2018.02.24~26 西天狗雪山山行(八ケ岳連峰、長野県)

| コメント(0)

 

2018.02.24~26   西天狗雪山山行(八ケ岳連峰、長野県)に徳永ガイドが登ってきましたので掲載します。
アイゼン8本爪以上、ピッケル持参での山行でした。

02.24 岡発9:00のANA434便が欠航、次便のANA3832便10:10発に振替となりスタートから遅れて しまう。お詫びに1000円のミールクーポンを貰って出発を待つこととなる。渋御殿湯に16:20に到着。
渋御殿湯到着、夕食
01P224200402P2242007


02.25、 7:30に出発。奥にある木橋を渡と沢道、尾根道とルートが別れるがどちらでも行けるが尾根道の方が安全なので右に行く。黒百合ヒュッテまでは樹林帯の登りで大雪直後でない限り問題はない。ヒュッテにいらない装備を預けて天狗岳へ向かう。中山峠から先は西風が強く吹くので防風、防寒対策はしっかりすること。中間部には東側に雪庇と急な雪壁、岩稜帯では注意すること。西天狗岳までは、一旦コルまで下りて、雪壁を登れば山頂に着く。復路はコルよりトラバースして岩峰の下で往路と合流する。赤旗等のマーカーがないので視界が悪い時はルートファインディングが難しいので注意すること。14:00頃にはヒュッテに戻るので、参加者が元気な場合は中山峠より中山まで行くのも良い。寝床の案内は16:30からなので、その間は1階の広間や食堂でのんびり待つしかない。
・・・・・歩行距離6.2km、行動時間6.2時間、標高差計上799m、下250m・・・・
渋御殿湯出発。鉱泉分岐から天狗を目指す。
01P225201402P2252016
黒百合ヒュッテ到着、挨拶と不要な荷物を預ける。寒い、気温-6度。
03P225202104P2252022
テント場には数張。黒百合ヒュッテ出発、天狗を目指す。
05P225202306P2252024
中山峠2410mに到着、登頂写真。東天狗2642m登頂写真
07P225202508P2252027
西天狗へ向かいます。前方に西天狗。
09P225202810P2252029
西天狗2646m登頂記念。八ケ岳連峰赤岳方面。
11P225203212P2252034
西天狗を離れる。樹林帯に入ると寒さも幾分和らぐ。
13P225203614P2252040
みどり池分岐から黒百合ヒュッテへ。黒百合ヒュッテへ到着。
15P225204116P2252042

2.26、朝食は6:30より始まる。食事を済ませてヒュッテ前のピークの斜面で雪上歩行や滑落停止、ピッケルの使い方の講習を行った。8:45下山を開始する。歩き易い雪道をアイゼン着けてサクサクと下った。温泉で冷えた身体を温めて昼食を取って2時間程休憩、送迎のタクシーに乗って名古屋を目指す。
・・・・歩行距離3km、行動時間3時間、標高差計、下549m・・・・・・・
温度計は-11度、冷える。ピッケルワークへ向かう。
01P226205002P2262052
雪の白、青い空、じっとしていると寒い。ピッケルを前、雪面にさして登攀訓練
03P226205304P2262054
尻スキー&反転してピッケルでの滑落防止訓練。
05P226205606P2262057
白銀の世界。
07P226205808P2262063
ピッケルでの滑落防止訓練。身体の胸でピッケルに体重を乗せないとピッケルが刺さらない。
09P226206510P2262066
黒百合ヒュッテに帰ってきました。下山します
11P226207312P2262075
樹林帯の中を渋御殿湯へ下っていきます。
13P226207714P2262081
渋御殿湯へ無事に下山しました。
15P226208216P2262084
昼食はこたつに配膳されていました。帰路の高速道路から諏訪湖。
17P226208518P2262088
高速道路じょから御嶽、噴煙が見えています。中央アルプス。
19P226209020P2262091
皆さん良い体験ができて良かったですね~
・写真をクリックすると拡大できます。


コメントする

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ