保口岳(五家荘、熊本県、九州百名山)

| コメント(0)

2015.09.22~23 保口岳と平家山~後平家山~夫婦山~南平家山~五家宮岳~ウードヤ山縦走に栗林が登ってきましたので掲載します。
最初に 1日目 普賢峰~保口岳を紹介します

林道歩き~登山口~普賢峰(1280m)
~保口岳(1281m)~登山口
・・・歩行距離6.5km(10.5km)、行動時間4.2時間(5.2時間)、標高差上461m(701m)、下461m)・・・・・( )は今回の実測、通常は( )無しのデータ

実情は登山口手前4kmが崩落土でマイカーは通過できますが、マイクロはそこが閊えて危険と判断して歩くことにしました
1-01登山口手前4kmで崩落土砂が均されてなくてバス車体が閊えるため歩くことにした1-02林道を4km歩いて登山口へ向かう
本来の登山データ
注意点は作業道をZに2回ほど歩きますが、この作業道がカヤで塞がれていたりしますので踏跡を確認する必要があります(NO8~No13写真)
1-03保口岳登山口到着1-04竹林を進む1-05案内書などの最後の民家1-06民家左手が登山道1-07植林地を登ります1-08最初の林道に上がってきました1-09最初の林道は右へ、すぐにUターンします1-10林道脇に保口岳道標、山道に入ります1-11再び植栽地を登ります1-12 2番目の林道も右へ、そしてUターン1-13この先のY字を右の林道へ1-14林道奥で左に進みます1-15保口岳取付1-16笹が被さった登山道を登っていきます1-17岩場が現れました1-18ロープが設置されています1-19上がりきると普賢峰です鬼山御前の碑があります1-20急下りにはロープがセットされています1-21再び笹林の歩きにくい登山道を進みます1-22途中ロープがセットされていました1-23保口岳山頂到着1-24保口岳山頂1-25保口岳登頂写真1-26アケボノソウがたくさん咲いていました1-27ヤマシャクの種です。5月にはヤマシャクが咲くのです1-28保口岳を下山します1-29保口林道に下りてきました1-30Y字はリボン、左に入ります1-31各所で崩落しています1-32元の登山口に下山しました
・写真にカーソルを添えると説明が出ます
・写真をクリックすると拡大できます

次号は平家山~ウードヤ山6座縦走を掲載します

コメントする

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ