エベレスト街道トレッキング(ネパール)

| コメント(0)

2017.10.22~29 エベレスト街道トレッキング(ネパール)に徳永ガイドが行ってきましたので掲載します。
世界最高峰のエベレスト8848mは英語、ネパール語はサガルマタ、中国語はチョモランマ・・・3つの呼び名があります。

10/22
5年ぶりのネーパルで香港経由でネパールに入る。香港でのトランスファーは標識に従い、乗換えのチケットを持ってチェックイン。出発ターミナルに出て出発ゲートNOを確認してゲートに向かう。カトマンズの空港には、ボチボチトレックの社長ティカ氏とサーダー2名アシス氏、マンディ氏が迎えに来ていた。久振りの再会、カタの出迎えを受けてホテルに向かう。

10/23
ルクラ便はここ3日間飛んでいないようで早朝が勝負となる。空港で待機するが目途が立たないのでティカ氏にヘリが安くチャター出来nないか依頼する。他の数日待ちトレッカーや生活物資が優先されてヘリの手配も厳しいようだ。ティカ氏の人脈を介してヘリを確保。5人づつのフライトになるので2回の往復となる。全員がルクラに着いたのは15:00。時間がないので今日の宿泊はパクディンに変更するがライトを着けての到着となった。
現地に詳しい徳永ガイドの臨機応変な折衝で、きついけど上手く運んだ。

カトマンズ~ヘリチャーター~ルクラ行動時間4時間パクデイン
2-01DSCF13292-02DSCF1337
ヘリに乗り込む。
2-03DSCF13412-04DSCF1342
ヘリからカトマンズ市内。山の中にも住居が・・・
2-05DSCF13432-06DSCF1346
ルクラへ到着。
2-07DSCF13472-08DSCF1348
ルクラを出発。パクデインへ歩き始める。
2-09DSCF13492-10DSCF1351
長い待ち時間で皆さん疲れてる。
2-11DSCF13522-12DSCF1354
JAICAの支援で建築された吊橋を渡る。
2-13DSCF1357

10/24
サーダー1名しかヘリに乗れなかったので、ルクラでガイドを雇う。今日はパノラマHまで行くので距離、高度が上がるので高山病にならないよう時間を掛けて上がるようにする。パノラマホテルの到着が遅れたが皆高山病に症状は出ていない。正解であった。

パクデイン~ナムチェバザール~パノラマホテル(行動時間11時間)
3-01DSCF13633-02DSCF1364
断崖絶壁の登山道を歩く。
3-03DSCF13663-04DSCF1367
荷物を運ぶゾッキョ(ヤクと牛のかけ合わせ)は道を譲ります。
3-05DSCF13683-06DSCF13693-07DSCF13723-08DSCF1373
最後の吊橋。敬虔なチベット仏教徒のエベレスト街道。
3-09DSCF13773-10DSCF13793-11DSCF13813-12DSCF1383

10/25
早朝、ホテルよりエベレストが見えた。その後ガスに包まれる。エベレストビューホテルのテラスでティタイム。少しずつ雲が取れていくが、エベレストの山頂付近だけが雲で見えない。残念だが記念写真を撮って先を急ぐ。ボチボチで記念のバナーを作ってくれていた。ナムチェで昼食と取ってモンジョへ。

パノラマホテル~エベレストビューH~クムジュン~~モンジョ
(行動時間8.3時間)
パノラマHよりアマダブラム。エベレストははっきり見えない。

4-01DSCF13884-02DSCF1389
クムジュンへ向かいます。
4-03DSCF13904-04DSCF13934-05DSCF13964-06DSCF1397
エベレストビューホテルへ到着。
4-07DSCF14014-08DSCF1403
ビューホテルのベランダにて記念のスナップ。エベレストは恥ずかしがって顔を隠している、アマダブラムはクッキリ。
4-09DSCF14044-10DSCF1406
クムジュンへ下ります。
4-11DSCF14094-12DSCF1410
クムジュンへ下りてきました。ヒラリースクール。
4-13DSCF14124-14DSCF14154-15DSCF14164-16DSCF1419
クンデからナムチェへ下ります。
4-17DSCF14214-18DSCF1423
ナムチェバザール(シェルパの里)へ下りてきました。
4-19DSCF14274-20DSCF1428
ナムチェバザールの繁華街。
4-21DSCF14304-22DSCF1432
さらにモンジョへ下ります。
4-23DSCF14344-24DSCF1436
サガルマタ ナショナルパークに帰ってきました。
4-25DSCF14384-26DSCF1439
今日の宿泊はモンジョ、サンサン山倶楽部のステッカーは?
4-27DSCF1442

 

10/26
今日はルクラまで。十分時間があるのでビスターリで歩く。途中ガットの峠のロッジで昼食を取る。谷越しにクスムカングールの鋭峰が綺麗だ。ルクラの門を潜ってゴール。今回の短いトレッキングが終了した。夕食までの時間は各々村の散策を楽しんだ。夕食の後にさよならケーキをサーダーが作ってくれた。

モンジョ~ルクラ(行動時間7.2時間)
5-01DSCF14455-02DSCF14515-03DSCF14525-04DSCF1456
クスムンカングル6367m。
5-05DSCF14585-06DSCF14595-07DSCF14615-08DSCF14645-09DSCF14655-10DSCF14675-11DSCF14685-12DSCF1470
ルクラへ帰ってきました。ゲートで無事に歩いた記念の一枚。
5-13DSCF14735-14DSCF1482
崖の上にあるルクラの空港、斜めになっていますネ。
5-15DSCF14845-16DSCF1490

10/27
晴れているが早朝のフライトが可能性が高く7:00に空港に行く。チェックインしたら3番目にフライトとなった。搭乗口でカトマンズから来るタラエアーの飛行機を待つ。1番目が到着すぐ離陸に離陸する。2番目が到着すると空港係員がNO3と叫ぶ。2番目を置いて先に3番目が乗れた。後でサーダーに聞くと空港職員は知り合いだそうだ。忖度で早く乗れてラッキー。カトマンズに着いてホテルに向かう。午後からはタメル地区の散策をする。モモが美味しいと評判の店で昼食を取る。その後、タメルから少し離れた紅茶専門店で買い物。帰りはホテルまでタクシーに乗った。小さい車にドライバー別で5人乗ったのでキュウキュウ流石ネパールですね。夜はティカ氏も一緒にさよならディナー。ネパールの民族踊りを楽しみながらロキシーを飲んで定番のダルバート締めはラッキーでとても美味しかった。

ルクラ~カトマンズ~H(アーリーチェックイン)~タメル散策~民族舞踊~H
6-01DSCF14926-02DSCF14966-03DSCF15066-04DSCF15106-05DSCF15136-06DSCF1519
民族舞踊を見ながら夕食。
6-07DSCF15236-08DSCF15276-09DSCF15286-10DSCF15296-11DSCF15326-12DSCF1533
牛の神様。徳永ガイドとチーフサーダーのテイカ社長。
6-13DSCF15386-14DSCF1525

10/28
マウンテンフライトは少し大きめの飛行機で窓際の席だけの予約でフライトする。順番にコックピットに行って正面からヒマラヤの山々を眺めることが出来る。機長が山の説明をしてくれる。ホテルに戻り昼食を取る。遅めのチェックアウトをして荷物をホテルに預けて市内観光に出掛ける。スワンヤンブナートで昼食を取ってボダナートへ。ホテル近くのレストランで夕食取って空港に向かった。

マウンテンフライト~カトマンズ市内観光~空港
マウンテインフライト。

7-01DSCF15457-02DSCF15487-03DSCF15507-04DSCF1557
ボーダナード(目玉寺院)
7-05DSCF15617-06DSCF15637-07DSCF15697-08DSCF1564
モンキーテンプル
7-09DSCF15787-11DSCF15857-12DSCF15867-13DSCF1588
祭りがあっていました。最後の晩餐、テイカ社長も同席してくれました。
7-14DSCF15897-15DSCF15977-16DSCF1598

・写真をクリックすると拡大できます。




コメントする

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ