ファミリー企画、セブ島(ボホール島)

| コメント(0)

1年に一回、ファミリー企画、セブ島(2016.02.13~17)のハイキングに栗林、松本、福村が一緒に行ってきましたので掲載します。
一日目、移動日。
2日目はボホール島です。
ボホール島Bohol Island)は、フィリピン中部ビサヤ諸島であり、国内10番目の大きさを持つ。島全体が中部ビサヤ地方に属するボホール州である。人口は約114万人、面積は4,117平方キロメートル。主な都市はボホール州州都タグビララン(Tagbilaran)。リゾートとして知られるほか、フィリピンメガネザルPhilippine Tarsier、ターシャ)という世界最小級の霊長類
の生息地でもある。

島の半分は大理石で覆われており、全体に丘の多い地形である。中でも、大理石でできた高さ30m-50mの草に覆われた円錐形の山が1,268個も並ぶ「チョコレート・ヒル」という場所があり、5月からの乾季には枯れ草のため茶色に見える。その異様な景観も観光名所のひとつである。中央部は不規則な地形の高原地帯である。

西にボホール海峡(セブ海峡)を挟んでセブ島、東はカニガオ海峡をはさんでレイテ島、南にミンダナオ海(ボホール海)、北はカモテス海に面している。海岸は白く続く砂浜で、西隣りのセブ島と同様、観光客で賑わっている。特にタグビララン市の南にあるパングラオ島のビーチとダイビングスポットは観光客に人気がある。またダイバー憧れのスポットであるバリカサグに近いことから、世界中からのダイバーで賑わっている。これらリゾートへのツアーの多くはセブ島発でタグビラランが島内観光の拠点になっており、島の南海岸にはホテルやコテージなど多くのリゾート宿泊施設がある。

チョコレートヒルズチョコレートヒル
私たちは雨で写真がダメ、ウキベキアより拝借

ボホール島はセブから高速船で2時間の往復です
01高速船乗船02ボホール島下船
ロボク川クルーズ
03ロボク川ジャングルクルーズ04丸いデッキ、レストラン05バイキング06バイキング07歌手&演奏つきです08亀船、遊覧船09両岸はジャングル10原住民部落へ立ち寄り11トカゲを抱えるNMさん12トカゲを抱えるTNさん13ファイヤー14記念撮影15原住民が3人増えました
チョコレートヒルズは雨の中で写真が取れず、冒頭に掲載
16チョコレートヒル展望所で子供たちの吹奏楽隊の歓迎17あいにくの雨でチョコレートヒル散策は中止、姿も見えません
フィリピンメガネ猿、ターシャは10cmぐらいの世界最小類の霊長類、夜行性で木から木へ飛び移り虫(コオロギ)を捕獲します。頸が180°回転して獲物を見つけます。
19ターシャ(タルシャ)を見に行きました20遊歩道の中を静かに歩きます21ターシャを見つけました22ターシャ23日本人以外も来ています
バクラヨン教会と花
24古い歴史を持つバクラヨン教会、2013のマグネチュード7.2の大地震でダメージを受ける25教会内部26ブーゲンビル27火焔樹、ファイヤーツリー28名前を忘れました
血盟記念碑

29血盟記念碑30血盟記念碑にて集合写真
夕食風景
31セブに帰り夕食は日本食32夕食33夕食、焼酎もありました34夕食風景
セブからボホール島に日帰りツアー終了しました。
次号、明日はオスメニア山ハイキングです。
・写真にカーソルを添えると説明が出ます
・写真をクリックすると拡大できます
・写真提供はTMさんでした。いつもありがとうございます。

コメントする

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アーカイブ