花切山(九州百名山、宮崎市、宮崎県)

| コメント(0)

2017.03.12  花切山(九州百名山、宮崎市、宮崎県)に徳永ガイド、大坂ガイドが前日の牛の峠に引き続いて登ってきました。

ここも同じく台風の影響で登山道が荒れていた。登山口から倒木も目立ち始める。尾根ルートは依然より

荒れてはいない。

沢を渡って尾根の上り込みの急斜面が鍵となる。ゆっくり登ろう。

下りは滝ルートを使った。尾根の分岐点から最初の沢に降りるまでがテープや踏み跡がなく、ルートを見失い

やすいので注意すること。それからは500m置きに小さいが立派な標識がある。

本流の右岸に渡ると斜面の崩壊が数箇所あるが新しいトラロープが設置されており問題はない。

キャンプ場登山口~尾根コース~花切山~滝コース~登山口
・・・・・歩行距離7km、行動時間5時間、標高差計±489m・・・・・
登山口には注意書きの看板。登山開始。
01P312009902P3120101
この時期は寒いので大丈夫かな?、 道標はしっかりありました。
03P312010204P3120103
尾根、滝コースの分岐。渡渉します。
05P312708206P3127085
すぐに急登が始まります。梯子もあります。
07P312010708P3127090
急登を登っていきます。
09P312709110P3120110
少し緩んだので一息入れます。あかご渕分岐。
11P312709312P3127096
再び急登です。滝コース分岐。
13P312709814P3120113
頭上は開けて山頂が近いです。展望所分岐をやり過ごします。
15P312011616P3120117
花切山山頂、眺望は一部のみです。花切山登頂記念。
17P312710218P3120122
帰りに展望所に立ち寄りました。宮崎市内の眺望です。
19P312013220P3120134
滝コースを下ります。滝コースの下り。
21P312711022P3127111
沢コースに入りますが道標がありません。ロープでの下り、このあたりから道標が現れました。
23P312711324P3127115
涸れ沢を歩きます。渡渉もあります。
25P312711626P3127117
岩壁沿いにトラバースします、ロープが張られています。梯子上りです。
27P312712028P3127122
滝が近くなりました。鏡州万葉の滝ですが・・・・
29P312014330P3120145
水量がほとんどなくさみしいです。滝コースを下山して尾根コースと合流。
31P312014932P3120150
周回コースを歩いて無事に登山口へ下山しました。
33P3120152
・写真をクリックすると拡大できます。

コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ