にて、これも上手く撮れていません。新登山道を一旦やり過ごして馬口石に向かいます。
13P100023514P1000238
展望台、向こうに馬口石。馬口石の上りは要注意です。
15P1000239
16P3267192
馬口石にて、名前の由来はバクチをここでしたらしい。下山も気をつけて下ります。
17P326719318P3267197
新登山口を下ります、昨日の雪が残っていて滑らないように下ります。展望所。
19P100025020P1000253
天気が良ければ景色は素晴らしいのでしょう。急な下り。
21P100025422P1000256
ヒカゲツツジの群生地。トラバースしながら進みます。
23P100025724P1000261
シャクナゲ群生地。ロープが設置されていました。
25P100026626P1000269
植林帯の下り。自然林の下り。
27P100027028P1000276
急な下りは気をつけて。林道で登山道が無くなっていました。
29P100027830P1000279
右尾根へ移動します。涸れ沢に下りてきました、堰があるところです。
31P100028032P3267204
涸れ沢を横切り、対岸を上がります。林道歩き約200mで新登山口入口
33P326720534P1000283
新登山口には立派な案内板があります。
35P1000287
・写真をクリックすると拡大できます。

コメントする

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ