槍ケ岳~キレット~穂高連峰縦走(長野県、日本百名山)

| コメント(0)

2017.08.26~30 槍ケ岳~キレット~穂高連峰縦走(長野県、日本百名山)の上級コースに徳永ガイド、秋山ガイドが登ってきましたので掲載します。
合わせてアルプス1万尺3000m以上の山を8座縦走する内容でもあります。

サンサン山倶楽部は上級コースに参加する場合はステップを踏んだものしか参加できません。体力度5、技術度5の最高レベルの内容です。

1日目、上高地~横尾山荘
・・・・歩行距離9.9km、行動時間3時間、標高差計上114m・・・・・
上高地までバス移動。河童橋は多くの観光客が・・・・
1-01P82603461-02P8260347
穂高奥宮。徳本峠分岐を過ぎます。
1-03P82603511-04P8260356
登山道に猿がいました、目を合わせないことが重要です。徳沢ロッジは改装されて綺麗になっています。
1-05P82603571-06P8260364
横尾山荘に到着です、福岡空港~朝、出発して、やはりここまでが限度かな?
1-07P8260368


2日目、横尾山荘~槍沢ロッジ~大曲~槍ケ岳~槍ケ岳山荘(泊)
・・・歩行距離9.2km、行動時間8時間、標高差計上1559m下98m・・・・・
横尾山荘を出発です。すぐに蝶ケ岳への分岐。
2-01P82703742-02P8270375
一の俣。二の俣と歩きます。
2-03P82708452-04P8270383
槍沢ロッジに到着、槍ケ岳山荘Gの宿です。
2-05P82703862-06P8270387
槍沢キャンプ場です。大曲(水水俣乗越分岐)に到着
2-07P82703892-08P8270395
一休み中。槍沢を登っていきます、雪渓はなくなってきていました。
2-09P82708512-10P8270400
天狗原分岐です。歩いてきた槍沢を振り返る。
2-11P82704012-11P8270853
天狗原分岐。槍ケ岳が見えてきました。
2-12P82704032-13P8270404
播隆上人窟。大分上がってきました。
2-14P82704062-15P8270856
殺生分岐、槍ケ岳が眼前です。明日歩く南岳方面。
2-16P82704112-17P8270417
槍ケ岳分岐。後方に明日登る縦走路。
2-18P82708572-19P8270858
槍ケ岳山荘前に到着。槍ケ岳を目指します。
2-20P82704202-21P8270423
垂直の壁みたいです。一万尺、一座、槍ケ岳3180m登頂写真。
2-22P82708602-23P8270862
山頂直下の梯子は一方通行です。慎重に往復しなければなりません。
2-24P82708642-25P8270426
慎重に下りていきます。槍ケ岳山荘目で、24時間TVの撮影隊とあいました。
2-26P82708672-27image2
撮影隊と登山者でごった返しです。
2-28IMG_6415
本日は槍ケ岳山荘に宿泊でした。ここまで天気に恵まれ良かったですね。

3日目 槍ケ岳山荘~大喰岳~中岳~南岳~大キレット~北穂高小屋(泊)
・・・・歩行距離4.9km、行動時間8.5時間、標高差計上545m下521m・・・・・
槍ケ岳山荘を出発します。大喰岳を目指します。
3-01P82804293-02P8280430
槍平、新穂高分岐、空が怪しくなってきました。雷鳥もあらわれましたので天気は下降ぎみです。
3-03P82804323-04P8280871
1万尺、2座目、大喰岳3101m登頂記念。岩場の下り。
3-05P82808733-06P8280876
中岳への上り。1万尺3座目、中岳3084m登頂記念。
3-07P82808773-08P8280880
南岳を目指します、天狗原分岐、天狗池、槍沢へ下山ができます。
3-09P82804383-10P8280439
槍ケ岳を振り返る。1万尺4座目、南岳3033m登頂記念。
3-11P82808843-12P8280885
南岳小屋~大キレット方面。大キレットへ向かいます。
3-13P82804463-14P8280887
キレットの下り。梯子もあります。

3-15P8280892
3-16P8280893
岩場の稜線歩きは慎重に通過しましょう。
3-17P82808943-18P8280895
長谷川ピークの通過は気を抜けません。
3-19P82808993-20P8280901
鎖場の下山、登リ返して。
3-21P82809043-22P8280908
鞍部におりてきて飛騨越です。ガスがかかっているのでよくわかりませんが岩に手をかけて足はステップを横移動です。
3-23P82809093-24P8280910
北穂高小屋への上り。北穂高小屋へ到着。
3-25P82809113-26P8280913
小屋前から槍ケ岳方面を振り返る。
3-27P8280915

4日目小屋~涸沢岳~穂高岳山荘~奥穂高岳~前穂高岳~岳沢小屋(泊)

・・・・歩行距離4.6km、歩行時間12時間(体調不良)標高差計上408m下1348m・・・・・
1万尺、5座目、北穂高岳3106m登頂記念。
4-01P82904554-02P8290454
濡れているのでさらに慎重に下ります。最低のコル。
4-03P82909184-04P8290922
稜線歩きから涸沢側へ回り込む。
4-05P82909244-06P8290925
涸沢槍~涸沢岳への上りは鎖を頼りに、涸沢岳の最後の上りは垂直の壁。
4-07P82909274-08P8290930
1万尺、6座目、涸沢岳3110mはガスの中。穂高岳山荘に下りてきました。
4-09P82909344-10P8290458
一瞬晴れた涸沢岳。奥穂高岳を目指します、岩壁を上ります。
4-11P82904594-12P8290937
垂直の壁を登って少し緩やかになります。後に歩いてきた涸沢岳、北穂、キレット方面。
4-13P82909384-14P8290939
1万尺7座目、奥穂高岳3190m登頂記念。
4-15P82904624-16P8290945
難関中の難関、ジャンダルム方面。前穂高へ向かいます。
4-17P82909414-18P8290468
眼下に涸沢、小屋とヒュッテ。吊尾根を通過していきます。
4-19P82904724-20P8290948
前穂高への吊尾根の通過。
4-21P82909494-22P82909524-23P82909534-24P8290956
紀美子平、荷物をデポして前穂高往復します。
4-25P82909574-26P8290959
1万尺8座目、前穂高3090m登頂記念。重太郎新道をくだります、長いハシゴがあります。


4-27P8290480
4-28P8290963
岳沢の展望台、ガスが晴れたら右の写真。
4-29P82904814-30P8290482
沢を下りて、岳沢小屋が本日の宿泊箇所。
4-31P8290964

5日目 岳沢小屋~河童橋~上高地 (福岡空港)
・・・・歩行距離4.3km、行動時間2.4時間、標高差計下659m・・・・・
岳沢小屋・槍ケ岳山荘Gの山小屋です。小屋を出発します。
5-01P83009665-02P8300967
沢から樹林帯へ、上高地が見えています。岳沢登山口へ下りてきました。
5-03P83004935-04P8300970
無事に完登、キレット通過はもちろん、1万尺3000m級、8座を完登しました。
最後河童橋から上高地へ下山しました。
5-05P83009745-06P8300977
・写真をクリックすると拡大できます。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ