燧ケ岳~尾瀬沼~山の鼻~至仏山~鳩待峠(尾瀬、日本百名山)

| コメント(0)

2016.09.27~30 燧ケ岳~尾瀬沼~山の鼻~至仏山~鳩待峠(尾瀬、日本百名山)に石村ガイドが登ってきましたので掲載します。

1日目 羽田空港から尾瀬御池ロッジまでバス移動

写真にカーソルを添えると説明が出ます。
写真をクリックすると拡大できます。

2日目 御池ロッジ~俎嵓~紫安嵓~尾瀬沼
・・・・・歩行距離9.6km、行動時間8.4時間、標高差計上856m下696m・・・・・
御池からの登りは、展望も景色も良いが、少し長い。下山の長英新道は、歩きやすい。
01 1日目 御池ロッジの夕食 左端はヤマメのカルパッチョ02宿からの朝焼け 午前中は晴れだが・・・03駐車場奥の入り口04燧ケ岳は左へ05広沢田代に到着06木道が続く07数多くの池塘が点在する08振り返ると・・09道は更に続く10ポツポツ雨が落ちてきた11熊沢田代から振り返る12 9合目あともう少し13俎嵓(マナイタグラ)に到着するが、風のためすぐに出発14燧ケ岳最高峰柴安嵓(シバヤスグラ)到着15記念写真でしばらく休憩16長英新道分岐17キノコ18風雨が強いのでマナイタグラ手前の分岐からすぐに下山19浅湖(あざみ)湿原に着く20目の前に広がる大江湿原21大江湿原が広がる22イワナが沢山泳いでいた23リンドウが24長藏小屋到着

3日目 尾瀬沼~尾瀬ヶ原~山の鼻
・・・・歩行距離12.5km、行動時間6時間、標高差計上10m、下269m・・・・・
尾瀬沼の周りを歩く木道は、上り下りがあり、下りは非常に滑り危険。時間が予定より50分遅れた。尾瀬ヶ原の木道は水平なので、予定通りの時間で歩ける。
01長英新道分岐 今日は直進02湖03浅湖湿原04沼尻平05木々の間から06ストックが折れてしまいました07ミツガシワ08イワショウブ09一休みしてお弁当タイム10下田代十字路の原の小屋無料休憩所11福島県から群馬県へ12小さな池塘のヒツジグサの葉紅葉13平に続く尾瀬ヶ原の木道14竜宮小屋15牛首分岐で休憩16同じく牛首分岐でゆっくり17ボッカさんが通りました。お疲れさん!18ガスも上がってきた19赤い葉が美しい20イモリが沢山泳いでいたが写真ではよく見えない21美しいヒツジグサの草紅葉22山の鼻にもうすぐ到着

4日目 山の鼻~至仏山~小至仏山~鳩待峠
・・・・・歩行距離7.1km、行動時間6.2時間、標高差計上820m下626m・・・・・
山の鼻小屋を出てすぐクマの声を聞く。注意書きの看板に書いていることを守り、むやみに騒いだりカメラをむかたりしないよう注意しよう。
01至仏山登山道の入り口にあるクマ注意の看板02入り口の看板03だんだん明るくなってきた04最初から急登が続く05岩陰にウメバチソウ06振り返ってみる尾瀬ヶ原07急登が続く08蛇紋岩の道09すっかり明るくなりました10日光連山を眺めながら (2)11至仏山到着!12遠くに火打山(右)、妙高山(左)13山頂より燧ケ岳を望む その奥には会津駒ヶ岳14小至仏山へむかう15岩場の続く道16岩場の続く道を下る17小至仏山からの下りも木道が続く18日光連山を眺めながら19最後の湿原 オヤマ沢田代20鳩待峠と悪沢岳の分岐21いよいよ展望の山とのお別れが近付く

リンドウはこれからという感じ。あとは、夏の残り花。池塘に浮かぶヒツジグサの葉紅葉。


写真にカーソルを添えると説明が出ます。
写真をクリックすると拡大できます。

コメントする

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ